ネット連携サービス

ネット連携サービスは、サイボウズ株式会社がインターネット上で提供するサービスです。
利用規約をご確認いただき、同意された上でご利用ください。

ネット連携サービスを利用できるアプリケーションは次のとおりです。

  • スケジュール
    ネット連携サービスを利用して、六曜や天気予報データを表示させることができます。
  • アドレス帳
    ネット連携サービスの路線検索を利用して、会社情報に、路線検索の結果を取り込むことができます。
  • ワークフロー
    路線ナビ連携の項目で、ネット連携サービスの路線検索を利用できます。

六曜や天気予報データの取得

スケジュールに、六曜や天気予報のデータを表示するには、ネット連携サービスからデータを取得する必要があります。

  1. システム管理者に、ネット連携サービスの設定が有効になっていることを確認します。

    詳細は、ネット連携サービスの有効化を参照してください。

  2. システム管理者に、六曜のデータを取り込んでいるかどうかを確認します。

    詳細は、六曜や天気予報の表示の有効化を参照してください。

  3. ユーザーの個人設定で、表示する六曜の年や天気予報を表示する地域を選択します。

    詳細は、六曜や天気予報の表示を参照してください。

路線検索

路線検索の使いかたを説明します。

  1. アドレス帳またはワークフローで、路線を検索をクリックします。

  2. 必要に応じて定期区間を登録します。

    定期区間を登録する必要がない場合は、手順3に進んでください。
    定期区間を登録しておくと、ユーザーが利用している定期区間を除いた料金で検索することができます。
    定期区間はWebブラウザーのローカルストレージに保存されます。Webブラウザーのローカルストレージを使用する設定にしていない場合は、定期区間を保存することができません。定期区間を登録できない場合は、お使いのWebブラウザーの設定を確認してください。
    ローカルストレージのデータを削除すると、登録した定期区間も削除されます。定期区間が削除された場合は、再度登録してください。
    定期区間を登録する手順は、次のとおりです。

    1. 定期区間を登録をクリックします。

      定期区間を登録するリンクが赤枠で囲まれた画像

    2. 出発駅と到着駅を入力します。
      出発駅と到着駅は必ず入力してください。
    3. 必要に応じて、検索オプションをクリックし、利用日を指定します。 初期値は今日の日付です。カレンダーアイコンをクリックすると、カレンダーから日付を選択できます。
    4. 検索条件を確認し、検索をクリックします。
    5. 定期区間として登録したい検索結果で、定期区間に登録をクリックします。

      定期区間検索のイメージ [定期区間を削除]をクリックすると、登録した定期区間を削除できます。

      定期区間を削除する操作リンクが赤枠で囲まれた画像

  3. 出発駅と到着駅を入力します。

    出発駅と到着駅は必ず入力してください。
    「往復料金」のチェックボックスを選択すると、往復料金を検索します。チェックボックスが選択されていない場合は、片道料金で検索されます。

  4. 定期区間を除いた料金を検索する場合は、「定期区間の運賃を除外する」のチェックボックスを選択します。

  5. 検索オプションをクリックし、利用日、運賃種別、および交通手段を選択します。

    検索オプションの項目は、次のとおりです。

    • 利用日:
      初期値は今日の日付です。カレンダーアイコンをクリックすると、カレンダーから日付を選択できます。
    • 運賃種別:
      ICカードを利用するのか、切符を利用するのか、どちらかを選択します。初期値は「ICカード利用」です。
    • 交通手段:
      次のオプションを選択できます。利用するオプションのチェックボックスを選択してください。初期値は両方のチェックボックスが選択されています。
      • 飛行機利用
      • 有料特急利用
    路線検索のイメージ

  6. 検索条件を確認し、検索をクリックします。

  7. 検索結果を確認します。

    開くアイコン をクリックすると、路線ごとの詳細情報が表示されます。
    閉じるアイコン をクリックすると詳細情報を非表示にします。
    検索結果のイメージ

  8. 取り込みたい検索結果で、取り込むをクリックします。