kintone連携の概要

スケジュールのkintone連携は、Garoonの予定とkintoneのアプリを連携する機能です。
次の機能が使えるようになります。
  • 予定の登録時に、kintoneのアプリから情報を取得する
    kintoneアプリから情報を取得している画像
  • 予定の追加時や変更時に、kintoneのアプリにレコードを登録する
    Garoonからkintoneアプリにレコードを登録している画像
  • kintoneのレコード詳細画面で、関連付けられたGaroonの予定を表示する
    kintoneアプリにGaroonの予定が表示されている画像
  • kintoneのレコード詳細画面から、Garoonに予定を登録する
    kintoneアプリからGaroonの予定を登録している画像

    a):[予定の登録]をクリックすると、Garoonの通常予定を登録できます。
    詳細は、kintoneアプリの画面から予定を登録する方法を参照してください。

制限事項

kintone連携には次の制限事項があります。

  • ライトコースはkintone連携を利用できません。試用期間中、またはkintoneスタンダードコースをご契約いただいている場合にのみ、kintone連携を利用できます。
  • ゲストスペース内のアプリは連携できません。
  • アプリの次のフィールドの値は取得できません。
    • レコード番号
    • 作成者
    • 作成日時
    • 更新者
    • 更新日時
    • ルックアップ
    • 関連レコード一覧
    • カテゴリー
    • ステータス
    • グループ
    • テーブルとテーブルに含まれるフィールド
  • 期間予定、繰り返し予定、および仮の予定には、kintoneのアプリの情報は表示されません。通常予定にのみ、kintone連携を使用できます。
  • kintoneのレコード詳細画面から登録できる予定は、通常予定だけです。
  • kintoneのレコード詳細画面で予定を表示すると、クライアントパソコンに設定されているタイムゾーンで予定の日時が表示されます。

kintone連携を使用できるようになるまでの流れ

  1. Step1
    kintoneでの作業kintone連携を設定するための準備をします。
    • kintoneスタンダードコースまたは試用を申し込む
      あらかじめkintoneスタンダードコースをご契約いただくか、試用を申し込んでください。
      詳細は、サイボウズドットコム ストア、またはサイボウズオフィシャルパートナーにお問い合わせください。
    • アプリを用意する
      Garoonと連携するアプリを用意します。
      詳細は、kintoneヘルプのアプリの作成と削除方法を参照してください。
  2. Step2
    kintoneでの作業「Garoon スケジュール連携」プラグインを設定します。
    kintoneのアプリに「Garoon スケジュール連携」プラグインを設定します。
    アプリにプラグインを設定できない場合は、kintoneのシステム管理者が、「Garoon スケジュール連携」プラグインを利用可能なプラグインとしてインストールしているかどうかを確認してください。
    プラグインについての詳細は、kintoneヘルプのGaroon スケジュール連携を設定する方法を参照してください。
  3. Step3
    Garoonでの作業必要に応じて予定メニューを設定します。
    kintoneの連携項目に予定メニューを関連付けると、連携を設定した予定メニューを選択したときにのみ、kintoneのアプリの情報を表示できます。
    予定メニューを使い分けることで、表示させる情報や、情報の表示、非表示を切り替えられます。
    詳細は、予定メニューの設定を参照してください。
  4. Step4
    Garoonでの作業kintone連携を設定します。
    ステップ2で「Garoon スケジュール連携」プラグインを追加したアプリと連携させます。
    詳細は、連携項目を追加する方法を参照してください。