V-CUBE ミーティングの設定

スケジュールでV-CUBE ミーティングを使用するために、システム管理者が行う設定について説明します。

V-CUBE ミーティングとは?

V-CUBE ミーティングは、Web会議室(インターネット上の仮想会議室)を使用して、会議やミーティングを行うためのサービスです。
指定されたアドレスにアクセスすると、離れた拠点にいるユーザーや、Garoonにアクセスできない参加者も会議に参加できます。
クライアントコンピューターにWebカメラとヘッドセットを設定すれば、参加者同士で顔を見ながら、映像と音声によるWebテレビ会議を実施できます。

V-CUBE ミーティング 4/5をお使いの場合

下記のバージョンのV-CUBE ミーティングをお使いの場合に、取得する情報を説明します。
不明な点は、株式会社ブイキューブにお問い合わせください。

  • V-CUBE ミーティング 4
  • V-CUBE OneのV-CUBE ミーティング 4
  • V-CUBE OneのV-CUBE ミーティング 5

V-CUBE ミーティング 4をお使いの場合

次の情報を取得します。

取得する情報 補足
V-CUBE ミーティングURL https://meeting.nice2meet.us
ログインID ログインIDとして利用します。
パスワード ログインパスワードとして利用します。
施設コード(会議室ID) Garoon側の設定に利用します。
施設コードに設定するコードです。

V-CUBE OneでV-CUBE ミーティング 4をお使いの場合

次の情報を取得します。

取得する情報 補足
V-CUBE ミーティングURL https://meeting.nice2meet.us
V-CUBE Oneで発行した利用者ID ログインIDとして利用します。
V-CUBE Oneで発行した利用者パスワード ログインパスワードとして利用します。
施設コード(会議室ID) Garoon側の設定に利用します。
施設コードに設定するコードです。

V-CUBE OneでV-CUBE ミーティング 5をお使いの場合

次の情報を取得します。

取得する情報 補足
V-CUBE ミーティングURL https://mtg5l.vcube.com
V-CUBE Oneで発行した利用者のV-CUBE ID ログインIDとして利用します。
V-CUBE Oneで発行した利用者パスワード ログインパスワードとして利用します。
施設コード(会議室ID) Garoon側の設定に利用します。
施設コードに設定するコードです。

V-CUBE ミーティングの設定の流れ

Garoonのスケジュールで、V-CUBE ミーティングのWeb会議室を予約できるようにするには、次の順序で作業します。

Steps:
Step 1
Step 2
Step 3
Step 4
Step 5

Step1
Garoonの設定に必要な情報を、V-CUBE ミーティングから取得します。
詳細は、次のページを参照してください。
V-CUBE ミーティング 4/5をお使いの場合
Step2
Web会議室を使用するユーザーのメールアドレスを、ユーザー情報に登録します。
詳細は、ユーザー情報にメールアドレスを設定する方法を参照してください。
Step3
V-CUBE ミーティング連携を設定します。
詳細は、V-CUBE ミーティング連携を設定する方法を参照してください。
Step4
Web会議室を、Garoonの施設として追加します。
詳細は、Web会議室を追加する方法を参照してください。
Step5
ユーザーに利用開始を連絡します。

ユーザー情報にメールアドレスを設定する

Web会議の参加者には、Web会議室へのログインに必要な情報がメールで送信されます。
このため、GaroonでV-CUBE ミーティングを利用開始する前にシステム管理者は、Web会議室を使用するすべてのユーザーのメールアドレスを、ユーザー情報に登録しておく必要があります。
手順は、ユーザー情報の変更を参照してください。

V-CUBE ミーティング連携を設定する

V-CUBE ミーティングの設定をします。

操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。

  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。

  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。

  4. [スケジュール]をクリックします。

  5. [V-CUBE ミーティング連携の設定]をクリックします。

  6. 「V-CUBE ミーティング連携の設定」画面の「連携」項目で、「利用する」のチェックボックスを選択します。

    「利用する」のチェックボックスが選択されている画像

  7. 「連携するバージョン」項目で、お使いのV-CUBE ミーティングのバージョンを選択します。

    選択できる項目は、次のとおりです。

    • V-CUBE ミーティング 5
    • V-CUBE ミーティング 4

  8. 「招待URLの表示」項目を設定します。

    「招待URLの表示」項目を設定している画像

    「詳細画面に表示する」のチェックボックスを選択した場合、予定の参加者の「予定の詳細」画面に、メッセージと会議室に入室するためのボタンが表示されます。
    「予定の詳細」画面にボタンが表示されている画像

  9. 「招待URLのE-mail通知」項目を設定します。

    「E-mail通知する」のチェックボックスを選択した場合、予定の参加者にWeb会議室のログインURLが記載されたメールが送信されます。
    「招待URLのE-mail通知」項目を設定している画像

  10. 「外部招待者入力欄表示行数」項目を入力します。

    「予定の登録」画面や「予定の変更」画面に表示する外部招待者の入力欄の数を入力します。
    「招外部招待者入力欄表示行数」項目を入力している画像
    行数に3を設定した場合のユーザー画面の例:
    「予定の登録」画面

  11. 「ログイン設定」を入力します。

    V-CUBE ミーティングから取得した、Garoon側の設定に必要な情報を入力します。

    設定項目は、次のとおりです。

    • V-CUBE ミーティングURL:
      お使いのV-CUBE ミーティングのバージョンにあわせて、次のどちらかのURLを入力します。
      • V-CUBE ミーティング 4をお使いの場合:
        https://meeting.nice2meet.us
      • V-CUBE ミーティング 5をお使いの場合:
        https://mtg5l.vcube.com
    • ログインID:
      Web会議室に入室するためのログインIDを入力します。
    • パスワード:
      Web会議室に入室するためのパスワードを入力します。
    「ログイン設定」を入力している画像

  12. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

Web会議室を追加する

V-CUBE ミーティングのWeb会議室をGaroonの施設として追加します。
この設定をすると、Garoonのスケジュールで、V-CUBE ミーティングのWeb会議室を予約できるようになります。
施設を追加する手順は、通常の手順と同様です。
通常の施設情報のほかに、V-CUBE ミーティングに関連する項目を入力する必要があります。

「施設の追加」画面の例:

「施設の追加」画面で設定をしている画像

a) :「施設コード(会議室ID)」または「部屋KEY(会議室ID)」を入力します。

b) :「連携する」のチェックボックスを選択します。

c) :1回のWeb会議に参加できる参加者の最大人数を入力します。参加人数を限定する必要がなければ、「999」を入力します。

「予定の登録」画面の例:

「予定の登録」画面で設定をしている画像

d) :Garoonに登録したWeb会議室を選択すると、予定の詳細画面に「Web会議」欄が表示されます。