連携認証の設定手順

連携認証の設定手順を説明します。

連携先製品の設定

連携先製品で行う設定を説明します。

必要な設定

連携先の製品(デヂエ、メールワイズ パッケージ版、ガルーン パッケージ版)で次の設定をします。

  • 連携認証の設定を有効にする。
  • 認証パスワードを設定する。
    認証パスワードは、サイボウズ共通認証またはオープン統合認証ver.2を利用するために必要なパスワードです。
    ここで設定したパスワードと同じパスワードをサイボウズ Office 10にも設定します。
  • Cookieの発行条件を設定する。
    連携認証に使用するCookieの有効時間や発行ドメインを指定します。設定した有効時間内はCookieが有効になるため、サイボウズ Office 10にログインすると、連携先(デヂエやメールワイズ パッケージ版など)のログイン操作が不要になります。
    サイボウズ Office 10にログインした後、有効時間が経過すると、Cookieが無効になるため、シングルサインオンが行われず、製品ごとにログインする必要があります。
    連携先の製品とサイボウズ Office 10を同一のサーバーにインストールしている場合は、発行ドメインの設定は必要ありません。
設定方法の詳細

設定方法の詳細は、各製品のマニュアルを参照してください。

サイボウズ Office 10の設定

サイボウズ Office 10で行う設定を説明します。
連携認証の設定が適用されるのは、次のログイン時からです。
ここでは、認証形式に「オープン統合認証ver.2」を利用する場合を例に説明します。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。

  4. 「運用管理」セクションの 連携認証をクリックします。

  5. 「連携認証を有効にする」を選択します。

  6. 「サイボウズ共通認証」または「オープン統合認証ver.2」を選択します。

  7. 連携認証で使用するCookieの名称を入力します。

    手順6で、「オープン統合認証ver.2」を選択した場合のみ設定します。
    連携先の製品側で設定したパスワードと同じCookie名を設定します。

  8. 確認用とあわせ2回パスワードを入力します。

    連携先の製品で設定したパスワードと同じパスワードを設定します。

  9. Cookieの有効時間をドロップダウンリストから選択します。

    手順6で、「オープン統合認証ver.2」を選択した場合のみ設定します。

    • Cookieの有効時間について
      認証情報がCookieに保持される時間です。連携認証は、製品にアクセスするたびにWebブラウザーのCookieに認証情報を書き込みます。Cookieの有効時間に設定した時間内であれば、シングルサインオンが行われます。
    • Cookieの有効時間が経過すると、Cookie内の認証情報が破棄されるため、シングルサインオンが行われず、アクセスしたそれぞれの製品でログイン操作が必要です。

  10. 発行ドメインを入力します。

    手順6で、「オープン統合認証ver.2」を選択した場合のみ設定します。
    手順7で指定したCookieの発行対象になるドメインを指定します。

  11. 設定内容を確認し、設定するをクリックします。

発行ドメインの設定について

連携認証を有効にするには、メールワイズやデヂエなどの連携先製品とサイボウズ Office 10の両方で、Cookieを発行できるように設定する必要があります。
それぞれのアクセスURL内の「ドメインの共通部分」を設定して、Cookieを発行します。

  • アクセスURLの例:
    ドメインの共通部分を示した図

    ドメインはアクセスURLの一部で、サーバーを指定する部分です。サイボウズ Office 10の設定画面で、ドメインの共通部分をCookieの発行範囲として設定します。

  • サイボウズ Office 10の設定画面での入力例:

    • 発行ドメイン:domain.co.jp

    発行ドメインに設定するドメインの範囲は、可能な限り限定してください。ログイン情報を持つCookieの発行範囲を狭めることで、ログイン情報を容易に取得できないようにします。
    ドメインに含まれるピリオドの数が多い場合、使用するWebブラウザーによっては、連携認証を利用できない場合があります。

旧製品からバージョンアップしている場合の注意

ここで説明する旧製品とは、「オープン統合認証ver.2」搭載前のサイボウズ製品を指します。
旧製品では、「サイボウズ共通認証」のみ設定できます。
詳細は、連携認証対応製品を参照してください。
「サイボウズ共通認証にのみ対応した製品からバージョンアップした場合、認証パスワードを入力して連携認証を設定しようとすると、次の警告メッセージが表示されます。

バージョンアップ後に認証パスワードが再設定されていません。

「オープン統合認証ver.2」搭載後の製品からバージョンアップした場合は、上記の警告メッセージは表示されません。

警告メッセージが表示されないバージョンアップパターン
  • サイボウズ Office 8からサイボウズ Office 9またはサイボウズ Office 10へのバージョンアップ
  • デヂエ 8からサイボウズOffice 9またはサイボウズOffice 10へのバージョンアップ

ただし、「サイボウズ共通認証」しか設定できない製品からサイボウズ Office 8やデヂエ 8にバージョンアップした時点で、認証パスワードを再設定していない場合は、サイボウズ Office 9以降にバージョンアップしても警告メッセージが表示されます。

警告メッセージが表示されるバージョンアップパターン
  • サイボウズ Office 7以前のバージョンからサイボウズ Office 8、サイボウズ Office 9、またはサイボウズ Office 10へのバージョンアップ
  • デヂエ 6からデヂエ 8、サイボウズ Office 9、またはサイボウズ Office 10へのバージョンアップ
対処

最新版にバージョンアップしたあとに、認証パスワードを再設定してください。

  1. サイボウズ Office 10で、認証パスワードを再設定します。

    「連携認証」を無効にしても、認証パスワードを再設定するまで、警告メッセージは消えません。

  2. 連携先製品に、サイボウズ Office 10で設定したパスワードを再設定します。

設定後の確認

連携認証の設定が完了していることを確認します。

  1. サイボウズ Office 10と連携先の製品からログアウトします。

  2. すべてのWebブラウザーを閉じます。

  3. Webブラウザーを再起動し、サイボウズ Office 10にログインします。

  4. 連携先の製品にアクセスし、ログイン状態であることを確認します。

連携認証が正常に実行されない場合

サイボウズ Office 10にログインしても、連携先製品にログインした状態にならない場合、次の要因が考えられます。

  • サイボウズ Office 10と連携先の製品でユーザーのログイン名が一致していない。
  • Webブラウザーからサイボウズ製品にアクセスする時のURLがFQDNでない。
  • 連携認証に対応していない製品である。
  • サイボウズ Office 10と連携先の製品で認証パスワードが一致していない。
  • アクセスURLにIPアドレスを使用している。

詳しい対処方法については、よくあるご質問の連携認証を利用できません。という記事を参照してください。