ライセンスの管理

購入したライセンスの管理方法を説明します。

各場面で必要なライセンス

サイボウズ Office 10のライセンスインストールやバージョンアップ時に必要なライセンスについて説明します。
詳細は、製品サイトの価格(パッケージ版)を参照してください。

試用する場合

ライセンスは不要です。
サイボウズ Office 10をインストールすると、無償で60日間試用できます。試用期間中は、すべての機能を利用できます。
ただし、試用期間が終了した時点で有効なライセンスを登録していない場合、サイボウズ Office 10を使用できなくなります。
有効なライセンスを登録せず、サイボウズ Office 10にアクセスできなくなった場合も、試用中に登録したデータは削除されません。ライセンスを登録すると、再度、サイボウズ Office 10にアクセスできるようになります。

新規インストールする場合

基本ライセンスが必要です。
ライセンス購入時に、次のどちらかのコースを選択します。

  • プレミアムコース
    カスタムアプリを使用できます。
  • スタンダードコース
    カスタムアプリを使用できません。
旧バージョンをサイボウズ Office 10にバージョンアップする場合

バージョンアップライセンスが必要です。
バージョンアップライセンスを登録すると、サイボウズ Office 10にバージョンアップ後も引き続き製品を使用できます。
ただし、サイボウズ Office 10を利用できる期間は、バージョンアップ前に登録していた継続サービスライセンスの有効期間によって異なります。バージョンアップする際は、継続サービスライセンスの有効期間を確認しておくことを推奨します。

基本ライセンス、または、継続サービスライセンスの期限が切れた場合

継続サービスライセンスが必要です。
ライセンスの有効期限が切れると、次のサービスなどを利用できなくなります。

  • カスタムアプリ、ワークフロー、報告書、プロジェクト機能
  • テクニカルサポートへの問い合わせ
  • 天気予報や六曜の表示

ライセンス有効期間内に提供されるサービスの詳細は、製品サイトのサービスライセンス(パッケージ版)を参照してください。

利用ユーザーを追加する場合

ユーザー数追加ライセンスが必要です。