メッセージ

メッセージに関する設定を変更します。
メッセージを閲覧できるのは、宛先に含まれるユーザーだけです。システム管理者でも、宛先に含まれていなければ、メッセージを閲覧できません。
システム管理者が行う操作は、次のとおりです。

  • メッセージ作成時の初期値の設定
  • 更新されていない不要なメッセージの削除

メッセージの有効化

メッセージを使用するには、システム設定で個人フォルダを有効にする必要があります。
個人フォルダを有効にすると、ユーザー画面のアプリケーションメニューに 個人フォルダが表示されます。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。

    ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. 「基本設定」セクションの 使用するアプリケーションをクリックします。

  4. 「個人フォルダ」が選択されていることを確認し、設定するをクリックします。

    個人フォルダを使用しない場合は、選択を外します。