ユーザーの管理

サイボウズ Office 10のユーザーを管理します。

ユーザーを追加する

サイボウズ Office 10を使用するユーザーを追加します。追加したユーザーは、サイボウズ Office 10の「ユーザー名簿」で確認できます。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. 「基本設定」セクションの ユーザーをクリックします。

  4. 追加するをクリックします。

  5. 必要な項目を設定し、追加するをクリックします。

    ユーザーの設定項目
    項目 説明
    名前 ユーザーの名前を入力します。
    登録済みのユーザーと重複する名前を設定できますが、別のユーザーとして登録されます。
    よみ 名前のよみを入力します。
    ログイン名 ユーザーのログイン名を入力します。
    ほかのユーザーと重複するログイン名は設定できません。
    ユーザー情報のログイン名は、次の場合に使用します。
    • サイボウズ Office 10のログイン方法を「ログイン名を入力する」に設定している
    • 連携認証を利用する
    • サイボウズリモートサービスでシステム管理者としてログインする
    • サイボウズ KUNAIを利用する
    E-mail ユーザーのメールアドレスを入力します。
    メールアドレスを入力しても、サイボウズ Office 10のメールで使用するメールアドレスには反映されません。
    サイボウズ Office 10のメールで使用するメールアドレスは、「メールアカウントの登録」画面から登録してください。
    詳細は、ユーザーのメールアカウントの設定を参照してください。
    URL ユーザーに関連するWebページのURLを入力します。
    連絡先 内線番号や携帯電話の番号など、ユーザーの連絡先を入力します。
    入力した値は、在席情報の連絡(先)欄の初期値になります。
    パスワード
    パスワード(確認用)
    ユーザーのパスワードを2回入力します。
    現在と同じパスワードを入力した場合、パスワードの有効期限は更新されません。
    プロフィール画像 ユーザーのプロフィール画像を設定します。
    プロフィール画像に使用できるファイルは次のとおりです。
    • gif
    • jpeg(CMYK形式を除く)
    • png
    最初に表示するグループ 組織やグループの選択時に、初期値として表示する対象を選択します。
    所属する組織 ユーザーが所属する組織を設定します。組織は複数設定できます。

ユーザー情報を変更する

ユーザー情報を変更します。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. 「基本設定」セクションの ユーザーをクリックします。

  4. 変更するユーザーの 変更するをクリックします。

  5. 必要な項目を変更し、変更するをクリックします。

    設定項目の詳細は、ユーザーの設定項目を参照してください。

ログイン名やパスワードを変更する

ユーザーのログイン名やパスワードを変更します。
ユーザーがパスワードを忘れてログインできない場合は、システム管理者が新しいパスワードを設定し、ユーザーに連絡します。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. 「基本設定」セクションの ユーザーをクリックします。

  4. ログイン名やパスワードを変更するユーザーの 変更するをクリックします。

  5. ログイン名とパスワードを変更し、変更するをクリックします。

    現在と同じパスワードを入力した場合、パスワードの有効期限は更新されません。

  6. ユーザーに連絡します。

ユーザーを削除する

ユーザーを削除します。

1人ずつ削除する

ユーザーを1人ずつ削除します。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. 「基本設定」セクションの ユーザーをクリックします。

  4. 削除するユーザーの 削除するをクリックします。

  5. 確認画面で、削除するをクリックします。

複数のユーザーを一括削除する

削除するユーザーを選択し、まとめて削除します。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. 「基本設定」セクションの ユーザーをクリックします。

  4. 削除するユーザーを選択します。

  5. 選択したユーザーを確認し、 削除するをクリックします。 複数ユーザーを削除している画像

  6. 確認画面で、一括削除するをクリックします。

全ユーザーを削除する

すべてのユーザーを削除します。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. 「基本設定」セクションの ユーザーをクリックします。

  4. 画面下のすべてのユーザーを削除するをクリックします。 すべてのユーザーを削除する操作リンクが赤枠で囲まれた画像

  5. 確認画面で、すべて削除するをクリックします。

所属組織を変更する

ユーザーが所属する組織を変更します。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. 「基本設定」セクションの ユーザーをクリックします。

  4. 所属組織を変更するユーザーの 変更するをクリックします。

  5. 所属組織を変更し、変更するをクリックします。 所属組織を変更している画像

サイボウズ製品とユーザー情報を連携する

サイボウズ Office 10とほかのサイボウズ製品のユーザー情報を連携させる方法は次の2とおりです。

  • 連携認証
    サイボウズ Office 10で登録したユーザー情報を連携先の製品で使用できます。
    サイボウズ Office 10にログインすれば、連携するすべてのサイボウズ製品にログインした状態になります。(シングルサインオン)
  • ユーザー情報連携
    サイボウズ Office 10で登録したユーザー情報を連携先の製品で使用できます。
    連携するサイボウズ製品ごとに、ログインする必要があります。

サイボウズ Office 10と他のサイボウズ製品を連携すると、連携先の製品で、サイボウズ Office 10で登録した次の情報を使用できます。

  • ユーザー情報
  • 組織情報
  • ログイン方法

ユーザー情報連携を連携すると、連携先の製品はサイボウズ Office 10のユーザー情報を読み込むため、連携先の製品で上記の情報を設定する手間を省けます。
サイボウズ Office 10と連携できる製品は、次のとおりです。

  • メールワイズ 5
    バージョン 5.1.0以前をお使いの場合、ユーザー情報を連携できません。
    連携する場合は、最新版(バージョン 5.1.1以降)にバージョンアップしてから、ユーザー情報を連携してください。
  • バージョン 8.1.0以降のデヂエ 8
    Office 10とユーザー情報連携をする場合は、必ずデヂエのバージョンが、「デヂエ 8.1.0以降」であることを確認してください。
    それ以前のバージョンのデヂエでは、ユーザー情報連携ができません。
  1. サイボウズ Office 10と連携先の製品に、連携認証を設定します。

    ユーザー情報を連携する場合は、連携認証をあわせて設定することを推奨します。
    詳細は、連携認証を参照してください。
    ユーザー情報連携だけを設定する場合は、手順2に進みます。

  2. 連携先の製品でユーザー情報連携を設定します。

    設定方法の詳細は、各製品のマニュアルを参照してください。
    メールワイズ 5:サイボウズ製品とユーザー情報を連携する
    デヂエ 8:「サイボウズ Office」パッケージ版と連携する場合

CSVファイルでユーザーデータを管理する

ユーザーデータをCSVファイルから読み込んだり、CSVファイルに書き出したりします。

CSVファイルから読み込む

CSVファイルからユーザーデータを読み込みます。

  1. 読み込み可能なレコード数の上限など、CSVファイルを読み込む際の注意点を確認します。

    詳細は、CSVファイル読み込み時の注意点を参照してください。

  2. CSVファイルから読み込める項目を確認します。

    CSVファイルで管理できる項目については、ユーザーのCSVフォーマットを参照してください。

  3. 次のどちらかの方法で、ユーザーのデータをCSVファイルで準備します。

    • Excelなどを使って、CSVファイルを作成する。
      CSVファイルを準備する際には、CSVファイル作成時の注意点を確認してください。
    • サイボウズ Office 10から書き出したCSVファイルを編集する。
      CSVファイルに書き出す方法を参照して、データをCSVファイルに書き出してください。

    ファイル内のユーザーIDが登録済みのユーザーと一致する場合、該当するユーザーのユーザー情報はCSVファイルの内容で更新されます。
    新規にユーザーを追加する場合は、ユーザーIDを空にしてください。
    ユーザーデータをCSVファイルから読み込む際の注意点については、よくあるご質問のCSVファイルからユーザーデータを読み込む際の注意点を教えてください。という記事を参照してください。

  4. 準備したファイルを「CSV(カンマ区切り)(*.csv)」の形式で保存します。

  5. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  6. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  7. 「基本設定」セクションの ユーザーをクリックします。

  8. 画面下部にあるCSVファイルから読み込むをクリックします。

  9. 手順4で保存したファイルを選択します。

  10. CSVファイルの文字コードをドロップダウンリストから選択します。

    選択できる文字コードは、次のとおりです。

    • 自動判定
      システムが、読み込むファイルの文字コードを自動的に判別します。
      文字コードの種類が不明な場合は、「自動判定」を選択します。
    • シフトJIS
    • UTF-8
    CSVファイルからの読み込み画面の画像

  11. 読み込むファイルと文字コードが設定されていることを確認し、次に、ファイルの中身を確認するをクリックします。

  12. 次の項目を設定します。

    • CSVファイルのデータとユーザー情報の項目との関連付け:
      CSVファイルのどの列のデータを、ユーザー情報のどの項目に登録するのかを設定します。
    • CSVファイルの先頭行を項目名として無視するかどうか:
      ファイルの1行目に項目名を入力している場合は、「先頭行を項目名として無視する」を選択します。

  13. プレビューで、読み込むデータを確認し、読み込むをクリックします。

    プレビューには、ファイルの先頭から5行分のデータが表示されます。

CSVファイルに書き出す

ユーザーデータをCSVファイルに書き出します。書き出したファイルはバックアップデータとして保管できます。

  1. CSVファイルに書き出せる項目を確認します。

    CSVファイルで管理できる項目については、ユーザーのCSVフォーマットを参照してください。

  2. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。

  3. [システム設定]をクリックします。 ヘッダーの画像

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  4. 「基本設定」セクションの ユーザーをクリックします。

  5. 画面下部にあるCSVファイルへ書き出すをクリックします。

  6. 画面右側の一覧から書き出す項目を選択し、追加をクリックします。

    削除する場合は、画面左側の書き出すリストから項目を選択し、削除をクリックします。

  7. CSVファイルの1行目に項目名を書き出す場合は、「先頭行に項目名を書き出す」のチェックボックスを選択します。

  8. CSVファイルの文字コードを、ドロップダウンリストから選択します。

    選択できる文字コードは、次のとおりです。

    • シフトJIS
    • UTF-8(BOMなし)
    • UTF-8(BOMあり)
    CSVファイルへの書き出し画面の画像

  9. 設定内容を確認し、次に、書き出す内容を確認するをクリックします。

  10. ファイルの中身をプレビューで確認して、書き出すをクリックします。

  11. Webブラウザーのファイル保存機能を使って、ファイルを保存します。