設定ファイルの差出人の設定

差出人情報は必ず設定する必要があります。
次のどちらかの方法で設定してください。

  • 差出人にシステムメールアカウントを使用する
  • 差出人にユーザーのメールアカウントを使用する

差出人にシステムメールアカウントを使用する

KUNAIの設定ファイルのメール送信の差出人にシステムアカウントを使用する場合は、次の手順で設定します。
完了したStepのチェックボックスを選択すると、チェックシートとして利用できます。

Steps:

設定ファイルの送信にシステムメールアカウントを使用する設定にします。
  1. システム設定画面で、 システムメールアカウントをクリックします。
  2. 使用する機能をクリックします。
  3. 「メール送信」欄で「KUNAIかんたん設定ファイルの送信に使用する」を選択し、設定するをクリックします。
  4. システム設定(システムメールアカウント)メニューで システムメールアカウントの登録をクリックし、システムメールアカウントを設定します。
    操作の詳細は、システムメールアカウントの設定を参照してください。
設定ファイルを送信します。
詳細は、端末への設定ファイルの一括送信を参照してください。

差出人にユーザーのメールアカウントを使用する

KUNAIの設定ファイルのメール送信の差出人にユーザーのメールアカウントを使用する場合は、次の手順で設定します。
完了したStepのチェックボックスを選択すると、チェックシートとして利用できます。

Steps:

システム管理者の作業設定ファイルの送信にシステムメールアカウントを使用しないよう設定します。
  1. システム設定画面で、 システムメールアカウントをクリックします。
  2. 使用する機能をクリックします。
  3. 「メール送信」欄で「KUNAI かんたん設定ファイルの送信に使用する」の選択を外し、設定するをクリックします。
システム管理者の作業メール機能を有効にします。
  1. システム設定画面で、 使用するアプリケーションをクリックします。
  2. 「メール」が選択されていることを確認し、設定するをクリックします。
システム管理者の作業ユーザーのメールアカウントを登録します。
  1. システム設定画面で、 メールをクリックします。
  2. メールサーバーの登録をクリックします。
    操作の詳細は、メールサーバーの設定を参照してください。
  3. システム設定画面で、 メールアカウントの登録をクリックし、各ユーザーのメールアカウントを設定します。
    操作の詳細は、ユーザーのメールアカウントの設定を参照してください。

これで、システム管理者側の設定は完了です。

ユーザーの作業端末に自分自身のログインURLを送信します。
Step 3が完了したら、ユーザーに設定ファイルの送信準備が完了したことを連絡してください。
詳細は、端末への設定ファイルの送信を参照してください。