アドレス帳を利用開始するまでの流れ

アドレス帳を利用開始するまでの流れは、次のとおりです。
完了したStepのチェックボックスを選択すると、チェックシートとして利用できます。

Steps:

システム管理者の作業アドレス帳を有効にします。
詳細は、アドレス帳の有効化を参照してください。
システム管理者の作業アドレスデータの公開方法の初期値を設定します。
詳細は、人名データの公開方法の初期値を設定する方法を参照してください。
システム管理者の作業アドレスデータをグループ化するためにブックを設定します。
ブックを追加したら、運用管理者とアクセス権も設定します。
詳細は、ブックの設定を参照してください。
システム管理者の作業データを登録するためのひな型を設定します。
人名の項目と会社の項目を設定します。
詳細は、アドレス帳のひな型の設定を参照してください。
システム管理者の作業共有アドレス帳を準備します。
詳細は、共有アドレス帳の場合を参照してください。
運用管理者の作業データを扱いやすくするための絞込を設定します。
詳細は、会社情報の絞込の設定を参照してください。