メールアプリケーションの移動

メールアプリケーションを別のメールスペースに移動します。
メールスペースのメールアプリケーション数が上限に達した場合や、組織変更などによりメールアプリケーションを整理する場合に便利です。

操作の前に確認すること

  • 試用期間中、またはプレミアムコースを契約中の場合に使用できる機能です。
  • 移動処理の予約が完了しても、すぐに処理が開始されるとは限りません。処理が開始されるのは、サイボウズのクラウドサービスのシステム側で、メールワイズの処理タスクを実行した時です。
    このため、すぐに処理が開始されたり、処理の開始までに時間がかかったりする場合があります。
  • 移動処理を予約すると、移動処理が完了するまで、指定したメールアプリケーションにアクセスできません。業務に支障がない時間帯に移動処理を予約してください。
    メールデータの量により、移動処理に時間がかかる場合があります。
  • 事前に移動先のメールスペースのメールアプリケーション数を確認してください。
    1つのメールスペースで管理できるメールアプリケーションは20個までです。移動先のメールスペースのメールアプリケーション数が21個以上になると、エラーが発生します。
  • 次の設定内容は、メールアプリケーションを移動したあとも引き継がれます。
    • アクセス権
    • メールサーバーの設定
    • 運用管理の設定
  • 過去データの退避を実施したパッケージ版 メールワイズのデータを、クラウド版 メールワイズに移行して利用している場合、メールアプリケーションを移動する前に退避が完了しているデータは、移動先のメールスペースから閲覧できます。

移動処理を予約する

メールアプリケーションの移動処理を予約します。

操作手順:
  1. ヘッダーの歯車アイコンをクリックします。

  2. [メールワイズ:システム設定]をクリックします。
    画面キャプチャー:ヘッダー

  3. 左ペインで、 全般をクリックします。

  4. 「基本設定」セクションの メールアプリケーションの移動をクリックします。

    メールスペースが2つ以上存在しない場合は表示されません。
    メールスペースを追加する方法は、メールスペースの設定を参照してください。

  5. 移動元のメールスペースおよびメールアプリケーションを選択します。

    すでに移動処理を予約しているメールアプリケーションは表示されません。
    画面キャプチャー:メールスペースおよびメールアプリケーションを選択している

  6. 移動先のメールスペースを選択します。

  7. 移動先に移動元のアドレスデータを自動的に登録するかどうかを選択します。

    登録する場合は、「メールに紐付いたアドレスデータを、移動先のメールスペース用のデータに変換する。」のチェックボックスを選択します。
    詳細は、アドレスデータの変換についてを参照してください。

  8. 設定内容を確認し、移動処理を予約するをクリックします。

    予約した処理は、メールワイズの処理タスクとして登録されます。

移動処理の進捗の確認方法

予約した移動処理は、「メールアプリケーションの移動」画面の「メールアプリケーションの移動タスク」セクションで確認できます。
すでに移動処理が完了したタスクは表示されません。

表示される情報は、次のとおりです。

  • 移動元メールスペース
  • 移動先メールスペース
  • メールアプリケーション
  • アドレスデータの登録:
    移動先に移動元のアドレスデータを自動的に登録する場合は、 チェックマークが表示されます。
  • 状態:
    次の2種類の状況が表示されます。
    • 移動中:
      移動処理が開始されていない、または移動処理が実行中の場合に表示されます。
    • ロールバック中:
      移動処理が中止された、または移動処理が失敗した場合に表示されます。
      ロールバックとは、記録されているポイントまでデータを戻し、改めて処理を開始することです。移動処理を開始する前の時点にロールバックした場合、ロールバック後に再度移動処理を開始します。
  • 内容:
    処理の進捗が表示されます。

画面キャプチャー:メールアプリケーションの移動タスク

移動処理を中止する場合は、中止するタスクの中止するをクリックします。
タスクの状態が「ロールバック中」の移動処理は中止できません。
中止した移動タスクの状態が「ロールバック中」となり、中止した時点からロールバックが開始されます。

移動処理の結果の確認方法

メールアプリケーションの移動が完了すると、「メールアプリケーションの移動」画面の「移動タスクログ」セクションに、実行した移動処理の次の情報が新しい順に表示されます。

  • 開始日時
  • 終了日時:
    処理の完了日時、またはエラーが発生した日時のいずれかが表示されます。
  • 結果:
    「完了」または「エラー」と表示されます。「エラー」の場合は、エラー番号も表示されます。
  • 移動元メールスペース
  • 移動先メールスペース
  • メールアプリケーション
  • アドレスデータの登録:
    移動先に移動元のアドレスデータを自動的に登録した場合は、 チェックマークが表示されます。

画面キャプチャー:移動タスクログ

アドレスデータの変換について

移動元のメールと紐づいたアドレスデータを、移動先のメールスペース用のデータに変換するかどうかを設定します。
アドレスデータを変換すれば、メールと顧客情報が紐づいた状態で、メールアプリケーションを移動できます。

ただし、アドレスデータを変換する・しないにかかわらず、移動元のメールと移動先に登録している顧客データのメールアドレスが一致する場合、そのメールは移動先の顧客データと紐づきます。

イラスト:メールの紐づけが移動元の顧客情報から移動先の顧客情報に変わるイメージ

アドレスデータを変換する場合

移動元のメールと紐づいた顧客情報のコピーが、新規の顧客データとして、移動先のアドレス帳に登録されます。
メールは移動先に登録された顧客データと紐づきます。

コピーされる顧客情報の項目は、次のとおりです。

  • 名前
  • よみ
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 配信停止

そのほかの項目はコピーされません。
顧客コードは、移動先で自動で連番を設定されていれば、自動採番されます。手動で入力する設定の場合は空欄になります。

イラスト:変換して登録された移動先の顧客情報とメールが紐づくイメージ

途中でメールアプリケーションの移動処理を中止しても、すでに移動先に登録された顧客データはロールバックされず残ります。

アドレスデータを変換しない場合

移動元のメールと紐づいた顧客情報は、移動先のアドレス帳に登録されません。

移動元のメールと移動先に登録している顧客データのメールアドレスが一致しなければ、そのメールは顧客情報が未登録の状態になります。

イラスト:移動先でメールと顧客情報の紐づけが切れるイメージ

移動処理が完了したあと、移動元と同じメールアドレスの顧客データを移動先に登録してメールと紐づけ直しても、移動元と一致しない場合があります。