メールサーバーの設定

メールサーバーの設定方法を説明します。
メールワイズには、GmailとExchange Onlineのメールサーバー情報があらかじめ設定されています。

対応メールサーバー

メールワイズが対応しているメールサーバーのプロトコル、および認証形式については、サイボウズのクラウドサービスの対応メールサーバーを参照してください。

利用条件

メールワイズでは、次のすべての条件を満たすメールサーバーを利用できます。

  • SMTP/POP3またはIMAP4に対応している:
    sendmailやqmailなど、一般的に普及しているメールサーバーソフトの多くは、SMTP/POP3に対応しています。
  • UIDLコマンドに対応している。
  • メールサーバーがメールワイズと常時接続できる環境にある:
    メールワイズと常時接続できる環境であれば、プロバイダーやホスティングのメールサーバーでも使用できます。「楽天あんしんメルアドサービス」のマスクアドレスの送受信にも対応しています。

注意事項

  • IMAP4サーバーを使用する場合、メールサーバーのIMAP機能が有効になっていることを確認してください。メールワイズではINBOXフォルダーのメールのみ確認できます。IMAP4サーバーのメールクライアントとしての機能はありません。
  • メールワイズでは、メールをサーバーに残す設定を推奨していません。サーバーに残さない設定でIMAP4サーバーを使用する場合、IMAP4サーバーのINBOXフォルダーにあるメールは、未読や既読にかかわらず、メールワイズでメールを受信した際にすべて削除されます。サーバーに残す設定にしていても、期間を設定していると、期日を過ぎたメールはサーバーから削除されます。別のメールソフトを併用している場合に注意が必要です。
    メールをサーバーに残す設定は、よくあるご質問のメールサーバーにメールを残す期間を無期限に設定し、運用してもよいですか?という記事を確認したうえで使用してください。
  • 送信メールサーバーのセキュリティ対策として、SMTP認証を有効にすることを推奨します。追加の対策として、接続元のIPアドレスを許可リストに追加して、接続元のIPアドレスを制限することも推奨します。拒否リストを参照する方式のSMTPサーバーは推奨しません。

メールサーバーを追加する

GmailとExchange Online以外のメールサービスをお使いの場合は、プロバイダーから提供されたメールサーバーの情報をメールワイズに追加します。

操作手順:
  1. ヘッダーの歯車アイコンをクリックします。

  2. [メールワイズ:システム設定]をクリックします。
    画面キャプチャー:ヘッダー

  3. 左ペインで、 全般をクリックします。

  4. 「基本設定」セクションの メールサーバーをクリックします。

  5. 「その他のメールサーバー」セクションの 追加するをクリックします。

  6. メールサーバーの名前を入力します。
    メールサーバーの名前の入力欄の画像

  7. 受信メールサーバーの情報を入力します。

    プロバイダーのご契約書類やWebサイトで入力する情報を確認してください。
    画面キャプチャー:受信メールサーバーの設定項目
    受信メールサーバーの設定項目
    項目 説明
    POP3/IMAP4 プロバイダーから指定されているメールの受信方式を選びます。
    サーバー名 受信メールサーバーのドメインまたはIPアドレスを入力します。
    例:pop.example.com
    ポート番号 受信ポート番号を入力します。
    POP3:一般的なポート番号は110です。通信を暗号化する場合は995です。
    IMAP4:一般的なポート番号は143です。通信を暗号化する場合は993です。
    通信を暗号化する 接続を暗号化するようプロバイダーから指定されている場合に選択します。
    APOP認証をおこなう APOPでのユーザー認証をプロバイダーから指定されている場合に選択します。多くのプロバイダーでは、APOP認証は不要です。
    メールサイズの制限 受信メールのサイズ(容量)の上限値を設定します。設定した値より大きいサイズのメールは受信できません。

  8. 送信メールサーバーの情報を入力します。

    プロバイダーのご契約書類やWebサイトで入力する情報を確認してください。
    画面キャプチャー:送信メールサーバーの設定項目
    送信メールサーバーの設定項目
    項目 説明
    サーバー名 送信メールサーバーのドメインまたはIPアドレスを入力します。
    例:smtp.example.com
    ポート番号 送信ポート番号を入力します。
    一般的なポート番号は587です。通信を暗号化する場合、多くのプロバイダーでは465です。
    通信を暗号化する 接続を暗号化するようプロバイダーから指定されている場合に選択します。
    SMTP認証をおこなう SMTP認証(SMTP-AUTH)を行うようプロバイダーから指定されている場合に選択します。
    多くのプロバイダーでは、SMTP認証を行い、認証方式には「PLAIN」と「認証にメールアカウントのユーザー名とパスワードを使用する」を選択します。
    メールサイズの制限 送信メールのサイズ(容量)の上限値を設定します。設定した値より大きいサイズのメールは送信できません。
    1分間の送信件数の制限 1分間に送信するメールの件数の上限値を設定します。設定した値は、一斉配信にのみ適用されます。

  9. 設定内容を確認し、追加するをクリックします。

メールサーバーを変更する

メールサーバーの情報を変更します。

操作手順:
  1. ヘッダーの歯車アイコンをクリックします。

  2. [メールワイズ:システム設定]をクリックします。
    画面キャプチャー:ヘッダー

  3. 左ペインで、 全般をクリックします。

  4. 「基本設定」セクションの メールサーバーをクリックします。

  5. 目的のメールサーバーの 変更するをクリックします。

  6. 必要な項目を設定し、変更するをクリックします。

    設定項目の詳細は、次のページを参照してください。
    受信メールサーバーの設定項目
    送信メールサーバーの設定項目

メールサーバーを順番変更する

メールサーバーの表示順を変更します。GmailとExchange Onlineの表示順は変更できません。

操作手順:
  1. ヘッダーの歯車アイコンをクリックします。

  2. [メールワイズ:システム設定]をクリックします。
    画面キャプチャー:ヘッダー

  3. 左ペインで、 全般をクリックします。

  4. 「基本設定」セクションの メールサーバーをクリックします。

  5. 「その他のメールサーバー」セクションの 順番変更をクリックします。

  6. メールサーバーの表示順を設定し、変更するをクリックします。

    ShiftキーやCtrlキーを押しながら選択することで、複数のメールサーバーを選択できます。

メールサーバーを削除する

メールサーバーを削除します。GmailとExchange Onlineは削除できません。

操作手順:
  1. ヘッダーの歯車アイコンをクリックします。

  2. [メールワイズ:システム設定]をクリックします。
    画面キャプチャー:ヘッダー

  3. 左ペインで、 全般をクリックします。

  4. 「基本設定」セクションの メールサーバーをクリックします。

  5. 「その他のメールサーバー」セクションで、削除するメールサーバーの 削除するをクリックします。

  6. 確認画面で、はいをクリックします。