電話メモのメール通知

電話メモが登録された際に、電話メモの宛先のユーザーにメールで通知できます。任意のメールアドレスに送信できるため、外出の多いユーザーに便利です。
電話メモのメール通知の差出人に、次のどちらを設定するかによって、設定方法が異なります。

  • システムメールアカウント
  • ユーザーのメールアカウント

差出人にシステムメールアカウントを使用する

電話メモのメール通知の差出人にシステムメールアカウントを使用する場合は、cybozu.com共通管理側と、サイボウズ Office側の両方で設定が必要です。

作業の流れを説明します。
完了したStepのチェックボックスを選択すると、チェックシートとして利用できます。

Steps:
メール通知の設定の流れを把握します。
メール通知を利用できるまでの流れは、電話メモのメール通知の場合を参照してください。
cybozu.com共通管理で、システムメールを設定します。

お使いの環境にあわせて、システムメールに利用するメールサーバーのタイプ(「組み込み」と「外部サーバー」のどちらか)を選択します。
システムメールの設定は、システムメールを設定する方法を参照してください。

サイボウズ Officeで、通知にシステムメールアカウントを使用する設定にします。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。

    ヘッダーの画像

  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「運用管理」セクションの システムメールアカウントをクリックします。
  5. 使用する機能をクリックします。
  6. 「メール通知」欄で「電話メモの通知に使用する」を選択し、設定するをクリックします。

これで、システム管理者側の設定は完了です。

ユーザー側で、電話メモのメール通知を有効に設定します。
Step 3が完了したら、ユーザーにメール通知を有効に設定することを連絡してください。
個人設定で電話メモのメール通知を有効に設定する方法は、電話メモのメール転送を参照してください。

差出人にユーザーのメールアカウントを使用する

電話メモのメール通知の差出人にユーザーのメールアカウントを使用する場合は、次の手順で設定します。
完了したStepのチェックボックスを選択すると、チェックシートとして利用できます。

Steps:
メール通知の設定の流れを把握します。
メール通知を利用できるまでの流れは、電話メモのメール通知の場合を参照してください。
通知にシステムメールアカウントを使用しないよう設定します。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。

    ヘッダーの画像

  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「運用管理」セクションの システムメールアカウントをクリックします。
  5. 使用する機能をクリックします。
  6. 「メール通知」欄で「電話メモの通知に使用する」の選択を外し、設定するをクリックします。
メール機能を有効にします。
  1. システム設定画面で、「基本設定」セクションの 使用するアプリケーションをクリックします。
  2. 「メール」が選択されていることを確認し、設定するをクリックします。
ユーザーのメールアカウントを登録します。
  1. システム設定画面で、「各アプリケーション」セクションの メールをクリックします。
  2. メールサーバーの登録をクリックし、利用可能なメールサーバーが登録されていることを確認します。
    メールサーバーを設定する方法は、メールサーバーの設定を参照してください。
  3. システム設定(メール)画面で、 メールアカウントの登録をクリックし、各ユーザーのメールアカウントを設定します。
    メールアカウントを設定する方法は、ユーザーのメールアカウントの設定を参照してください。

これで、システム管理者側の設定は完了です。

ユーザー側で、電話メモのメール通知を有効に設定します。
Step 4が完了したら、ユーザーにメール通知を有効に設定することを連絡してください。
個人設定で電話メモのメール通知を有効に設定する方法は、電話メモのメール転送を参照してください。