メッセージの送信

メッセージを送信します。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メッセージ]をクリックします。
  3. 「メッセージ」画面で、[メッセージを送る]をクリックします。
    メッセージを送るの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  4. 「メッセージの作成」画面で、「標題」項目を入力します。
    標題は必ず設定します。
    標題を入力している画像
  5. 「本文」項目を入力します。
    メッセージの本文を入力します。
    書式編集を使用できます。詳細は、書式編集の操作を参照してください。
    本文を入力している画像
  6. 必要に応じて、「ファイル」項目にファイルを添付します。
    ドラッグアンドドロップでもファイルを添付できます。詳細は、ドラッグアンドドロップ機能を利用する場合を参照してください。
    ファイルを添付している画像
  7. 「宛先」項目を設定します。
    宛先は必ず設定します。次のいずれかの方法で設定できます。
    • キーワードを入力してユーザーを検索する。
    • ドロップダウンリストで組織やMyグループなどを選択し、表示された一覧から、宛先のユーザーや組織を選択する。
    • 全組織から選択するをクリックして、ユーザーや組織を選択する。
    ユーザーを選択して[ユーザー情報の詳細]をクリックすると、「ユーザー情報の詳細一覧」画面が表示され、ユーザー情報の詳細を確認できます。
    宛先を設定している画像
  8. 「閲覧状況」項目を設定します。
    「閲覧状況を確認する」を選択すると、宛先のユーザーのメッセージの閲覧状況を確認できます。メッセージを送信したあとには変更できません。
    閲覧状況の確認については、閲覧状況の確認を参照してください。
    閲覧状況を設定している画像
  9. 「変更/削除の許可」項目を設定します。
    メッセージの変更や削除を、差出人以外のユーザーにも許可するかどうかを設定します。
    差出人以外のユーザーにも許可する場合は、「許可するユーザーを設定する」を選択し、宛先に設定したユーザーの中から、許可するユーザーを選択します。
    変更/削除の許可を設定している画像
  10. 設定内容を確認し、[送信する]をクリックします。
    メッセージを下書きとして保存する場合は[下書きとして保存する]をクリックします。メッセージは、「下書き」フォルダーに保存されます。

メッセージを再利用して送信する

メッセージを複製して、新しいメッセージを作成します。下書きのメッセージは再利用できません。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メッセージ]をクリックします。
  3. 「メッセージ」画面で、フォルダーを選択し、再利用するメッセージの標題をクリックします。
  4. 「メッセージ詳細」画面で、[再利用する]をクリックします。
    再利用するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  5. 「メッセージの再利用」画面で、必要に応じて項目を設定します。
    標題、本文、ファイル、宛先、閲覧状況、および変更/削除の許可の設定が、新しいメッセージにコピーされます。
  6. 設定内容を確認し、[送信する]をクリックします。
    メッセージを下書きとして保存する場合は[下書きとして保存する]をクリックします。メッセージは、「下書き」フォルダーに保存されます。

同じ宛先のユーザーに新しいメッセージを送信する

メッセージの宛先と、変更を許可するユーザーの設定を再利用して新しいメッセージを送信します。
本文は再利用できません。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メッセージ]をクリックします。
  3. 「メッセージ」画面で、フォルダーを選択し、再利用するメッセージの標題をクリックします。
  4. 「メッセージの詳細」画面で、[オプション]の[別のメッセージを送る]をクリックします。
    別のメッセージを送るの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  5. 「メッセージの作成」画面で、必要な項目を設定し、メッセージを送信します。