メッセージのコメント機能

コメント欄には、メッセージの内容に対する意見や返答を書き込むことができます。
書き込まれたコメントは、更新日時が最近のコメントから順番に上から表示されます。
システム管理者が、閲覧状況確認の動作モードを「手動」に設定している場合、閲覧状況確認メッセージは、「メッセージの詳細」画面で[確認しました]をクリックすると、コメントを書き込めます。
宛先を指定してコメントを書き込むと、更新通知を解除しているユーザーにも更新情報を通知することができます。
コメント欄が赤枠で囲まれている画像

コメントを書き込む

メッセージにコメントを書き込みます。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メッセージ]をクリックします。
  3. 「メッセージ」画面で、フォルダーを選択し、コメントを書き込むメッセージの標題をクリックします。
  4. 特定の宛先へのコメントの場合、「メッセージの詳細」画面のコメント欄で、宛先を指定します。
    [@宛先指定]をクリックすると、宛先を指定できます。詳細は、宛先指定機能の操作を参照してください。
    宛先として指定するユーザーを選択している画像
    宛先には、ユーザー、組織、およびロールを指定できます。
    システム管理者がロールの設定を許可している場合は、宛先にロールを指定することができます。
    宛先の種類によって、指定できる宛先が異なります。
    宛先の種類 指定できる宛先
    ユーザー メッセージの宛先に指定されているユーザーのみ指定できます。
    組織 すべての組織を宛先に指定できます。指定はできますが、メッセージの宛先に含まれていないユーザーに更新情報が通知されることはありません。
    ロール すべてのロールを宛先に指定できます。指定はできますが、メッセージの宛先に含まれていないユーザーに更新情報が通知されることはありません。
  5. コメントを入力します。
    書式編集を使用できます。詳細は、書式編集の操作を参照してください。
    書式編集を使用している画像
  6. 必要に応じてファイルを添付します。
    複数のファイルを添付できます。詳細は、ファイルの添付を参照してください。
  7. [書き込む]をクリックします。

コメントに返信する

コメントに返信します。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メッセージ]をクリックします。
  3. 「メッセージ」画面で、フォルダーを選択し、コメントを返信するメッセージの標題をクリックします。
  4. 「メッセージの詳細」画面で、返信するコメントの[返信する]をクリックします。
    次の2つが自動的に設定されます。
    • 返信対象のコメント番号
    • 返信対象のユーザー
    書式編集を使用している画像
  5. コメントを入力します。
  6. 必要に応じてファイルを添付します。
    複数のファイルを添付できます。詳細は、ファイルの添付を参照してください。
  7. [書き込む]をクリックします。

全員に返信する

返信元のコメントで指定されている自分以外のすべての宛先に、コメントを返信します。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メッセージ]をクリックします。
  3. 「メッセージ」画面で、フォルダーを選択し、コメントを返信するメッセージの標題をクリックします。
  4. 「メッセージの詳細」画面で、返信するコメントにマウスオーバーし、[全員に返信する]をクリックします。
    次の2つが自動的に設定されます。
    • 返信対象のコメント番号
    • 返信元のユーザー、返信対象のコメントで宛先に指定されている自分以外のユーザー、組織、およびロール
    「コメントへの返信」画面
  5. コメントを入力します。
  6. 必要に応じてファイルを添付します。
    複数のファイルを添付できます。詳細は、ファイルの添付を参照してください。
  7. [書き込む]をクリックします。

コメントを削除する

コメントを削除します。
コメントを削除できるのは、コメントを書き込んだユーザーだけです。
コメントを削除しても、更新情報は通知されません。
注意
  • 削除したコメントは、元に戻せません。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メッセージ]をクリックします。
  3. 「メッセージ」画面で、フォルダーを選択し、コメントを削除するメッセージの標題をクリックします。
  4. 「メッセージの詳細」画面で、削除するコメントにマウスオーバーし、[削除する]をクリックします。
    削除するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  5. 「コメントの削除」画面で、[はい]をクリックします。

コメントの便利な機能

コメントの便利な機能について説明します。

アンカー機能

アンカー機能は、すでに書き込まれているコメントへの参照リンクを設定する機能です。
参照先の指定には、コメント番号を利用します。
「>>(半角不等号)」のあとに参照するコメント番号を付けて書き込むと、該当するコメントへのリンクを生成できます。
補足
  • アンカー機能は同じメッセージ内のコメントに対してのみ使用できます。
    ほかのメッセージのコメントを参照する場合は、固定リンクを使用します。
操作手順:
  1. 「>>(半角不等号)」のあとに参照するコメント番号を付けて、コメントを入力します。
    例:
    >>3
    コメント番号を入力した画像
  2. [書き込む]をクリックします。
    入力したコメント番号をクリックすると、そのコメントにアクセスできます。

固定リンク

固定リンクは、各コメントに割り当てられたURLです。固定リンクのURLにアクセスすると、指定したコメントに直接アクセスできます。
特定のコメントを参照先として案内する場合に使います。
ただし、宛先に指定されていないメッセージの場合、案内されたURLをクリックしてもアクセスできません。
操作手順:
  1. 参照先として案内するメッセージのコメントを表示します。
  2. コメントをマウスオーバーし、[固定リンク]をクリックします。
    固定リンクが赤枠で囲まれている画像
  3. 表示されたURLをコピーして、Garoon内の目的の場所に貼り付けます。

リアクション機能

リアクション機能は、ほかのユーザーのコメントや本文に対して、コメントを書き込まなくても共感や確認しました、という意思を表現できる機能です。
システム管理者の設定によっては、リアクション機能を使用できない場合があります。
リアクション機能の表記は、システム管理者のみ変更できます。
詳細は、リアクション機能の操作を参照してください。
操作手順:
  1. メッセージのコメントを表示します。
  2. メッセージの本文、またはリアクションをするコメントで[リアクション名]をクリックします。
    リアクションリンクが赤枠で囲まれている画像
    リアクションを取り消す場合は、[リアクション名を取り消す]をクリックします。