メールの送信

メールを送信します。
システム管理者の設定によっては、HTMLメールを送信できない場合があります。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メール]をクリックします。
  3. 「メールの作成」画面を表示します。
    「メールの作成」画面を表示する手順は、表示しているビューによって異なります。
    • プレビュー表示の場合
      1. [作成]をクリックします。
        プレビュー表示画面で作成リンクが赤枠で囲まれている画像
    • プレビュー非表示の場合
      1. [メールを送る]をクリックします。
        プレビュー表示画面でメールを送るリンクが赤枠で囲まれている画像
  4. 「メールの作成」画面で、必要な項目を設定します。
    「メールの作成」画面の設定項目
    ここでは、プレビュー非表示画面を例に説明します。
    「メールの作成」画面
    番号 説明
    1 差出人
    次のすべての条件を満たす場合、差出人に使用するアカウントを選択します。
    • 複数のメールアカウントを使用している
    • 「メール」画面をプレビュー非表示にしている
    2 [To:]ボタン、[Cc:]ボタン
    クリックすると、「宛先アドレスの選択」画面が別ウィンドウで表示されます。
    アドレス帳の次のデータから宛先を検索します。
    • Myアドレスグループ
    • ユーザー名簿
    • 個人アドレス帳
    • Myグループ
    • 共有アドレス帳
    3 宛先入力欄
    宛先のメールアドレスを入力します。
    システム管理者が、インクリメンタルサーチの利用を許可している場合、インクリメンタルサーチを使用してアドレスを入力することができます。インクリメンタルサーチの詳細については、メールのインクリメンタルサーチ(逐次検索)の仕様を参照してください。
    不正なメールアドレスを入力した場合は、背景が赤色で表示されます。
    4 [Bccを追加]のリンク
    クリックすると、「Bcc:」欄が表示されます。
    「Bcc:」に設定したメールアドレスは、「To:」、「Cc:」、およびほかの「Bcc:」の送信先に表示されません。
    5 [ファイルを添付]のリンク
    必要に応じてファイルを添付します。
    ドラッグアンドドロップでもファイルを添付できます。
    詳細は、ドラッグアンドドロップ機能を利用する場合を参照してください。
    6 本文
    テキスト形式、または書式編集を使用できます。
    詳細は、書式編集の操作を参照してください。
    7 署名
    署名を設定している場合に表示されます。
    選択した署名をメール本文の文末に挿入します。
    8 開封確認の要求
    宛先のユーザーがメールを開封したかどうかを確認する場合は、「開封確認を要求する」のチェックボックスを選択します。
    システム管理者の設定によっては、開封確認機能を使用できない場合があります。
    9 [下書きとして保存する]ボタン
    メールを下書きとして保存します。下書きのメールは「下書き」フォルダーに保存されます。
  5. 入力内容を確認し、[送信する]をクリックします。
    ユーザーの設定によって、確認画面が表示されます。
    • 個人設定で「送信前の確認」を無効にしている場合:
      手順5でメールの送信が完了します。
    • 個人設定で「送信前の確認」を有効にしている場合:
      手順6に進みます。
    送信前の確認については、メールの一般設定を参照してください。
  6. 「メールの送信確認」画面で、[送信する]をクリックします。
    メールの内容を修正する場合は、[再編集する]をクリックします。
補足
  • 「メール」画面でプレビューを使用しない設定にして、HTMLメールを作成した場合、「メールの送信確認」画面に[テキスト表示]が表示されます。
    クリックすると、HTMLで作成した本文がテキストで表示されます。
    テキスト表示の操作リンクが赤枠で囲まれている画像

メールを再送信する

再送信できるメールは、ユーザーが送信したメールだけです。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メール]をクリックします。
  3. 「メール」画面で、「送信箱」フォルダーを選択し、「メールの再送信」画面を表示します。
    「メールの再送信」画面を表示する手順は、表示しているビューによって異なります。
    • プレビュー表示の場合
      1. 再送信するメールを選択します。
      2. [再送信する]をクリックします。
        プレビュー表示画面で再送信するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
    • プレビュー非表示の場合
      1. 再送信するメールの標題をクリックします。
      2. 「メールの詳細」画面で、[再送信する]をクリックします。
        プレビュー非表示画面で再送信するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  4. 「メールの再送信」画面で、必要な項目を設定します。
    設定内容の詳細は、「メールの作成」画面の設定項目を参照してください。
  5. 入力内容を確認し、[送信する]をクリックします。
    ユーザーの設定によって、確認画面が表示されます。
    • 個人設定で「送信前の確認」を無効にしている場合:
      手順5でメールの送信が完了します。
    • 個人設定で「送信前の確認」を有効にしている場合:
      手順6に進みます。
    送信前の確認については、メールの一般設定を参照してください。
  6. 「メールの送信確認」画面で、[送信する]をクリックします。

メールのインクリメンタルサーチ(逐次検索)の仕様

メールの宛先入力欄に文字を入力すると、先頭の文字が一致するユーザーの表示名、またはメールアドレスが、入力候補として表示されます。
入力候補は、表示名、メールアドレスの順に、昇順で最大10件表示されます。
インクリメンタルサーチの表示例
入力候補には、送信済みメールの宛先のアドレスが表示されます。
次のアドレス帳に登録されているアドレスも、入力候補として表示されます。
  • ユーザー名簿
  • 個人アドレス帳
  • アクセス権がある共有アドレス帳
補足
  • アドレス帳のカスタマイズ項目の「E-mail」のアドレスは、入力候補として表示されません。
  • ユーザーが個人設定で「ユーザー名の後に表示する情報」を「優先する組織」に設定している場合、入力候補の宛先に優先する組織が表示されます。
    優先する組織が表示されている画像
    確定した宛先には、優先する組織が表示されません。
    確定した宛先が赤枠で囲まれている画像
    優先する組織の設定については、表示欄や入力欄の設定を参照してください。

検索の優先順位

検索する項目の順序は次のとおりです。
  1. 表示名
    表示名に空白が含まれている場合は、空白の前の文字列を検索します。
    個人アドレス帳、共有アドレス帳、ユーザー名簿、送信済みメールアドレスの順に、検索結果が10件になるまで検索します。
  2. 表示名の空白後の文字列
    1の検索結果が10件未満の場合は、空白を含む表示名の空白後の文字列を検索します。
    個人アドレス帳、共有アドレス帳、ユーザー名簿、送信済みメールアドレスの順に、検索結果の合計が10件になるまで検索します。
  3. メールアドレス
    1と2の検索結果の合計が10件未満の場合は、メールアドレスを検索します。
    個人アドレス帳、共有アドレス帳、ユーザー名簿、送信済みメールアドレスの順に、検索結果の合計が10件になるまで検索します。

検索結果の表示順

「aiko」を検索した場合、次の順番でインクリメンタルサーチの検索結果が表示されます。
表示順 表示名 メールアドレス 検索対象の項目
1 aiko1 sato aiko1-sato@example.com 個人アドレス帳の表示名
2 aiko2 sato aiko2-sato@example.com 共有アドレス帳の表示名
3 aiko tanaka aiko-tanaka@example.com ユーザー名簿の表示名
4 aiko yamada aiko-yamada@example.com 送信済みメールアドレスの表示名
5 suzuki aiko aiko-suzuki@example.com 個人アドレス帳の表示名の空白後文字
6 suzuki aiko aiko@example.com 共有アドレス帳の表示名の空白後文字
7 suzuki aiko aiko.s@example.com ユーザー名簿の表示名の空白後文字
8 suzuki aiko aikosuzuki@example.com 送信済みメールアドレスの表示名の空白後文字
9 佐藤 愛子 aiko3@example.com 個人アドレス帳のメールアドレス
10 佐藤 愛子 aiko2@example.com 共有アドレス帳のメールアドレス
補足
  • 大文字と小文字は区別されません。