フォルダーの設定

ファイル管理のファイルは、フォルダーことに管理をします。
部門ごとにフォルダーを設定し、アクセス権や更新通知を設定します。フォルダーは階層化できます。

フォルダーを追加する

フォルダーにサブフォルダーを追加します。
サブフォルダーを追加する際、親フォルダー、または親フォルダー内のサブフォルダーに設定されているアクセス権と通知設定を継承することができます。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル管理]をクリックします。
  5. [フォルダーの設定]をクリックします。
  6. 「フォルダーの設定」画面で、フォルダーを選択し、[フォルダーを追加する]をクリックします。
    フォルダーを追加するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「フォルダーの追加」画面で、「タイトル」項目を設定します。
    標準のタイトルは必ず設定します。
    [言語ごとに表示名を設定する]をクリックすると、複数の言語でタイトルを設定できます。
    ユーザーが設定している言語のタイトルを設定していない場合、標準のタイトルが表示されます。
    設定できる言語は、次のとおりです。
    • 日本語
    • English
    • 中文(简体
    • 中文(繁體
    タイトル項目を入力している画像
  8. 「フォルダーコード」項目を設定します。
    フォルダーコードは必ず設定します。
    フォルダーを識別するための固有のコードです。
    フォルダーコードを入力している画像
  9. 必要に応じて「メモ」項目を設定します。
    フォルダーの説明を入力します。設定すると、フォルダーの画面にメモが表示されます。
    メモが表示されている画像
  10. 「アクセス権」項目、および「通知設定」項目で、親フォルダー、または同じ親フォルダーに所属するほかのフォルダーの設定を適用するかどうかを設定します。
    初期値は、親フォルダー、または親のサブフォルダーの設定が適用されます。
    • 親フォルダー、または親のサブフォルダーの設定を適用しない場合:
      「親フォルダーか親のサブフォルダーのアクセス権を適用する 」、および「親フォルダーか親のサブフォルダーの通知設定を適用する」のチェックボックスの選択を外します。
      親フォルダーまたはサブフォルダーの設定を反映しない設定の画像
    • 親フォルダー、または親のサブフォルダーの設定を適用する場合:
      「親フォルダーか親のサブフォルダーのアクセス権を適用する 」、および「親フォルダーか親のサブフォルダーの通知設定を適用する」のチェックボックスを選択します。
      親フォルダーまたはサブフォルダーの設定を反映する設定の画像 
      設定を適用するフォルダーは、「アクセス権」および「通知設定」のドロップダウンリストから選択します。
      アクセス権を適用する他のフォルダーが表示されている画像
    補足
    • アクセス権、および通知設定を適用したあとに、適用元のフォルダーの設定が変更されても、適用先のフォルダーには反映されません。
    • ドロップダウンリストから適用したフォルダーの設定内容を確認する場合は、[アクセス権を確認する]、および[通知先を確認する]をクリックし、設定内容を確認します。
      アクセス権を適用した他のフォルダーの設定内容が表示されている画像
  11. 設定内容を確認し、[追加する]をクリックします。

フォルダーを変更する

フォルダーの設定内容を変更します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル管理]をクリックします。
  5. [フォルダーの設定]をクリックします。
  6. 「フォルダーの設定」画面で、フォルダーを選択し、[フォルダーの詳細]をクリックします。
    フォルダーの詳細の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「フォルダーの詳細」画面で、[変更する]をクリックします。
    変更するリンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「フォルダーの情報の変更」画面で、必要に応じて設定内容を変更します。
  9. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

フォルダーを移動する

サブフォルダーを、ほかのフォルダーの下に移動します。
フォルダーを移動すると、フォルダー内のファイルやサブフォルダーもあわせて移動されます。
ルートフォルダーは移動できません。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル管理]をクリックします。
  5. [フォルダーの設定]をクリックします。
  6. 「フォルダーの設定」画面で、フォルダーを選択し、[フォルダーの詳細]をクリックします。
  7. 「フォルダーの詳細」画面で、[移動する]をクリックします。
    移動するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「フォルダーの移動」画面の「移動後の親フォルダー」項目で、移動するフォルダーを選択します。
    キーワードを入力し、[フォルダー検索]をクリックすると、移動先のフォルダーを検索できます。
    [1つ上]をクリックすると、1つ上のフォルダーに移動します。
    フォルダー名をクリックすると、クリックしたサブフォルダーに移動します。数字はサブフォルダーの数を表します。
    「フォルダーの移動」画面
  9. 設定内容を確認し、[移動する]をクリックします。

サブフォルダーを順番変更する

サブフォルダーの順番を変更します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル管理]をクリックします。
  5. [フォルダーの設定]をクリックします。
  6. 「フォルダーの設定」画面で、フォルダーを選択し、[サブフォルダーを順番変更する]をクリックします。
    サブフォルダーを順番変更するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「サブフォルダーの順番変更」画面で、フォルダーの順番を変更します。
    「サブフォルダーの順番変更」画面
  8. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

フォルダーを削除する

フォルダーを削除します。
フォルダーを削除すると、フォルダー内のファイルやサブフォルダーもあわせて削除されます。
ルートフォルダーは削除できません
注意
  • 削除されたフォルダーやファイルは、元に戻せません。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル管理]をクリックします。
  5. [フォルダーの設定]をクリックします。
  6. 「フォルダーの設定」画面で、フォルダーを選択し、[フォルダーの詳細]をクリックします。
    フォルダーの詳細の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「フォルダーの詳細」画面で、[削除する]をクリックします。
    削除するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「フォルダーの削除」画面で、[はい]をクリックします。

フォルダーを完全に削除する

削除されたフォルダーを完全に削除します。
選択したフォルダーに含まれるすべてのサブフォルダーとファイルも、完全に削除されます。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル管理]をクリックします
  5. [フォルダーの設定]をクリックします。
  6. 「フォルダーの設定」画面で、「削除済み」が表示されているフォルダーを選択します。
    「削除済み」が表示されている画像
  7. [完全に削除する]をクリックします。
    完全に削除するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「フォルダーの完全削除」画面で、[はい]をクリックします

削除したフォルダーを元に戻す

削除されたフォルダーを元に戻します。
フォルダーを戻すと、削除する前に保存されていたサブフォルダーやファイルも元に戻ります。
ただし、削除する前に設定していたアクセス権や通知先は戻せません。
削除されたフォルダーを元に戻せるのは、システム管理者とアプリケーション管理者のみです。
補足
  • フォルダー内のファイルだけを、元に戻すことはできません。フォルダーごと元に戻す必要があります。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル管理]をクリックします。
  5. [フォルダーの設定]をクリックします。
  6. 「フォルダーの設定」画面で、「削除済み」が表示されているフォルダーを選択します。
    「削除済み」が表示されている画像
  7. [元に戻す]をクリックします。
    元に戻すの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「フォルダーの復元」画面で、[はい]をクリックします。
    フォルダーは、削除される前に保存されていた親フォルダーに移動します。

フォルダーの使用量を確認する

フォルダーの使用量を確認します。
使用量は、フォルダーごとに確認することできます。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します
  4. [ファイル管理]をクリックします。
  5. [フォルダーの設定]をクリックします。
  6. 「フォルダーの設定」画面で、フォルダーを選択し、[フォルダーの詳細]をクリックします。
    フォルダーの詳細の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「フォルダーの詳細」画面で、[使用量の一覧]をクリックします。
    使用量の一覧の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「使用量の一覧」画面で、フォルダーの使用量を確認します。
    使用量を確認している画像