最適化処理の停止

最適化処理の途中でも、安全に処理を停止できるコマンドを紹介します。
停止コマンドを実行すると、設定していたメンテナンス時間も自動的に解除されます。

Windows環境の場合

Windows環境で、最適化処理を途中で停止します。
インストール識別子が「cbag」のインストールディレクトリを例に説明します。

  • インストールディレクトリ: C:\inetpub\scripts\cbag
  1. サイボウズ Office 10をインストールしているサーバーにアクセスします。

  2. サーバーのAdministrator権限を持つユーザーでログインします。

  3. コマンドプロンプトを起動します。

  4. サイボウズOffice 10のインストールディレクトリに移動します。

    cd C:\inetpub\scripts\cbag

    インストールディレクトリは、実行環境の診断画面の「Dir」欄で確認できます。
    詳細は、サーバー環境の確認を参照してください。
    サイボウズ Office 10をCドライブ以外にインストールしている場合は、「/d」が必要です。

    cd /d D:\inetpub\scripts\cbag

  5. 停止コマンドを実行します。

    ag.exe -x optimize -E

    最適化処理が停止すると、自動的にメンテナンス時間は解除されます。

  6. 表示されるメッセージを確認します。

    次のどちらかのメッセージが表示されます。

    • 強制終了・停止が成功している場合:
      Terminate successfully
    • すでに処理が終了している場合:
      Error : Failed to terminate

  7. スケジューリングサービスを開始します。

    詳細は、スケジューリングサービスの開始を参照してください。

  8. Webブラウザーを起動し、サイボウズ Office 10にアクセスし、動作確認をします。

    次の項目を確認します。

    • 正常に閲覧または表示できる。
    • 正常にデータを登録または変更できる。

Linux環境の場合

Linux環境で、最適化処理を途中で停止します。
インストール識別子が「cbag」のインストールディレクトリを例に説明します。

  • インストールディレクトリ:/var/www/cgi-bin/cbag
  1. サイボウズ Office 10をインストールしているサーバーにアクセスします。

  2. サーバーのRoot権限を持つユーザーでログインします。

    suコマンドを利用し、root権限でログインします。

    su –

  3. サイボウズOffice 10のインストールディレクトリに移動します。

    cd /var/www/cgi-bin/cbag

    インストールディレクトリは、実行環境の診断画面の「Dir」欄で確認できます。
    詳細は、サーバー環境の確認を参照してください。

  4. 停止コマンドを実行します。

    ./ag.cgi -x optimize -E

    最適化処理が停止すると、自動的にメンテナンス時間は解除されます。

  5. 表示されるメッセージを確認します。

    次のどちらかのメッセージが表示されます。

    • 強制終了・停止が成功している場合:
      Terminate successfully
    • すでに処理が終了している場合:
      Error : Failed to terminate

  6. スケジューリングサービスを開始します。

    詳細は、スケジューリングサービスの開始を参照してください。

  7. Webブラウザーを起動し、サイボウズ Office 10にアクセスし、動作確認をします。

    次の項目を確認します。

    • 正常に閲覧または表示できる。
    • 正常にデータを登録または変更できる。