クラウド版 メールワイズでの準備

移行先のクラウド版 メールワイズで必要な準備を説明します。

クラウド版 メールワイズの試用を申し込む

クラウド版 メールワイズの環境が用意されていない場合は、データ移行ツールを起動する前に、クラウド版 メールワイズの試用を申し込む必要があります。
すでに試用を申し込んでいる場合は、再度試用を申し込む必要はありません。
クラウド版 メールワイズの試用を申し込む手順は、メールワイズの試用/購入方法を参照してください。

Administratorを有効にする

データ移行には、クラウド版独自のユーザー「Administrator」を使用します。
試用または購入直後のクラウド版では、Administratorが無効にされているため、設定を有効にする必要があります。

操作手順:
  1. クラウド版の試用または購入を申し込んだメールアカウントとパスワードで、https://(サブドメイン名).cybozu.com/admin/にアクセスします。

  2. 左ペインで、組織/ユーザーをクリックします。

  3. Administratorの編集ボタン をクリックします。

  4. 使用状態の「停止中」をクリックし、「使用中」に変更します。
    使用状態が停止中になっている画面

  5. パスワードの変更をクリックし、パスワードを変更します。
    パスワードの変更ボタンの場所を説明した画像

  6. 設定内容を確認し、保存をクリックします。
    保存ボタンの場所を説明した画像

  7. 「組織とユーザーの設定」画面で、Administratorが「使用中」になっていることを確認します。
    Administratorが使用中になっている画面

準備したクラウド版の申し込みユーザーのログイン名を変更する

準備したクラウド版では、申し込んだユーザーのメールアカウントが、表示名とログイン名に登録されています。
このままでは、移行元のログイン名と異なるため、申し込んだユーザーのデータを正しく移行できません。移行を開始する前に、移行先のクラウド版でログイン名を修正する必要があります。

吉田 誠さんがクラウド版を準備している場合の例:

  • 移行元のパッケージ版の吉田さんの状態
    • 名前:吉田 誠
    • ログイン名:yoshida
  • クラウド版の試用または購入直後の吉田さんの状態
    • 表示名:yoshida@example.com
    • ログイン名:yoshida@example.com

このままデータ移行ツールを実行すると、ログイン名が「yoshida」というユーザーと「yoshida@example.com」というユーザーの2名が作成されてしまうため、クラウド版のログイン名を次のように変更します。

  • データ移行に向け、吉田さんのクラウド版のログイン名を修正した状態
    • 表示名:yoshida@example.com
      パッケージ版の名前と一致していなくても、データ移行ツールの実行に支障はありません。データ移行ツールを実行すると、クラウド版の表示名は、移行元のパッケージ版の名前で更新されます。
    • ログイン名:yoshida
      クラウド版のログイン名を変更する手順の詳細は、ログイン名やパスワードを変更する方法を参照してください。

サブドメインを確認する

データ移行ツールを起動する前に、お使いのクラウド版のサブドメインを確認してください。
サブドメインは、準備したクラウド版 メールワイズのURLで確認できます。サブドメインがわからない場合は、クラウド版 メールワイズを購入または試用開始したユーザー(サイボウズドットコム ストア管理者)に問い合わせてください。
よくあるご質問の会社コード、ドメインID、サブドメイン名の確認方法を教えてください。という記事でも案内しています。

例:
イラスト:サブドメインとドメインを説明している

「組織の事前設定」の状態を確認する

試用環境または購入済みの環境のcybozu.com共通管理で、「組織の事前設定」の状態を確認します。
確認方法は、cybozu.comヘルプの事前設定の状態を確認する方法を参照してください。

「組織の事前設定」でデータが作成されていない場合

データ移行ツールを使用できます。

「組織の事前設定」でデータが作成されている場合

データ移行ツールは使用できません。
次のいずれかの対応が済むと、データ移行ツールを使用できます。

  • 組織の事前設定を運用中の組織に反映する。
  • 指定していた日時に、組織の事前設定が反映される。
    詳細は、cybozu.comヘルプの即時反映と日時指定反映を参照してください。
  • 組織の事前設定を削除する。
    詳細は、cybozu.comヘルプの事前設定を削除する方法を参照してください。

cybozu.com共通管理の「組織の事前設定」の詳細については、cybozu.comヘルプの組織の事前設定を参照してください。

データ移行の許可とクライアント証明書のダウンロードを実施する

試用環境または購入済みの環境のcybozu.com共通管理で、データ移行を許可し、データ移行に必要なクライアント証明書をダウンロードします。

操作手順:
  1. Webブラウザーを起動し、「https://(サブドメイン名).cybozu.com/」にアクセスします。

  2. 次のユーザーでクラウドサービスにログインします。

    • ログイン名:
      準備したクラウド版の申し込みユーザーのログイン名です。
      試用申し込み時のメールアドレスからログイン名を変更している場合は、変更後のログイン名を入力してください。
    • パスワード:
      準備したクラウド版の申し込みユーザーのパスワードです。

  3. ログイン後、表示された画面で、cybozu.com共通管理をクリックします。

  4. 左ペインで、データ移行の許可をクリックします。

  5. 「パッケージ版メールワイズからのデータ移行を許可する」のチェックボックスを選択し、保存をクリックします。

    未反映の「組織の事前設定」がある場合、データ移行の許可を設定することができません。
    未反映の「組織の事前設定」を運用中の組織に反映するか、「組織の事前設定」を削除し、「組織の事前設定」でデータが作成されていない状態にしたあと、再度データ移行の許可を設定してください。

  6. クライアント証明書のダウンロードをクリックします。

    データ移行ツールを実行するサーバー、またはローカルコンピューターにクライアント証明書を保存します。