作業の前に確認すること

データ移行ツールを使用する前に確認する項目を説明します。

作業の流れ

パッケージ版 メールワイズのデータを移行する場合

次のステップで作業します。

Steps:
Step 1
Step 2
Step 3
Step 4
Step 5
Step 6
Step 7
Step 8
Step 9
Step 10
Step 11
Step 12
Step 13
Step 14
Step1
データ移行ツールの動作環境を確認します。
詳細は、動作環境と移行可能なデータ量を参照してください。
Step2
パッケージ版での作業移行するデータの内容などを確認します。
Step3
クラウド版 メールワイズの試用を申し込みます。
詳細は、メールワイズの試用/購入方法を参照してください。
すでにクラウド版 メールワイズの試用または購入が完了している場合は、Step4に進みます。
Step4
パッケージ版での作業ログイン、組織情報、およびメールサーバーの設定を確認します。

次の設定が完了していない状態で、データ移行ツールを実行すると、エラーが表示され処理が中断します。
移行ツールを実行する前に必ず設定を確認してください。

  • ログイン名とパスワードを設定している
  • ログイン方法を「ログイン名を入力する」に設定している
  • 移行可能な組織名を設定している
  • メールサーバーの設定で、POP before SMTPの設定を無効にしている

詳細は、次のページを参照してください。
ログインに関する設定を確認する
POP before SMTPを無効にする

あわせて、メールサーバーにメールを残す設定に変更しておきます。

Step5
クラウド版での作業Step3で試用を申し込んだアカウントでクラウド環境にログインし、cybozu.com共通管理で、Administratorを有効にします。
詳細は、Administratorを有効にする方法を参照してください。
Step6
Step3で準備したクラウド環境のサブドメインを確認します。
詳細は、サブドメインを確認する方法を参照してください。
Step7
クラウド版での作業cybozu.com共通管理で、「組織の事前設定」のデータが未作成であることを確認します。
詳細は、「組織の事前設定」の状態を確認する方法を参照してください。
Step8
クラウド版での作業cybozu.com共通管理で、データ移行を許可し、クライアント証明書をダウンロードします。
Step9
クラウド版での作業メンテナンス情報を確認します。
cybozu.comのメンテナンス中は、データを移行できません。
サイボウズからのお知らせのメンテナンス情報を参照し、データの移行中にメンテナンスが実施されないことを確認します。
Step10
パッケージ版での作業最新のデータ移行ツールをダウンロードします。
詳細は、データ移行ツールを入手する方法を参照してください。
Step11
パッケージ版での作業データ移行ツールを実行します。
お使いの環境に合った移行ツールを実行します。
詳細は、次のページを参照してください。
Windows環境の場合
Linux環境の場合
Step12
データ移行完了のメールを受信します。
Step3で登録したメールアドレスにデータ移行完了のメールが送信されます。
メールを受信できれば、データの移行は完了です。
Step13
クラウド版での作業cybozu.com共通管理で、データ移行の許可設定を解除します。
Step14
クラウド版での作業移行したデータを確認し、必要な項目を設定します。
詳細は、データ移行後に必要な設定を参照してください。

ローカルコンピューターのメールデータを移行する場合

次のステップで作業します。

Steps:
Step 1
Step 2
Step 3
Step 4
Step 5
Step 6
Step 7
Step 8
Step 9
Step 10
Step 11
Step 12
Step 13
Step1
データ移行ツールの動作環境を確認します。
詳細は、動作環境と移行可能なデータ量を参照してください。
Step2
ローカルコンピューターでの作業移行するデータの内容などを確認します。
Step3
クラウド版 メールワイズの試用を申し込みます。
詳細は、メールワイズの試用/購入方法を参照してください。
すでに、クラウド版 メールワイズの試用または購入が完了している場合は、Step4に進みます。
Step4
クラウド版での作業Step3で試用を申し込んだアカウントでクラウド環境にログインし、cybozu.com共通管理で、Administratorを有効にします。
詳細は、Administratorを有効にする方法を参照してください。
Step5
Step3で準備したクラウド環境のサブドメインを確認します。
詳細は、サブドメインを確認する方法を参照してください。
Step6
クラウド版での作業cybozu.com共通管理で、「組織の事前設定」のデータが未作成であることを確認します。
詳細は、「組織の事前設定」の状態を確認する方法を参照してください。
Step7
クラウド版での作業cybozu.com共通管理で、データ移行を許可し、クライアント証明書をダウンロードします。
Step8
クラウド版での作業メンテナンス情報を確認します。
cybozu.comのメンテナンス中は、データを移行できません。
サイボウズからのお知らせのメンテナンス情報を参照し、データの移行中にメンテナンスが実施されないことを確認します。
Step9
ローカルコンピューターでの作業最新のデータ移行ツールをダウンロードします。
詳細は、データ移行ツールを入手する方法を参照してください。
Step10
ローカルコンピューターでの作業データ移行ツールを実行します。
お使いの環境に合った移行ツールを実行します。 詳細は、次のページを参照してください。
Windows環境の場合
Linux環境の場合
Step11
データ移行完了のメールを受信します。
Step3で登録したメールアドレスにデータ移行完了のメールが送信されます。
メールを受信できれば、データの移行は完了です。
Step12
クラウド版での作業cybozu.com共通管理で、データ移行の許可設定を解除します。
Step13
クラウド版での作業移行したデータを確認し、必要な項目を設定します。
詳細は、データ移行後に必要な設定を参照してください。

動作環境と移行可能なデータ量

作業の前に、データ移行ツールの動作環境と、移行できるデータの量を確認します。

動作環境

クラウド版 メールワイズの動作環境

クラウド版 メールワイズの動作環境は、パッケージ版 メールワイズの動作環境と異なります。
詳細は、サイボウズのクラウドサービスの動作環境を参照してください。

データ移行ツールの動作環境

動作環境以外でデータ移行ツールを使用すると、エラーが発生する場合があります。
詳細は、製品サイトの動作環境を参照してください。

プロキシ経由でデータ移行ツールを実行する場合

プロキシ経由でデータ移行ツールを実行する場合は、環境変数を設定する必要があります。
詳細は、よくあるご質問のプロキシサーバーを経由し「メールワイズ on cybozu.com(クラウド版)」にアクセスしている環境でも、データ移行ツールを利用できますか?という記事を参照してください。

Linux環境でデータ移行ツールを実行する場合

cURLのバージョンやビルドオプションによっては、2GB以上のデータを移行できない場合があります。
次のコマンドを使用して、データを移行できるかどうかを確認します。

$ curl –V

実行結果の「Features:」に「Largefile」が表示される場合のみ、2GB以上のデータを移行できます。
最新のcURLにバージョンアップしてから、データ移行ツールを実行してください。

移行可能なデータ量

データ移行ツールは、100GBまでのデータを移行することを想定して設計されています。
移行するデータ量が100GBを超える場合は、エラーメッセージが表示され、データ移行ツールが終了します。

移行するデータ量が100GBを超える場合は、次のよくあるご質問を参照して、対応方法を確認してください。

また、サーバーのスペックやネットワーク環境によって、処理に時間がかかる場合があります。
移行時間の目安として、過去の実績をサイボウズからのお知らせのページで公開しています。
詳細は、クラウド版へのデータ移行時間の目安を参照してください。

パッケージ版 メールワイズの運用環境

お使いのパッケージ版 メールワイズの運用環境に応じて、次の項目を確認します。

お客様所有のサーバーの場合

次のユーザーでサーバーにログインできる場合は、データ移行ツールを使ってデータを移行できます。

  • Windows環境:
    インストール先のサーバーのAdministrator権限を持つユーザー
  • Linux環境:
    root権限を持つユーザー

レンタルサーバーの場合

次のユーザーでサーバーにログインできる場合は、データ移行ツールを使ってデータを移行できます。

  • Windows環境:
    インストール先のサーバーのAdministrator権限を持つユーザー
  • Linux環境:
    root権限を持つユーザー

データ移行の操作をすると、レンタルサーバーに負荷がかかる恐れがあります。データを移行する前に、レンタルサーバー業者にデータ移行ツールの使用が可能かどうかを確認してください。
レンタルサーバーからのデータ移行が難しい場合は、次の方法でのデータ移行をご検討ください。

操作手順:
  1. 移行するデータを確認します。

  2. レンタルサーバーから、手順1で確認したデータをお客様のローカル環境にダウンロードします。

  3. お客様のローカル環境に、レンタルサーバーで運用している環境と同じバージョンのメールワイズの環境を構築します。

    メールワイズを構築する手順は、インストールを参照してください。

  4. 手順3の環境に、手順2のデータをリストアします。

    データをリストアする手順は、リストアを参照してください。

  5. 手順3の環境でデータ移行ツールを起動し、データを移行します。

パッケージ版 メールワイズから移行できるデータ

クラウド版に移行できるデータは、移行元のパッケージ版 メールワイズのバージョンによって異なります。

メールワイズ 5

移行元のバージョンがメールワイズ 5の場合の移行できるデータと移行できないデータは、次のとおりです。

移行できるデータ 移行できないデータ
  • (データディレクトリ)/mw/data
  • (データディレクトリ)/mw/back[ID]
  • (データディレクトリ)/mw/dlsrc
  • (データディレクトリ)/mw/file
上記のデータのうち、次のデータとファイルは移行できません。
  • data/check
  • data/.htaccess
  • file/.htaccess
  • file/logs
  • file/mail[ID]/rlog.txt
  • file/mail[ID]/slog.txt

メールワイズ 5のファイル構成の詳細は、ファイル構成を参照してください。

メールワイズ 4/メールワイズ 3

移行元のバージョンがメールワイズ 4またはメールワイズ 3の場合の移行できるデータと移行できないデータは、次のとおりです。

移行できるデータ 移行できないデータ
  • (インストールディレクトリ)/mw/data
  • (インストールディレクトリ)/mw/back[ID]
  • (インストールディレクトリ)/mw/dlsrc
  • (インストールディレクトリ)/mw/file
上記のデータのうち、次のデータとファイルは移行できません。
  • data/check
  • data/.htaccess
  • file/.htaccess
  • file/logs

ローカルコンピューターから移行できるデータ

ローカルコンピューターのOutlookなどに保存している、次のメールデータを移行できます。

  • 受信メール
  • 送信メール

メールデータは、EML形式である必要があります。
EML形式以外のメールデータは、EML形式に変換してから移行します。
詳細は、移行するメールをEML形式に変換する方法を参照してください。

移行によって更新されるデータ

データを移行すると、クラウド版のデータが更新されたり、削除されたりします。
ここでは、パッケージ版のユーザー情報やパスワード、組織情報などのデータが、移行時にどのように扱われるかを説明します。

クラウド版のデータ

データを移行すると、移行先のクラウド版のデータは、移行元のパッケージ版のデータで上書きされます。
このため、データを移行する前にクラウド版に登録しているデータは削除されます。
すでにクラウド版の運用を開始している場合は、データを移行する前に、必要なデータをCSVファイルに書き出すことを推奨します。

ユーザー情報

データを移行すると、パッケージ版のユーザー情報は、クラウド版の「cybozu.com共通管理」に取り込まれます。
すでにクラウド版 メールワイズをお使いで、パッケージ版とクラウド版の両方に同じログイン名のユーザーが存在する場合、パッケージ版のデータを使ってクラウド版のユーザー情報を更新するかどうかを選択できます。

パッケージ版のユーザー情報は、cybozu.com共通管理に次のように取り込まれます。 パッケージ版の「画像」「メモ」、および「最初に表示する組織」は移行できません。

  • クラウド版の「表示名」は、パッケージ版の「名前」で更新されます。
  • クラウド版の「Emailアドレス」は、パッケージ版の「メールアドレス」で更新されます。
  • クラウド版の「連絡先」は、パッケージ版の「連絡先」で更新されます。

組織情報

データを移行すると、パッケージ版に登録されていた組織情報は、クラウド版の「cybozu.com共通管理」に取り込まれます。

cybozu.com共通管理に統合される情報

  • クラウド版の「組織名」は、パッケージ版の「組織名(旧:グループ名)」で更新されます。
  • クラウド版の組織コードは、パッケージ版の組織情報と統合する際に、パッケージ版の組織IDをもとに、システムによって自動的に設定されます。
    組織コードを変更すると、データ移行ツールの実行時に、パッケージ版から移行した組織が重複して追加される恐れがあります。システムによって自動的に設定された組織コードは変更しないでください。
  • クラウド版の組織の所属ユーザーの情報は、パッケージ版の組織の所属ユーザーの情報で更新されます。

cybozu.com共通管理での組織の表示について

cybozu.com共通管理の組織は階層化できますが、データ移行に伴い追加された組織は並列で表示されます。移行元のパッケージ版 メールワイズの組織情報が階層表示に対応していないためです。
ただし、移行前にcybozu.com共通管理に組織が登録されていたかどうかで、追加された組織が表示される状態は異なります。

cybozu.com共通管理に組織を設定していない場合

移行元の組織情報は、そのまま移行先のcybozu.com共通管理に取り込まれます。
移行元の組織コードは、組織IDを利用して、データ移行ツールを実施する場合のみ、システムによって強制的に生成されます。通常、移行元のパッケージ版に組織コードは存在しません。
cybozu.com共通管理に組織を設定していない場合のイメージ画像

cybozu.com共通管理に組織を設定している場合

移行元の組織情報は「メールワイズの組織」として、まとめてcybozu.com共通管理に取り込まれます。 データの移行によって追加された組織とわかるように、組織名の後ろに「(MW)」が付加されます。
cybozu.com共通管理に組織を設定している場合のイメージ画像

データ移行ツールを複数回実行する場合の注意

実際の作業の前に試験的にデータ移行ツールを実施する場合や、移行中のエラーにより再度データ移行を実施する場合など、データ移行ツールを複数回実行することがあります。
このような場合での組織情報の扱いについて説明します。

データの移行では、移行元と移行先で組織コードが同一であれば、同じ組織とみなします。
cybozu.com共通管理側で組織コードを変更しない限り、データ移行ツールを複数回実行しても、組織が重複して追加されることはありません。
ただし、次の変更をしている場合は、次回のデータ移行でcybozu.com共通管理に反映される内容が異なるため、注意が必要です。

  • 前回のデータ移行から、移行元で組織名や所属ユーザーを変更している。
  • 前回のデータ移行で取り込んだ組織の組織コードを、移行先で変更している。
前回のデータ移行から、移行元で組織名や所属ユーザーを変更している場合

移行元と移行先で組織コードが同一であれば、次のようにデータが移行されます。

  • 組織名:
    一度移行された情報は、データ移行ツールでは更新や削除ができません。
    データを移行したあとにパッケージ版の組織名を変更した場合は、手動でcybozu.com共通管理の組織名を更新する必要があります。
  • 組織に所属するユーザー:
    前回のデータ移行時から、追加された所属ユーザーのみ、cybozu.com共通管理に移行されます。 所属ユーザーの変更や削除は、cybozu.com共通管理で行います。
    • 移行ツール実行1回目
      移行ツール実行1回目のイメージ画像
    • 移行ツール実行2回目
      移行ツール実行2回目のイメージ画像
前回のデータ移行で取り込んだ組織の組織コードを、移行先で変更している場合

次回のデータ移行で新規の組織として移行先に追加されます。

セキュアアクセスのクライアント証明書

セキュアアクセスのクライアント証明書は継続して使用できます。データを移行しても、クライアント証明書を更新する必要はありません。
詳細は、cybozu.comヘルプのセキュアアクセスを設定する方法を参照してください。

443ポートの開放

クラウド版の環境(cybozu.com)には、443ポートでアクセスします。
そのため、データを移行する前に、お客様のサーバーやファイアウォールなどのネットワーク機器で「443ポート」を開放する必要があります。
ポート開放の手順は、移行元製品でお使いのサーバーの管理者やネットワーク管理者にお問い合わせください。