連携システムからの通知例

通知メールを、メールとして処理するか、通知として処理するかは、送信された通知メールのヘッダーに、特殊なヘッダーが含まれるかどうかによって区別されます。

連携システムからの通知が有効の場合

連携システムからの通知が有効の場合、連携先からの通知メールは、連携システムからの通知として処理されます。
受信した通知は、ユーザーのトップページの「最新情報」パーツに表示されます。
各通知には、連携先のシステムの種類に合わせたアイコンが表示されるため、どのシステムからの通知であるかを判断しやすくなります。
連携システムからの通知のイメージ
閲覧済みの通知は、連携システムからの通知で確認できます。
受信した通知は5日間保存されます。5日を超えると、1000件を超えた通知から古い順に削除されます。
注意
  • 連携システムからの通知は、メール機能を利用します。
    連携システムからの通知を設定する前に、次の準備が完了していることを確認してください。
    • メールが使用できる状態である。
    • 通知を受信するユーザーのメールアカウントが登録済みである。
  • 通知メールのサイズが、サイボウズ Office側またはメールサーバー側の、メールサイズの制限値を超えていると、通知メールを受信できません。
  • メールをメールサーバーに残す設定にしても、一度受信した通知メールは再度受信できません。
  • 受信済みの通知メールの総サイズは、ユーザーのメールの総サイズの制限を受けません。

連携システムからの通知が無効の場合

連携システムからの通知が無効の場合、連携先からの通知メールは、メールとして処理されます。
受信した通知は、ユーザーのメールで確認できます。
連携システムからの通知が無効な場合のイメージ