ポータル作成の流れ

次の流れでポータルを作成します。
  1. Step1
    ポータルの一覧にポータルを追加します。
    詳細は、ポータルの追加を参照してください。
  2. Step2
    ポータルを使用できるユーザーを指定します。
    詳細は、ポータルのアクセス権の設定を参照してください。
  3. Step3
    ポータルにポートレットを配置します。
    詳細は、ポートレットの配置を参照してください。
  4. Step4
    ポートレットを使用できるユーザーを指定します。
    詳細は、ポートレットのアクセス権の設定を参照してください。
  5. Step5
    ポートレットの設定をします。
    必要に応じてポートレットの表示名、または設定の変更をします。
    詳細は、ポートレットの設定を参照してください。
  6. Step6
    ポートレットを公開します。
    ポートレットの設定が完了したら、ポートレットを公開します。
    詳細は、ポートレットの公開を参照してください。
  7. Step7
    ポータルの表示を確認します。
    詳細は、ポータルのプレビューを参照してください。
  8. Step8
    ポータルを公開します。
    詳細は、ポータルの公開を参照してください。
  9. Step9
    ポータルの運用管理者を設定します。
    ポータルの運用を一任する運用管理者を設定します。
    詳細は、ポータルの運用管理権限の設定を参照してください。
補足
  • アクセス権は、ポータル単位でもポートレット単位でも設定できます。
  • ポートレットごとに表示内容を変更できます。