サイボウズ AGやサイボウズ Office 6をサイボウズ Office 10にする

サイボウズ AGやサイボウズ Office 6をサイボウズ Office 10にバージョンアップします。
注意
  • サーバー移行を伴うサイボウズ Office 10へのバージョンアップを検討されている場合は、サーバー移行が完了してから、サイボウズ Office 10へバージョンアップしてください。
    移行先のサーバーに移行元の製品をインストールできない場合は、移行元のサーバーでサイボウズ Office 10にバージョンアップしてから、新しいサーバーに移行します。
    詳細は、次のページを参照してください。
    移行の前に確認すること
    サーバーの移行(移行元がサイボウズ Office 9以前の場合)

次の場合を例に説明します。

  • Windows環境:Windows Server 2012 Standard
  • インストール識別子:cbag
  1. バージョンアップする環境を確認します。
    詳細は、バージョンアップの前に確認することを参照してください。
  2. お使いのサイボウズ Officeで次の情報を確認します。
    • インストール識別子
    • CGIディレクトリ
    • インストールディレクトリ
    • ドキュメントルートディレクトリ

    「実行環境の診断」画面の「DocumentRoot」欄と「Dir欄」で確認できます。
    「実行環境の診断」画面の見かたは、各バージョンのマニュアルを参照してください。
    サイボウズ AG:サイボウズAG の実行環境の診断
    サイボウズ Office 6:サイボウズ(R) Office の実行環境の診断

    バージョンアップ前に確認する実行環境のイメージ図
    WebサーバーにIISを利用している場合の表記例は、次のとおりです。
    • インストール識別子:cbag
    • CGIディレクトリ:C:\inetpub\scripts
    • インストールディレクトリ:C:\inetpub\scripts\cbag
    • ドキュメントルートディレクトリ:C:\inetpub\wwwroot
  3. サイボウズ Officeにメンテナンス時間を設定し、ユーザーのアクセスを一時的に中止します。
    補足
    • バックアップやバージョンアップの作業は、ユーザーがサイボウズ Officeにアクセスしていない状態で行う必要があります。
      「メンテナンス時間」を設定することで、一時的にすべてのユーザーがサイボウズ Officeにアクセスできなくなります。
      設定方法の詳細は、各バージョンのマニュアルを参照してください。
      サイボウズ AG:メンテナンス時間の設定
      サイボウズ Office 6:メンテナンス時間の設定
  4. バージョンアップ前のサイボウズ Officeのデータをバックアップします。

    必ず次のデータをコピーし、外部媒体などに保存します。

    製品 バックアップの対象となるデータ
    サイボウズ AG
    • (インストールディレクトリ)/cb5/data
    • (インストールディレクトリ)/cb5/file
    サイボウズ Office 6
    • (インストールディレクトリ)/cb5/data
    • (インストールディレクトリ)/cb5/file
    • (インストールディレクトリ)/cb5/log
  5. 最新のインストーラーを入手します。
    インストーラーは、製品サイトのパッケージ版のデモ及びダウンロードのページからダウンロードしてください。
  6. サーバーにダウンロードした最新のインストーラー「cbof-10.○.○-windows-k○.exe」をダブルクリックし、インストーラーを起動します。

    次のサーバーOSをお使いの場合は、「cbof-10.○.○-windows-k○.exe」を右クリックし、[管理者として実行]をクリックします。

    • Windows Server 2008
    • Windows Server 2012
    • Windows 7
    • Windows 8
  7. 次へをクリックします。
    ようこそ画面の画像
  8. 試用許諾契約書を確認し、同意する場合は「試用許諾契約書に同意します」を選択し、次へをクリックします。
    • 試用許諾契約書に同意しない場合:
      キャンセルをクリックし、インストールを中止します。
    • 1つ前の手順に戻る場合:
      戻るをクリックします。
    試用許諾契約書に同意している画像
  9. 「メジャーバージョンアップ」を選択し、次へをクリックします。
    インストールタイプを選択している画像
  10. インストール識別子を確認し、次へをクリックします。
    手順2で確認したインストール識別子と同じであることを確認します。
    インストール識別子の設定画面の画像
  11. CGIディレクトリを確認し、次へをクリックします。
    手順2で確認したCGIディレクトリと同じであることを確認します。
    CGIディレクトリの設定画面の画像
  12. ドキュメントルートディレクトリを確認し、次へをクリックします。
    手順2で確認したドキュメントルートディレクトリを同じであることを確認します。
    ドキュメントルートディレクトリの設定画面の画像
  13. 「デヂエのデータ取り込み」確認ダイアログで、いいえをクリックします。
    デヂエのデータを取り込まないことを選択している画像
  14. 設定を確認し、インストールをクリックします。
    インストール情報の確認画面の画像
  15. 完了をクリックします。
    インストールの完了画面の画像
  16. はいをクリックします。
    トップページを表示するダイアログ画面の画像

    README.txtが表示されれば、バージョンアップは正常に終了しています。
    バージョンアップ後の作業に進みます。

  17. メンテナンス時間を解除します。
    メンテナンス時間内の場合、エラーが表示されます。
    (インストールディレクトリ)/cb5/data/配下にあるmaintファイルを削除して、メンテナンス時間を解除します。
    詳細は、メンテナンス時間の解除を参照してください。
  18. Webブラウザーを起動し、サイボウズ Officeにアクセスします。
    サイボウズ Office 10のログイン画面が表示されれば、バージョンアップは正常に終了しています。
    WebサーバーがIISの場合のアクセスURLは、次のとおりです。
    http://(サーバーのホスト名またはIPアドレス)/scripts/(インストール識別子)/ag.exe?
    例:
    • サーバーのIPアドレスが「192.168.1.1」、インストール識別子が「cbag」の場合:
      http://192.168.1.1/scripts/cbag/ag.exe?
    • ホスト名が「test.co.jp」、インストール識別子が「cbag」の場合:
      http://test.co.jp/scripts/cbag/ag.exe?
  19. サイボウズ Office 10にログインし、動作を確認します。

    次のことを確認します。

    • 正常に動作する。
    • バージョンアップ前のデータを、正常に閲覧または表示できる。
    • ログイン画面下部のバージョン番号が、最新のバージョンになっている。
  20. ライセンスを登録します。
    ライセンスを登録せずに、サイボウズ Office 10の利用を継続すると、操作画面にメッセージが表示されます。
    メッセージの詳細は、試用期間の終了日が近づくとを参照してください。
    サイボウズ Office 10の環境では、サイボウズ Office 10のライセンスを登録する必要があります。
    次のページを参照して、ライセンスを登録してください。
    サイボウズ Office 10のライセンスキーの準備
    ライセンスの登録
  21. リモートサービスをお使いの場合リモートサービスマネージャーに登録している製品情報を更新します。
    詳細は、「サイボウズ Office製品+リモートサービス」の場合の手順2以降を参照してください。