画面の見かた

マルチレポートの画面に表示されるアイコンやボタンなどを説明します。

「マルチレポート」画面

「マルチレポート」画面の見かたを説明します。
マルチレポート画面
パーツの説明
番号 説明
1 [レポートを作成する]のリンク
「レポートの作成(レポートフォームの選択)」画面を表示します。
2 検索パーツ
キーワードを入力し、[レポート検索]をクリックすると、データを検索します。
[詳細検索]をクリックすると、「レポートの検索」画面が表示されます。
3 フォルダー
表示する一覧を選択します。
  • 受信一覧:
    自分が参加者や通知先に設定されているレポートが一覧で表示されます。
  • 送信一覧:
    自分が作成したレポートが一覧で表示されます。
  • 下書き:
    自分が下書きとして保存したレポートが一覧で表示されます。
  • 閲覧可能なレポート:
    公開されているレポートが一覧で表示されます。
    自分が参加者や通知先に設定されていれば、アクセス権を持っていないカテゴリーのレポートフォームが使われているレポートも閲覧できます。
4 絞込
表示するレポートの一覧を絞り込みます。
  • 最近選択した絞込:
    これまで選択した絞込が表示されます。最大で5件表示されます。
    選択した履歴は、画面を読み込んだときに更新されます。
    削除された、または無効になった絞込の履歴は削除されます。削除されたあと、履歴の表示が5件未満になっても、古い履歴は戻りません。
  • おすすめの絞込:
    システム管理者によって、自分が推奨ユーザーに設定されている絞込が表示されます。
  • すべての絞込:
    使用可能なすべての絞込が表示されます。
絞込は、システム管理者が設定します。
絞込を選択すると、絞り込む条件が画面上部に表示されます。
絞り込む条件が表示された画像
5 一覧
レポートの一覧が表示されます。
  • [標題]のリンク:
    「レポートの詳細」画面が表示されます。未読のレポートの標題は、太字で表示されます。
  • (通知解除中):
    通知を解除しているレポートです。
  • 非公開のアイコン
    公開先が限定されているレポートです。
  • お気に入りのアイコン
    お気に入りに追加しているレポートです。

「レポートの詳細」画面

「レポートの詳細」画面の見かたを説明します。
レポートの詳細画面
パーツの説明
番号 説明
1
  • [変更する]のリンク
    レポートの内容を変更します。
    レポートの作成者と、レポートの変更を許可されたユーザーだけに表示されます。
  • [通知先を変更する]のリンク
    レポートの通知先や、レポートを変更できるユーザーを変更します。
    レポートの作成者と、レポートの変更を許可されたユーザーだけに表示されます。
  • [添付ファイル一覧]のリンク
    本文とコメントに添付されたすべてのファイルを表示します。
  • [再利用する]のリンク
    表示しているレポートを複製して、新しいレポートを作成します。
  • [印刷用画面]のリンク
    レポートの印刷用画面を表示します。
  • [削除する]のリンク
    「レポートの削除」画面が表示されます。
    レポートの作成者と、レポートの変更を許可されたユーザーだけに表示されます。
2
  • [更新通知を解除する]ボタン
    表示しているレポートの更新通知を解除します。
    レポートの作成者には表示されません。
  • [更新通知を設定する]ボタン
    表示しているレポートの更新通知を設定します。
    レポートの作成者には表示されません。
3
  • レポートフォーム名(標題)
    使用しているレポートフォームのレポートフォーム名と、レポートの標題です。
  • 公開先
    レポートの公開先のユーザーです。
  • 参加者以外の通知先
    レポートの作成者と参加者以外に更新通知を受け取るユーザーです。
  • 通知先
    レポートの作成者以外に更新通知を受け取るユーザーです。
  • [参加者/通知先を表示する]のリンク
    「参加者/通知先の詳細」画面、または「通知先の詳細」画面を表示します。
4 本文
レポートの内容です。
レポートフォームによって、次の項目は表示されない場合があります。
  • 参加者:
    会議や出張などに参加した社内のユーザーです。
  • 相手側の参加者:
    取引先やお客様などの社外の参加者です。
    次の条件を満たす場合、相手側の参加者がリンクで表示されます。リンクをクリックすると、該当するアドレスの詳細画面が表示されます。
    • 相手側の参加者のアドレスが共有アドレス帳に登録されている。
    • レポートを閲覧するユーザーが、設定されたアドレスに対してアクセス権を持っている。
    • レポートを閲覧するユーザーが、アドレス帳の使用権限を持っている。
5
  • コメント入力欄
    レポートに対するコメントを入力します。
    システム管理者の設定によって、書式編集機能を使用できない場合があります。
  • [ファイルを添付]のリンク
    コメントに添付するファイルを選択します。
  • [書き込む]ボタン
    コメントを書き込みます。
6 [削除]のリンク
「コメントの削除」画面が表示されます。
自分が書き込んだコメントにだけ表示されます。