Windows環境にインストールする

Window環境にGaroonをインストールする手順を説明します。
次の環境が使用されている場合を例に説明します。

  • OS:Windows Server 2022
  • Webサーバーサービス:IIS 10.0
  • WebサーバーのCGIディレクトリー:C:\inetpub\scripts
  • Webサーバーのドキュメントルートディレクトリー:C:\inetpub\wwwroot
  • MySQLのインストール方法:インストーラーに同梱のMySQLを使用
操作手順:
  1. サーバーマシンに、インストール先のサーバーのローカルのAdministrator権限を持つユーザーでログインします。

  2. インストーラーをC:\Tempなどの任意の場所に配置します。

  3. インストーラーを起動し、[次へ]をクリックします。

    画面キャプチャー:インストーラー初期画面

  4. 試用許諾契約を確認し、「ソフトウェア試用許諾契約に同意します」を選択し、[次へ]をクリックします。

    画面キャプチャー:ライセンス試用許諾契約

  5. 「同梱のMySQL Community Server(GPL)を自動的にインストールする(推奨)」を選択し、[次へ]をクリックします。

    画面キャプチャー:インストールの開始

  6. サイボウズ アプリケーションディレクトリーを確認し、[次へ]をクリックします。

    サイボウズ アプリケーションディレクトリーを変更する場合は、[参照]をクリックし、ディレクトリーを指定します。
    画面キャプチャー:アプリケーションディレクトリ設定

  7. データベース管理ユーザーのパスワードを入力し、[次へ]をクリックします。

    画面キャプチャー:データベース管理ユーザーの設定

  8. インストール識別子を入力し、[次へ]をクリックします。

    • 初期値は「cbgrn」です。変更する場合はインストール識別子を入力し、Enterキーを押します。
    • IISが80番ポートで起動していない場合は、「Webサーバーの検出に失敗しました」というメッセージが表示され、インストーラーが終了します。
    画面キャプチャー:インストール識別子の設定

  9. WebサーバーのCGIディレクトリーを確認し、[次へ]をクリックします。

    CGIディレクトリーを変更する場合は、[参照]をクリックし、ディレクトリーを指定します。
    画面キャプチャー:WebサーバーのCGIディレクトリ設定

  10. Webサーバーのドキュメントルートディレクトリーを確認し、[次へ]をクリックします。

    ドキュメントルートディレクトリーを変更する場合は、[参照]をクリックし、ディレクトリーを指定します。
    画面キャプチャー:Webサーバーのドキュメントルートディレクトリ設定

  11. 表示されている内容を確認し、[インストール]をクリックします。

    インストールが開始されます。
    画面キャプチャー:インストール準備の完了

  12. 「InstallShield Wizard の完了」画面が表示されたら、[完了]をクリックします。

    インストーラーが終了します。
    画面キャプチャー:InstallShield Wizardの完了

  13. コマンドを入力する画面が表示されたら、Garoonを初期化します。

    詳細は、Windows環境で初期化する方法を参照してください。
    画面キャプチャー:コマンドを入力する画面

Windows環境で初期化する

GaroonのAdministratorのパスワードと、データベース接続ユーザーのパスワードを設定し、Garoonを初期化します。
コマンド プロンプトでinitialize.batを実行して初期化します。

操作手順:
  1. スケジューリングサービスを停止します。

    Windowsの管理ツールから「サービス」を開き、次のサービスを停止します。
    Cybozu_Scheduling_Service_cbgrn
    「cbgrn」の部分は、インストール識別子です。

  2. initializeディレクトリーに移動します。

    • Garoonのインストール完了後に続けて初期化する場合、この操作は不要です。手順4に進みます。

    • 次のコマンドを実行します。

      cd (CGIディレクトリー)\(インストール識別子)\initialize

      例:

      cd C:\inetpub\scripts\cbgrn\initialize

  3. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

    • インストーラーに同梱されているMySQLをインストールした場合の入力例

      initialize.bat ja "C:\Program Files\Cybozu\mysql-5.0" cybozu
    • initialize.batの説明
      コマンド:

      initialize.bat [言語] [MySQLのディレクトリーパス] [データベース管理ユーザーのパスワード]

    引数:

    言語 次のいずれかを入力します。
    ja:日本語です。タイムゾーンは「Asia/Tokyo」になります。
    en:英語です。タイムゾーンは「Europe/London」になります。
    zh:中国語です。タイムゾーンは「Asia/Shanghai」になります。
    MySQLのディレクトリーパス インストーラーに同梱されているMySQLをインストールした場合のディレクトリーパスは次のとおりです。
    C:\Program Files\Cybozu\mysql-5.0

    インストール済みのMySQLを使用する場合は、MySQLのインストールディレクトリーを指定します。

  4. 表示された内容を確認して、「Y」または「N」を入力し、Enterキーを押します。

    「Y」を入力すると、手順5以降のメッセージが日本語で表示されます。「N」を入力すると、手順5以降のメッセージが英語で表示されます。以降は「Y」を入力した場合の手順を説明します。

    このメッセージが正しく表示されている場合はYを入力します。  
    If the above message is displayed correctly, type 'Y', otherwise type 'N'.

  5. データベース接続ユーザーのパスワードを入力し、Enterキーを押します。

    ガルーンを初期化します。
    
    データベース接続ユーザーのパスワードを設定してください。
    パスワードに使用できる文字は「a-z, A-Z, 0-9, _」です。
    パスワードは6文字以上、10文字以内で入力してください。
    

  6. Administratorのパスワードを入力し、Enterキーを押します。

    「Administrator」のパスワードを設定してください。
    • パスワードは、6文字以上10文字以下の半角で入力してください。
    • パスワードに使用できる文字列は、次のとおりです。
      • a-z
      • A-Z
      • 0-9
      • _
    • <、>、|、&は、パスワードに使用できません。環境によって、ほかの記号も使えない場合があります。
    • パスワードに記号を使用する場合は、Garoonを初期化後、システム管理でパスワードを変更します。パスワードを変更する手順は、 ユーザー情報の変更を参照してください。

  7. インストールするデータを選択し、Enterキーを押します。

    手順4で「Y」を入力し、表示言語が日本語の場合のみ、インストールするデータを選択できます。手順4で「N」を入力した場合、このメッセージは表示されません。

    ガルーンにインストールするデータを選択してください。何もインストールしない場合は「なし」を選択してください。
    1: 標準データ
       日本の祝日や申請フォームなどの標準的なデータをインストールします。
    2: なし
    [1|2]:
    

    標準データには、祝日やサンプルの申請フォームなどのデータが登録されています。Garoonにユーザーを新規で登録して使用する場合は、標準データのインストールを推奨します。
    標準データは、あとからインストールすることもできます。詳細は、Garoonを初期化するコマンドを参照してください。

  8. 表示されている内容を確認し、「yes」を入力してEnterキーを押します。

    初期化が始まります。

    Summary of initialize configuration
    
    データベース管理ユーザーのパスワード : "cybozu"
    データベース接続ユーザーのパスワード : "cybozu"
    「Administrator」のパスワード : "cybozu"
    データのインストール : [手順7で選択した結果]
    
    上記の設定でガルーンを初期化します。よろしいですか?
    [yes or no]
    

    「no」を入力し、Enterキーを押すと、初期化が中止されます。

    初期化を中止しました。
    初期化をやり直す場合は、次のコマンドを実行してください。
    
    CD "C:\inetpub\scripts\cbgrn\initialize\"
    initialize.bat ja "C:\Program Files\Cybozu\mysql-5.0" [CBROOT_PASSWORD]
    

  9. 初期化が正常に終了したことを確認します。

    インストールが正常に終了しました。
    
    Webブラウザーを起動し、次のURLにアクセスしてください。
    http://(サーバーのFQDN、またはIPアドレス)/(CGIディレクトリーの仮想パス)/cbgrn/grn.exe
    
    例)http://webserver.cybozu.co.jp/scripts/cbgrn/grn.exe
    例)http://10.10.203.55/scripts/cbgrn/grn.exe
    

  10. スケジューリングサービスを起動します。

    Windowsの管理ツールから「サービス」を開き、次のサービスを起動します。
    Cybozu_Scheduling_Service_cbgrn
    「cbgrn」の部分は、インストール識別子です。

  11. IISの設定を変更します。

    詳細は、IISの設定を変更する方法を参照してください。

IISの設定を変更する

Garoonのインストール後、以下を実施し、IISの設定を変更します。

  • MIMEの種類の追加
  • ディレクトリの参照の有効化
  • ハンドラーマッピングの編集
操作手順:
  1. サーバーマネージャーを起動します。

  2. IISマネージャーを起動します。

    [ツール]をクリックして、[インターネット インフォメーション サービス(IIS) マネージャー]を選択します。

  3. 「接続」欄で、[(コンピューター名)]をクリックします。

  4. 機能ビューで、[MIMEの種類]をダブルクリックします。

  5. 「MIMEの種類」の画面で、「拡張子なし」と「.md」のMIMEの種類を追加します。

    • 「拡張子なし」
    1. 「操作」欄にある[追加]をクリックします。
    2. 「MIMEの種類の追加」画面で、ファイル名の拡張子と、MIMEの種類を設定します。
    • ファイル名の拡張子:「.」を入力します。
    • MIMEの種類:「text/plain」を入力します。 スクリーンショット:ファイル名の拡張子とMIMEの種類を設定している
    1. 設定内容を確認し、[OK]をクリックします。
    • 「.md」
    1. 「操作」欄にある[追加]をクリックします。
    2. 「MIMEの種類の追加」画面で、ファイル名の拡張子とMIMEの種類を設定します。
    • ファイル名の拡張子:「.md」を入力します。
    • MIMEの種類:「text/plain」を入力します。 スクリーンショット:ファイル名の拡張子とMIMEの種類を設定している
    1. 設定内容を確認し、[OK]をクリックします。

  6. 「接続」欄で、[(コンピューター名)]をクリックします。

  7. 機能ビューで、[ディレクトリの参照]をダブルクリックします。

  8. ディレクトリの参照の「操作」欄にある[有効にする]をクリックします。 スクリーンショット:インターネットインフォメーションサービスマネージャーのディレクトリの参照画面

  9. 「接続」欄で、[(コンピューター名)]をクリックし、[サイト]をクリックします。

  10. [Default Web Site]をクリックして、[scripts]を選択します。

    [Default Web Site]下に「scripts」が表示されない場合は、仮想ディレクトリーの設定を確認してください。
    Garoonのインストール時に指定したWebサーバーのCGIディレクトリーを、仮想ディレクトリーとして設定する必要があります。
    詳細は、仮想ディレクトリーの作成方法を参照してください。
    画面キャプチャー:インターネットインフォメーションサービスマネージャーのscripts画面

  11. 機能ビューで、scriptsの[ハンドラー マッピング]をダブルクリックします。

  12. [CGI-exe]を右クリックし、[編集]をクリックします。

    同じ仮想ディレクトリーに、scriptsを使用するほかのexeファイルがある場合は、各exeファイルに、ハンドラーマッピングを設定する必要があります。
    画面キャプチャー:インターネットインフォメーションサービスマネージャーのハンドラーマッピング画面

  13. 「モジュール マップの編集」画面で、「実行可能ファイル(E):」に、grn.exeまでのパスを入力し、[OK]をクリックします。

    例: C:\inetpub\scripts\cbgrn\grn.exe
    画面キャプチャー:インターネットインフォメーションサービスマネージャーのモジュールマップの編集画面

  14. 「このISAPI拡張機能を有効にしますか?」と表示されたら、[はい(Y)]をクリックします。

    ISAPI拡張機能を有効に設定すると、GaroonのプログラムがIISのプロセス上で実行されるようになります。
    [CGI-exe]が「無効」と表示されている場合は、[CGI-exe]を右クリックし、「機能のアクセス許可の編集」を選択します。アクセス許可設定を確認し、「実行」が選択されていない場合には、[実行]を選択し[OK]をクリックすることで、設定が有効になります。

  15. GaroonのURLにアクセスし、ログイン画面が表示されることを確認します。

  16. Garoonの初期設定を設定します。

    詳細は、インストール後に行う作業を参照してください。