Linux環境にインストールする

Linux環境にGaroonをインストールする手順を説明します。
次の環境が使用されている場合を例に説明します。

  • OS:Red Hat Enterprise Linux 8
  • Webサーバーサービス:Apache 2.4.37
  • WebサーバーのCGIディレクトリー:/var/www/cgi-bin
  • Webサーバーのドキュメントルートディレクトリー:/var/www/html
  • MySQLのインストール方法:インストーラーに同梱のMySQLを使用
操作手順:
  1. サーバーマシンに、rootユーザーでログインします。

  2. httpd.confを確認し、KeepAliveの設定が無効であることを確認します。

    KeepAliveの設定の確認・変更方法については、(Linux環境の場合のみ)ApacheのKeepAlive設定を無効にするを参照してください。

  3. THP機能が無効になっていることを確認します。

    [root@garoon admin]# cat /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/enabled

    「never」が[ ]で囲まれていれば、THP機能は無効になっています。
    例:

    always madvise [never]

    「[always] madvise never」または「always [madvise] never」と表示された場合はTHPが有効になっています。
    THP機能が有効になっている場合はTHP機能を無効にします。詳細は、(Linux環境の場合のみ)ApacheのKeepAlive設定を無効にする方法を参照してください。

  4. インストーラーが存在するディレクトリーに移動します。

  5. インストーラーを実行します。

    [root@garoon admin]# sh grn-5.15.0-linux-x64.bin

  6. 表示された内容を確認して、「Y」または「N」を入力し、Enterキーを押します。

    「Y」を入力すると、手順7以降のメッセージが日本語で表示されます。「N」を入力すると、手順7以降のメッセージが英語で表示されます。以降は「Y」を入力した場合の手順を説明します。

    ガルーンのインストールを開始します。このメッセージが正しく表示されている場合はYを入力します。  
    Installing starts. If the above message is displayed correctly, type 'Y', otherwise type 'N'.

  7. 試用許諾契約を確認し、同意する場合は「yes」を入力して、Enterキーを押します。

    画面をスクロールする場合は、SpaceまたはEnterキーを押します。

  8. インストール識別子を入力し、Enterキーを押します。

    初期値は「cbgrn」です。変更する場合はインストール識別子を入力し、Enterキーを押します。
    インストール識別子は、GaroonにアクセスするURLに使用されます。

    製品で使用するインストール識別子を入力してください。
    
    使用できる文字は「a-z, A-Z, 0-9, _」です。先頭の文字に、数字は使用できません。
    インストール識別子は10文字以内で入力してください。
    [cbgrn]:
    

  9. 使用するMySQLを選択します。「1」を選択して、Enterキーを押します。

    インストーラーに同梱されているMySQL Community Server(GPL)を自動的にインストールする(推奨)か、サーバーにインストール済みのMySQLを使用するかを選択します。  
    1: 同梱のMySQL Community Server(GPL)を自動的にインストールする  
    2: サーバーにインストール済みのMySQLを使用する  
    [1|2]:

  10. Garoonのプログラムとデータのインストールディレクトリーを確認し、Enterキーを押します。

    インストールディレクトリーを変更する場合、ディレクトリーを絶対パスで入力し、Enterキーを押します。

    プログラムファイルのディレクトリーを指定してください。  
    データサイズが大きくなるため、ディスク空き容量に注意してください。  
    [/usr/local/cybozu]

  11. データベース管理ユーザーのパスワードを入力し、Enterキーを押します。

    データベース管理ユーザー(cbroot)のパスワードを入力してください。
    使用できる文字は「a-z, A-Z, 0-9, _」です。
    パスワードは6文字以上、10文字以内で入力してください。
    
    Enter Password:
    

  12. データベース接続ユーザーのパスワードを入力し、Enterキーを押します。

    データベース接続ユーザーのパスワードを入力してください。
    使用できる文字は「a-z, A-Z, 0-9, _」です。
    パスワードは6文字以上、10文字以内で入力してください。
    
    Enter Password:
    

  13. Administratorのパスワードを入力し、Enterキーを押します。

    「Administrator」のパスワードを入力してください。  
    Enter Password:
    • パスワードは、6文字以上10文字以下の半角で入力してください。
    • パスワードに使用できる文字列は、次のとおりです。
      • a-z
      • A-Z
      • 0-9
      • _
    • <、>、|、&は、パスワードに使用できません。環境によって、ほかの記号も使えない場合があります。

  14. WebサーバーのCGIディレクトリーを確認し、Enterキーを押します。

    CGIディレクトリーを変更する場合は、ディレクトリーを絶対パスで入力し、Enterキーを押します。

    CGIディレクトリーを設定します。  
    インストール先は「(CGIディレクトリ)/cbgrn」です。  
    例:/var/www/cgi-bin/cbgrn  
    [/var/www/cgi-bin]  

  15. Webサーバーのドキュメントルートディレクトリーを確認し、Enterキーを押します。

    ドキュメントルートディレクトリーを変更する場合は、ディレクトリーを絶対パスで入力し、Enterキーを押します。

    ドキュメントルートを指定してください。  
    インストール先は「(ドキュメントルート)/cbgrn」です。  
    例:/var/www/html/cbgrn  
    [/var/www/html]

  16. Webサーバーの実行ユーザー名を確認し、Enterキーを押します。

    Webサーバーの実行ユーザー名が異なる場合、正しい実行ユーザー名を入力し、Enterキーを押します。

    Webサーバーの実行ユーザー名を設定します。  
    [apache]:

    「nobody」と表示された場合は、Webサーバーサービスが起動していません。CtrlキーとCキーを押して、インストールを中断します。Webサーバーサービスを起動してから、再度インストーラーを実行します。

  17. インストールするデータを選択し、Enterキーを押します。

    手順6で「Y」を入力し、表示言語が日本語の場合のみ、インストールするデータを選択できます。手順6で「N」を入力した場合、このメッセージは表示されません。

    ガルーンにインストールするデータを選択してください。何もインストールしない場合は「なし」を選択してください。
    1: 標準
       日本の祝日や申請フォームなどの標準的なデータをインストールします。
    2: なし
    [1|2]:
    

    標準データには、祝日やサンプルの申請フォームなどのデータが登録されています。Garoonにユーザーを新規で登録して使用する場合は、標準データのインストールを推奨します。
    標準データは、あとからインストールすることもできます。詳細は、Linux環境で初期化する方法を参照してください。

  18. 表示された内容を確認し、正しければ「yes」を入力してEnterキーを押します。

    インストールが始まります。

    Summary of install configuration
    プログラムファイルのインストール先:	/usr/local/cybozu
    データベース管理ユーザー:	cbroot
    データベース管理ユーザーのパスワード:	cybozu
    「Administrator」のパスワード:	cybozu
    データベース接続ユーザーのパスワード:	cybozu
    データのインストール:	標準データ
    インストール識別子:	cbgrn
    Webサーバーの実行ユーザー:	apache
    CGIプログラムのインストール先:	/var/www/cgi-bin/cbgrn
    画像ファイルのインストール先:	/var/www/html/cbgrn
    MySQLとの通信に使用するポート番号:	3770
    スケジューリングサービス起動スクリプト:	/etc/rc.d/init.d/cyss_cbgrn
    製品の削除スクリプト:	/var/www/cgi-bin/cbgrn/uninstall_cbgrn
    MySQL起動スクリプト:	/etc/rc.d/init.d/cyde_5_0
    MySQL削除スクリプト:	/usr/local/cybozu/mysql-5.0/uninstall_cyde_5_0
    
    上記の設定でインストールします。よろしいですか?
    [yes or no]:
    

  19. インストールが正常に終了したことを確認します。

    Installing MySQL...
    Installing CGI...
    installing DB Script....
    Installing Cybozu Scheduling Service...
    Installing Web files...
    Copying license files...
    Installing uninstall scripts...
    DataBase Initialization...
    done.
    
    インストールが正常に終了しました。
    Webブラウザーを起動し、次のURLにアクセスしてください。
    
    http://(サーバーのFQDN、またはIPアドレス)/(CGIディレクトリの仮想パス)/cbgrn/grn.cgi
    
    例)http://webserver.cybozu.co.jp/cgi-bin/cbgrn/grn.cgi
    例)http://10.10.203.55/cgi-bin/cbgrn/grn.cgi
    

    インストール中に次の警告が表示されることがありますが、インストールは正常に完了しています。対応は必要ありません。
    Warning: Using a password on the command line interface can be insecure.

  20. Garoonの初期設定を設定します。

    詳細は、インストール後に行う作業を参照してください。

Linux環境で初期化する

サンプルデータや試用期間中に登録したデータなどを削除する場合にGaroonを初期化します。
GaroonのAdministratorのパスワードと、データベース接続ユーザーのパスワードを設定し、Garoonを初期化します。

操作手順:
  1. コマンドラインを起動し、スケジューリングサービスを停止します。

    [root@garoon admin]# /etc/init.d/cyss_cbgrn stop

  2. 次のディレクトリーに移動します。

    (CGIディレクトリー)/(インストール識別子)

    例:

    cd /var/www/cgi-bin/cbgrn

  3. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

    • 入力例

      ./grn.cgi -C -q code/command/grn_initialize.csp db_admin_password='cybozu' db_user_password='cybozu' garoon_admin_password='cybozu' default_timezone='Asia/Tokyo' default_locale='ja' init_data='1'
    • パラメーター

      db_admin_password データベース管理ユーザーのパスワードを入力します。
      db_user_password データベース接続ユーザーのパスワードを入力します。
      garoon_admin_password Administratorのパスワードを入力します。
      default_timezone タイムゾーンの情報を入力します。
      default_locale ロケールの情報です。利用する言語を選択します。
      ja:日本語
      en:英語
      zh:中国語
      init_data データをインストールするかどうかを指定します。
      • 1:標準データをインストールする
      • 0:何もインストールしない
      標準データには、祝日やサンプルの申請フォームなどのデータが登録されています。

  4. 「y」を入力し、Enterキーを押します。

    Do you really initialize Garoon? (y/[n]) :

    「n」を入力し、Enterキーを押すと、初期化が中止されます。

  5. 初期化が正常に終了したことを確認します。

    Done in 18 minutes 18 seconds.

  6. スケジューリングサービスを起動します。

    [root@garoon admin]# /etc/init.d/cyss_cbgrn start