メッセージの検索仕様

メッセージの検索仕様について説明します。
次のメッセージは検索できません。
  • 下書きのメッセージ
  • ごみ箱のメッセージ

システム管理画面で検索できる項目

システム管理画面で、検索ボックスにキーワードを入力して検索できる項目は、次のとおりです。
メッセージ
検索項目 備考
標題  
本文  
コメント  
差出人  
宛先  

ユーザー画面で検索できる項目

複数のキーワードを半角または全角のスペースで区切ると、AND検索ができます。
ユーザー画面で、検索ボックスにキーワードを入力して検索できる項目は、次のとおりです。
メッセージ
検索項目 備考
標題  
本文  
差出人  
宛先  
コメント  

検索項目に「差出人」を指定する場合の注意

メッセージの送信時と送信後で差出人のユーザー名が変更されている場合、検索するタイミングによっては、変更前と変更後の両方の差出人名が検索結果に表示されます。

例: 次のような手順の場合に現象が発生します。
  1. Message1を「小島さとみ」さんが送信する。
  2. Message2を「小島健吾」さんが送信する。
  3. Message3を「児島博」さんが送信する。
  4. 「小島さとみ」さんのユーザー名が「児島さとみ」に変更される。
  5. 検索項目を「差出人」に指定し、「小島」でメッセージを検索する。
    操作結果:
    検索結果に、Message1とMessage2が表示される。

検索に使用できるオプション

「検索結果」画面では、次のオプションを使用して、検索対象を絞り込んで検索できます。
  • 検索文字列:
    検索するキーワードを入力します。
  • 検索フォルダー:
    検索するフォルダーを選択します。
  • サブフォルダー:
    サブフォルダーも検索する場合に選択します。
  • 検索期間:
    指定した期間内に更新されたデータを検索します。
  • 検索項目:
    検索する項目を選択します。項目は複数選択できます。
    • 標題
    • 本文
    • 差出人
    • 宛先
    • コメント