申請フォームや区切り線の削除

申請フォームや区切り線を削除します。
申請フォームを削除しても、提出済みの申請データおよび下書きの申請データは削除されません。ただし、次の機能が使用できなくなります。
  • 申請データの再利用
  • 下書きの申請データの変更
  • 下書きからの申請データの提出
削除した申請フォームを使用している申請データは、削除する前のカテゴリーに残ります。
「申請データの管理」画面では、削除された申請フォーム名の後ろに[削除]と表示されます。
削除した申請フォーム名が赤枠で囲まれた画像
注意
  • 削除した申請フォームは元に戻せません。

1件ずつ申請フォームを削除する

1件ずつ申請フォームを削除します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ワークフロー]をクリックします。
  5. [申請フォームの一覧]をクリックします。
  6. 「申請フォームの一覧」画面で、カテゴリーを選択し、削除する申請フォームの申請フォーム名をクリックします。
  7. 「申請フォームの詳細」画面で、「申請フォーム情報」の[削除する]をクリックします。
    削除する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  8. 「申請フォームの削除」画面で、[はい]をクリックします。

複数の申請フォームや区切り線をまとめて削除する

カテゴリーごとに、削除する申請フォームや区切り線を選択して、まとめて削除します。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ワークフロー]をクリックします。
  5. [申請フォームの一覧]をクリックします。
  6. 「申請フォームの一覧」画面で、カテゴリーを選択します。
  7. 削除する申請フォームや区切り線のチェックボックスを選択し、[削除する]をクリックします。
    削除するボタンが赤枠で囲まれた画像
  8. 「申請フォーム/区切り線の一括削除」画面で、[はい]をクリックします。

カテゴリー内の申請フォームや区切り線をすべて削除する

カテゴリー内の申請フォームや区切り線をすべて削除します。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ワークフロー]をクリックします。
  5. [申請フォームの一覧]をクリックします。
  6. 「申請フォームの一覧」画面で、カテゴリーを選択し、[カテゴリー内の全申請フォームを削除する]をクリックします。
    カテゴリー内の全申請フォームを削除する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 「カテゴリー内の全申請フォームの削除」画面で、[はい]をクリックします。