メールの一般設定

メールの「一般設定」画面では、メールの基本的な機能を設定します。

共通設定

「一般設定」画面の「共通設定」で設定することを説明します。
「共通設定」では、ログイン時の新着メールチェックや、メールの自動受信に関する設定など、全ユーザーに共通する設定をします。

メールクライアント機能を停止する

Garoonをメールクライアントとして使用しない場合は、クライアント機能を停止することができます。
メールサーバーのメンテナンス時など、一時的にメールの送受信を停止する場合に便利です。
メールクライアント機能を停止しても、受信済みのメールは閲覧できます。
メールクライアント機能を停止すると、次の機能が使えなくなります。
  • メールの送受信
  • 新着メールのチェック
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「共通設定」の「メールクライアント機能の停止」項目で、「設定する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

ログイン時の新着メールチェックを設定する

新着メールチェックは、メールサーバーが受信したメールを確認し、新着メールの件数を「メール」画面や「新着メール情報」ポートレットに表示する機能です。
ユーザーがGaroonにログインしたときに、新着メールを確認するかどうかを設定します。
新着メール情報ポートレットの画面例
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「共通設定」の「ログイン時の新着メールチェック」項目で、「設定する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。
補足
  • Garoonが新着メールチェックで確認したメールを閲覧するには、ユーザーが「メール」画面で[受信]または[一括受信]をクリックする必要があります。
    詳細は、メールの受信を参照してください。

メールの自動受信を設定する

指定した時刻、または指定した時間ごとに、メールを自動受信します。
メールの自動受信中は、Garoonの負荷が高くなります。深夜や早朝など、Garoonへのアクセスが少ない時間帯にメールを自動受信しておくと、アクセスが集中する時間帯にサーバーに掛かる負荷を軽減できます。

1人のユーザーが複数のメールアカウントを使用している場合は、ユーザーの「メール」画面に最初に表示されるアカウントのメールだけが自動受信されます。
複数のアカウントを使用しているユーザーの画面例

a) :最初に表示されるメールアカウント

指定した時刻にメールを自動受信する

自動受信の時間を設定すると、毎日指定した時刻にメールを自動受信することができます。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「共通設定」の「メールの自動受信」項目で、「設定する」を選択します。
  7. 「自動受信の指定時間」項目で、自動受信の時間を設定します。
    [時間を追加する]をクリックすると、自動受信する時間を複数設定できます。
    自動受信の指定時間を設定している画像
  8. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

指定した間隔でメールを自動受信する

繰り返し受信する時間を設定すると、指定した間隔で定期的にメールを自動で受信することができます。
「一般設定」画面で設定した内容がGaroonに保存されてから、繰り返し時間に指定した時間が経過すると、1回目の自動受信が実行されます。
  • 設定:
    自動受信の繰り返し時間:12時間
    設定が保存された日時:11月22日12時34分
  • メールが自動受信される日時:
    1回目:11月23日0時34分
    2回目:11月23日12時34分
    3回目以降:前回実行した時刻の12時間後に実行
メールの自動受信には、自動受信を設定した管理者のタイムゾーンが適用されます。管理者が、サマータイムを設定しているタイムゾーンを使用している場合は、サマータイムの時刻でメールを自動受信します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「共通設定」の「メールの自動受信」項目で、「設定する」を選択します。
    「自動受信の繰り返し時間」項目で、繰り返し時間を設定します。
    繰り返し時間に設定できる時間は、次のとおりです。
    • (指定なし)
      自動受信の繰り返しを停止する場合は、「(指定なし)」を設定します。
    • 1時間
    • 3時間
    • 6時間
    • 12時間
    • 24時間
    自動受信の繰り返し時間を設定している画像
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。
補足
  • 指定時間と繰り返し時間を両方設定している場合は、両方とも有効です。
  • メールの振り分けや通知などの設定は、自動的に受信したメールに対しても有効です。
  • 受信メールのサイズ制限を超えるメールは自動受信できません。
  • メールの自動受信では、1アカウントあたり一度に500MBまで受信できます。

インクリメンタルサーチを利用する

メールアドレスのインクリメンタルサーチを利用するかどうかを設定します。
インクリメンタルサーチとは、1文字入力するごとに逐次検索が実行され、検索対象をすばやく見つけられる機能です。
初期値は「利用する」に設定されています。
インクリメンタルサーチ(逐次検索)については、メールのインクリメンタルサーチ(逐次検索)の仕様を参照してください。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. 「一般設定」画面の「共通設定」の「インクリメンタルサーチ」項目で、「利用する」を選択します。
  6. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

HTMLメール内の画像参照を許可する

HTMLメールに画像のリンクが挿入されている場合に、リンク先の参照を許可するかどうかを設定します。
画像の参照を許可しない場合は、HTMLメールの詳細画面で、リンク先の画像や[画像を表示する]が表示されません。
画像参照が許可されている場合の画面例:
画像参照が許可されているユーザー画面の例
画像参照が許可されていない場合の画面例:
画像参照が許可されていないユーザー画面の例
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「共通設定」の「HTML メール内の画像参照」項目で、「許可する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

HTMLメールの初期表示をテキスト形式にする

ユーザーが「HTMLメールの詳細」画面を表示した場合に、HTMLメールの表示を無効にし、テキストのみで表示するかどうかを設定することができます。
「テキストのみ表示する」設定にすると、ユーザーの「メールの詳細」画面には、[HTML形式で表示する]のリンクが表示されます。リンクをクリックすると、別ウィンドウにHTML形式でメールの内容が表示されます。
HTMLメール内に画像ファイルが挿入されている場合は、画像も別ウィンドウに表示されます。
テキスト形式でHTMLメールを表示している画像
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「共通設定」の「HTMLメールの初期表示」項目で、「テキストのみ表示する」のチェックボックスを選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。
補足
  • HTMLメール内に画像ファイルが挿入されている場合、[HTML形式で表示する]をクリックしても、表示された別ウィンドウには、[画像を表示する]のリンクは表示されません。
  • HTMLメールをテキストだけで表示していた場合、そのメールへの返信、または転送メールもテキスト形式のメールになります。

送受信記録機能を許可する

送受信記録機能の使用を許可するかどうかを設定します。送受信履歴とは、特定のメールアドレスの対応履歴を確認できる機能です。
使用を許可すると、ユーザーは「送受信記録の表示」画面で、差出人ごとに送受信したメールや送信日時などを確認できます。
送受信記録機能の使用が許可されている場合
送受信記録の表示画面へのリンクアイコンが表示されている画面

a) :送受信記録を表示のアイコン差出人のリンク、または、送受信記録を表示のアイコン宛先のリンクをクリックすると、「送受信記録の表示」画面が表示されます。

「送受信記録の表示」画面
送受信記録機能の使用が許可されていない場合
送受信記録の表示画面へのリンクアイコンが表示されていない画面

b) :差出人、または宛先のリンクが操作できない状態になります。アイコンも表示されません。

操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「共通設定」の「送受信記録機能」項目で、「許可する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

ユーザーが変更可能な設定

「一般設定」画面の「ユーザーが変更可能な設定」で設定することを説明します。
「ユーザーが変更可能な設定」では、新着メールチェック機能の使用可否や、メールの自動転送の使用可否など、ユーザーに変更を許可する項目を設定します。

メールアカウントの操作を許可する

ユーザーにメールアカウントの追加、変更、および削除を許可するかどうかを設定します。
許可すると、ユーザーは「個人設定」画面で、メールアカウントの追加や変更などができます。
メールアカウントの追加、変更、および削除が許可されている場合の画面例:
メールアカウントの操作が全て許可されているユーザーの画像
メールアカウントの変更のみが許可されている場合の画面例:
メールアカウントの操作のみ許可されているユーザーの画像
メールアカウントの追加、変更、および削除が禁止されている場合の画面例:
メールアカウントの操作が全て禁止されているユーザーの画像
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「ユーザーが変更可能な設定」項目で、「許可する」を選択し、ユーザーに許可する操作を設定します。
    メールアカウントの操作を許可している画像
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

受信メールサーバーにメールを残す

受信メールサーバーにメールを残す設定の変更を許可するかどうかを設定します。
変更を許可すると、ユーザーは個人設定で、受信メールサーバーにメールを残すかどうかを設定できます。
補足
  • 受信メールサーバーにメールを残さない場合、ユーザーがメールを受信すると、メールサーバーからメールが削除されます。ほかのメールクライアントを併用している場合は、Garoonで受信したメールをほかのメールクライアントで受信できなくなります。
    受信メールにIMAPサーバーを使用している場合は、受信メールサーバーにメールを残す設定を推奨します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「受信メールサーバーにメールを残す」項目で、「許可する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

新着メールチェック機能の使用を許可する

ユーザーに、新着メールチェック機能の使用を許可するかどうかを設定します。
使用を許可すると、ユーザーは個人設定で、「新着メール情報」ポートレットで新着メールの件数をチェックする間隔を変更できます。
新着メールチェック機能の使用が許可されている場合の画面例:
新着メールチェック機能の使用が許可されているユーザーの画像
新着メールチェック機能の使用が許可されていない場合の画面例:
新着メールチェック機能の使用が許可されていないユーザーの画像
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「新着メールチェック機能」項目で、「許可する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

一括メール受信機能を設定する

1人のユーザーに複数のメールアカウントが設定されている場合に、メールの一括受信を許可するかどうかを設定します。
一括受信が許可されている場合の画面例:
ユーザーのメール画面に[一括受信]が表示されます。
[一括受信]をクリックすると、使用中のすべてのメールアカウントのメールが一括で受信されます。
一括受信が許可されている場合の画面例:
ユーザーのメール画面に[一括受信]が表示されます。
[一括受信]をクリックすると、使用中のすべてのメールアカウントのメールが一括で受信されます。
一括受信の操作リンクが表示されているユーザーの画像
一括受信が許可されていない場合の画面例:
一括受信の操作リンクが表示されていないユーザーの画像
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「一括メール受信機能」項目で、「許可する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

HTMLメール送信機能の使用を許可する

HTMLメール送信機能の使用を許可するかどうかを設定します。
許可すると、ユーザーは、書式編集を使用してHTMLメールを作成し、送信できます。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「HTML メール送信機能」項目で、「許可する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

メールの自動転送を許可する

メールの自動転送を許可するかどうかを設定します。
自動転送を利用すると、Garoonで受信したメールが、転送先のメールアドレスに自動的に転送されます。
転送先のメールアドレスは、ユーザーの「個人設定」画面で設定します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「メールの自動転送」項目で、「許可する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。
補足
  • 転送されたメールの送信元と、ユーザーが自動転送設定で指定した転送先のメールアドレスが一致する場合、そのメールは転送されません。

開封確認機能の使用を許可する

開封確認の使用を許可するかどうかを設定します。
開封確認は、宛先のユーザーがメールを開封したことを、送信者にメールで自動的に通知する機能です。
開封確認を使用すると、送信先がメールを読んだかどうかを確認できます。
ただし、宛先のユーザーが開封確認の通知を承諾しないと、開封確認メールは送信されません。
メールの送信者が受信した開封確認が設定されたメールの画面例:
開封確認メールが届いたユーザーの画像
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「開封確認機能」項目で、「許可する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

ステータス管理機能の使用を許可する

ステータス管理機能の使用を許可するかどうかを設定します。
ステータス管理機能は、メールにステータスを設定し、メールの処理状況を管理する機能です。
ステータス管理機能の使用を許可すると、ユーザーは次のステータスを設定できます。
  • 未設定
  • 未処理
  • 要送信
  • 処理済
  • 保留
  • 送信待ち
ステータス管理機能の使用が許可されている場合の画面例:
ステータスが表示されているユーザーの画像
ステータス管理機能の使用が許可されていない場合の画面例:
ステータス機能がないユーザーの画像
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「ステータス管理機能」項目で、「許可する」を選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

メールのプレビュー表示の使用可否を設定する

ユーザーに利用を許可する「メール」画面の構成を選択します。
2ペインと3ペインの両方の画面構成を利用する設定にした場合、ユーザーは「メール」画面の[オプション]で、プレビューの表示または非表示を選択できます。
2ペイン(プレビュー非表示)
「メール」画面に、フォルダーと、フォルダー内のメールの一覧が表示されます。
メールの標題の左横に表示されている「+」をクリックすると、メールの本文が表示されます。
プレビュー非表示を利用している画像
3ペイン(プレビュー表示)
ユーザーの「メール」画面に、フォルダー、フォルダー内のメールの一覧、および選択したメールのプレビューが表示されます。
プレビュー表示を利用している画像
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「メール画面の設定」項目で、表示する「メール」画面の構成を選択します。
    プレビュー表示を利用している画像
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。