サーバー環境の確認

メールワイズ 5が動作している環境(Webサーバーの設定)を確認します。
テクニカルサポートへの問い合わせ時など、サーバーの環境を確認する場合は、この手順で確認します。
「実行環境の診断」画面で次の欄を確認すると、各ディレクトリの場所がわかります。

  • 「Dir」欄:インストールディレクトリ
  • 「UserDir」欄:データディレクトリ
  • 「DocumentRoot」欄:ドキュメントルートディレクトリ
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車アイコンをクリックします。

  2. [システム設定]をクリックします。 画面キャプチャー:ヘッダー

    システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

  3. 左ペインで、 全般をクリックします。

  4. 「環境設定」セクションの 実行環境の診断をクリックします。

  5. メールワイズ 5の実行環境を確認します。

表示項目
パラメータ 説明
GATEWAY_INTERFACE お使いのWebサーバーのCGIのバージョン番号が表示されます。
SERVER_NAME Webサーバーのホスト名またはIPアドレスです。
SERVER_PORT Webサーバーが使用しているTCP/IPのポート番号です。
SERVER_PROTOCOL Webサーバーが使用しているプロトコルの名前とバージョンです。
SERVER_SOFTWARE Webサーバーのソフトウェア名とバージョン番号です。
HTTP_USER_AGENT 現在、メールワイズ 5へのアクセスに使用しているWebブラウザーです。
ServerOS メールワイズ 5をインストールしているサーバーのOSです。
DocumentRoot Webサーバーのドキュメントルートです。
Dir サーバー上での実行ディレクトリ(CGIディレクトリ)への絶対パスです。
UserDir サーバー上でのデータディレクトリへの絶対パスです。
DiskFreeSpace メールワイズ 5をインストールしているサーバーのディスクの空き容量です。
注意が必要な診断項目
  • SERVER_NAME:
    SERVER_NAMEの値に、メールワイズ 5をインストールしているサーバーのホスト名、またはIPアドレスと異なる値が入っていると、エラーが発生する恐れがあります。SERVER_NAMEの値に正しい値が表示されていることを確認してください。
  • Linux版のApacheを使用している場合の注意:
    Linux版のApacheは、httpd.confでSERVER_NAMEを明示的に指定する仕様になっています。
    メールワイズ 5を利用する際は、httpd.confを編集して正しいSERVER_NAMEを設定し、Apacheを再起動してください。すでに正しい値が設定されている場合は特に必要な操作はありません。
  • Dir:
    Dirの値は、メールワイズ 5の実行ファイル(Windows版:mw.exe、Linux版:mw.cgi)が存在するディレクトリと一致している必要があります。
    CERNなど一部のWebサーバーでは、正しいDirの値が把握できないため、誤動作する恐れがあります。
  • DiskFreeSpace:
    DiskFreeSpaceの値が10MBを切ると、安全のためメールワイズ 5が動作しなくなります。