ログの確認

ログの保存期間は、初期値では「90日」に設定されています。
ログの保存期間は必要に応じて、設定ファイル(common.ini)で変更できます。
詳細は、ログの保存期間の変更を参照してください。
ログの詳細は、保存期間内であれば「ログ一覧」画面で確認できますが、保存期間を過ぎたものはアーカイブでのみ確認できます。
  • 90日以内に出力されたログ:
    「ログ一覧」画面で確認します。
  • 90日より前に出力されたログ:
    アーカイブをダウンロードして確認します。

90日以内に出力されたログを確認する

「ログ一覧」画面でログを確認します。
注意
  • この操作は、Garoonを運用するサーバーに高い負荷をかける場合があります。Garoonにアクセスするユーザーが少ない時間帯に実行することを推奨します。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [ロギング]をクリックします。
  5. [ログ一覧]をクリックします。
  6. 「ログ一覧」画面で、ログの内容をクリックします。
    カテゴリーと深刻度でログを絞り込めます。
    ログの内容のリンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 「ログの詳細」画面で、ログの詳細を確認します。
    [操作] 対象 (ログの内容)
    • 操作:
      ユーザーが行った操作です。[create](登録)、[delete](削除)、[modify](変更)、[browse](閲覧)などがあります。
    • 対象:
      監査対象のアプリケーション名やモジュール名などが表示されます。
    • ログの内容:
      操作を行ったユーザーや、ログの対象となったデータなどが、「プロパティー:値」の形式で記述されます。値と値の間は、「,」(カンマ)とスペースで区切られています。
      ログの内容の詳細については、ログの出力仕様の一覧を参照してください。
    ログの詳細画面の画像

90日前より前に出力されたログを確認する

90日より前に出力されたログは、アーカイブをダウンロードして確認します。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [ロギング]をクリックします。
  5. [ログ一覧]をクリックします。
  6. 「ログ一覧」画面で、[アーカイブの一覧を表示する]をクリックします。
    アーカイブの一覧を表示する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 「ログのアーカイブ一覧」画面で、アーカイブ名をクリックし、アーカイブをダウンロードします。
    アーカイブ名は、アーカイブ内の最も新しいログの出力日です。
    アーカイブについての詳細は、アーカイブの設定を参照してください。
    ログのアーカイブ一覧画面の画像