ログの設定

ログの出力条件を設定します。
ログの深刻度の種類
Garoonの処理にはログの深刻度が設定されています。深刻度ごとにログに出力するかどうかを設定できます。
Garoonのログの深刻度の種類は、次のとおりです。
深刻度 説明
エラー 主に、Garoonの「エラー」画面が表示されると出力されます。
警告 主に、Garoonの「エラー」画面には表示されないエラーが発生すると出力されます。
例:
予定のメール転送の失敗時、電話メモのメール転送の失敗時
重要情報 主に、Garoonのデータが更新されると出力されます。
ログインやログアウトなども、重要情報としてログが出力されます。
一般情報 主に、データが参照されると出力されます。
例:
掲示の閲覧、ファイルのダウンロード
注意
  • DB分割構成のGaroonでログを保存するには、出力先に「データベースログ」を指定します。
    「データベースログ」以外の出力先を指定すると、システムログが複数のサーバーに保存され、ログの整合性が取れなくなります。
補足
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [ロギング]をクリックします。
  5. [ログ一覧]をクリックします。
  6. 「ログ一覧」画面で、[ログを設定する]をクリックします。
    ログを設定するリンクが赤枠で囲ま れている画像
  7. 「ログの設定- Step 1/2」画面で、ログを出力するカテゴリーを選択し、[次へ]をクリックします。
    カテゴリーを選択している画像
  8. 「ログの設定- Step 2/2」画面で、深刻度ごとに必要な項目を設定します。
    設定項目は、次のとおりです。
    • ログ:
      ログを出力するかどうかを選択します。
    • 出力先:
      ログの出力先を選択します。選択できる出力先は、次のとおりです。
      • 両方(データベースログ/システムログ)
      • データベースログ
        Garoonのデータベースにログが出力されます。データをバックアップすると、データベースログもバックアッ プされます。「ログ一覧」画面にログを表示するには、データベースログを保存します。
      • システムログ
        サーバーのOSのログにGaroonのログが出力されます。
        • Windows環境の場合:
          「イベントビューア」の「Windows ログ」にイベントとして出力されます。
          Windowsの「管理ツール」から、「イベントビューア」> 「Windows ログ」> 「アプリケーション」を選択すると、ログが表示されます。
          Garoonのログの深刻度は、Windowsのイベントレベルに対応しています。
          Garoonのログの深刻度 Windowsのイベントレベル
          エラー エラー
          警告 警告
          重要情報 情報
          一般情報 情報
        • Linux環境の場合:
          初期設定では次のディレクトリーにログが出力されます。
          /var/log/messages
          Garoonのログの種類(facility)はdaemonです。
          Garoonのログの深刻度は、Linuxのログのpriorityに対応しています。
          Garoonのログの深刻度 Linuxのpriority
          エラー info
          警告 info
          重要情報 info
          一般情報 info
    ログの設定画面の画像
  9. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。