ファイルの一般設定

ファイルの「一般設定」画面では、各アプリケーションに共通するファイルの設定を行います。

ファイルのサイズ制限を設定する

Garoonにアップロードを許可する、1ファイルあたりのサイズを制限します。
次のアプリケーションや機能に適用されます。
  • スペース
  • スケジュール
  • メッセージ
  • 掲示板
  • ファイル管理
  • メモ
  • アドレス帳
  • ワークフロー
  • マルチレポート
  • アプリケーションメニュー:
    アプリケーションメニューのアイコンに使用する画像ファイルにも、このサイズ制限が適用されます。
    詳細は、アプリケーションメニューの設定を参照してください。
  • ユーザー情報
注意
  • メールに添付できるファイルのサイズは、メールサイズの設定によって異なります。
    詳細は、メールサイズの制限の設定を参照してください。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「ファイルのサイズ制限」項目で、1ファイルあたりのサイズの制限値を選択します。
    選択できるファイルサイズの制限値は、次のとおりです。
    • 512KB
    • 1MB
    • 3MB
    • 5MB
    • 10MB
    • 50MB
    • 100MB
    • 1024MB
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

バージョン管理の上限値を設定する

ファイルをバージョン管理する世代数の上限値を設定します。
バージョン管理とは
バージョン管理は、現在から指定する時点までの更新ファイルを保持する機能です。
更新したファイルが壊れていた場合や、誤ったファイルで更新した場合に、指定する過去のバージョンのファイルと置き換えることができるため、操作ミスによるファイルの紛失を防げます。
バージョン管理で保持するファイルは、世代単位で設定します。実際に設定する世代数は、各ユーザーがファイルを登録する際に設定します。
たとえば、バージョン管理を2世代にすると、「現在 / 現在から1つ前 / 現在から2つ前」の更新ファイルを保持できます。
新たにファイルが更新されると、指定した世代を超える古いファイルは削除されます。
バージョン管理の設定欄が赤枠で囲まれた画像
バージョン管理機能が有効な場合に操作できること
  • 保持している過去のファイルのダウンロード
  • 保持している過去のファイルを、最新のファイルとして更新
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「バージョン管理の上限値」項目で、バージョン管理する世代数を選択します。
    選択できる世代数は、次のとおりです。
    • しない
    • 1~10
    • 無制限
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

ロック機能を有効にする

ファイルのロック機能を有効にするかどうかを設定します。
ロック機能とは
ロック機能は、ファイルの編集中にほかのユーザーが同時に編集できないよう、一時的に編集権限をファイルの編集者のみに制限する機能です。
ほかのユーザーが作業中のファイルを表示すると、画面に「このファイルは(編集中のユーザー名)さんが編集中です。」と表示されます。
ほかのユーザーは、ロックが解除されるまで次の操作ができません。
  • ファイル情報の変更
  • ファイルの更新、移動、および削除
ロック中のファイルの表示例

a):ロック中は[ファイルを更新する]がグレーアウトしてクリックできません。

b):ファイルを編集中のユーザー名が表示されます。

操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「ロック機能」項目で、「使用する」のチェックボックスを選択します。
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

ロックをかける期間を設定する

編集中のファイルにロックをかける期間を設定します。この設定は、ロック機能が有効な場合に適用されます。
ロックをかける期間が過ぎると、自動的にロックは解除されます。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [ファイル]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「ロックをかける期間」項目で、編集中のファイルにロックをかける期間を選択します。
    選択できる期間は、次のとおりです。
    • 30分
    • 1時間
    • 3時間
    • 5時間
    • 1日
    • 無制限
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。