外部からの利用設定

ユーザーが外出先からGaroonにアクセスする際に、利用を許可するアプリケーションを制限できます。
利用を許可されていないアプリケーションに、外出先からアクセスしようとすると、ユーザーの画面に利用を許可されていないアプリケーションは表示されず、利用できません。
注意
  • 外部からGaroonにアクセスできるようにするには、お客様の環境でセキュリティ設定を講じる必要があります。セキュリティ対策やネットワークの構築に不安がある場合は、専門のシステムインテグレーターに相談してください。
外部から利用できるアプリケーションを制限する手順を説明します。
「外部からの利用設定」を設定したあと、外部からの利用を許可するアプリケーションを設定します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [アプリケーション]をクリックします。
  5. [利用ユーザーの設定]をクリックします。
  6. 「利用ユーザーの設定」画面で、「外部からの利用設定」の[詳細]をクリックします。
    詳細リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 「外部からの利用設定の詳細」画面で、[変更]をクリックします。
    変更リンクが赤枠で囲まれた画像
  8. 「外部からの利用設定の変更」画面で、外部からの利用を制限するかどうかを設定します。
    設定項目は、次のとおりです。
    • すべて許可:
      初期値は、「すべて許可」が選択されています。外部からのアクセスであっても、アプリケーションの利用を制限しない場合に選択します。
    • リモートサービス経由からの利用を制限する:
      リモートサービス経由からのアクセスを、外部からのアクセスとみなし、アプリケーションの利用を制限する場合に選択します。  
    • IPアドレスを指定:
      Garoonに登録したIPアドレス以外からのアクセスを外部からのアクセスとみなし、アプリケーションの利用を制限する場合に選択します。
      たとえば外出先からのアクセスであっても、登録済みのIPアドレスからのアクセスは、オフィスからのアクセスとしてみなされます。
      IPアドレスは500個まで登録できます。
      IPv4アドレスとIPv6アドレスの両方に対応しています。
      CIDR表記を利用すると、複数のIPアドレスを範囲指定することができます。
      IPアドレスを設定している画像

      a):複数のIPアドレスを登録する場合は、追加の[+]をクリックして、入力欄を増やします。

      b):チェックボックスを選択して、[上へ]または[下へ]のボタンをクリックすると、順番を変更することができます。

  9. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。
    続いて、外部からの利用を許可するアプリケーションを設定します。
  10. [利用ユーザーの設定]をクリックし、外部からの利用を許可するアプリケーションを設定します。
    • 対象を追加する場合:
      1. 「利用ユーザーの設定」画面で、[追加する]をクリックします。
        追加するリンクが赤枠で囲まれた画像
      2. 「対象の追加」画面で、設定対象の組織、ユーザー、またはロールを選択し[追加]をクリックします。
        設定対象の組織、ユーザー、またはロールを選択している画像
      3. 「外部からの利用を許可」欄で、外部からの利用を許可するアプリケーションのチェックボックスを選択します。
        「利用を許可」欄でチェックボックスを選択していないアプリケーションは選択できません。
        外部からの利用を許可するアプリケーションを設定している画像
      4. 設定内容を確認し、[追加する]をクリックします。
    • 既存の対象の設定を変更する場合:
      1. 「利用ユーザーの設定」画面で、設定を変更する対象の[変更]をクリックします。
         変更リンクが赤枠で囲まれた画像
      2. 「利用を許可するアプリケーションの変更」画面の「外部からの利用を許可」欄で、外部からの利用を許可するアプリケーションのチェックボックスを選択します。
        「利用を許可」欄でチェックボックスを選択していないアプリケーションは選択できません。
         外部からの利用を許可するアプリケーションを選択している画像
      3. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。
  11. 「利用ユーザーの設定」画面の「利用ユーザーの設定状況」の一覧に、設定内容が反映されていることを確認します。
    追加した対象が追加されている画面
    外部からの利用を禁止しているアプリケーションは、次のアイコンが表示されます。
    スペースの例:スペース:外部からの利用禁止
補足
  • 外部からの利用設定を「IPアドレスを指定」から「すべて許可」に変更しても、Garoonに登録済みのIPアドレスは削除されません。再度「IPアドレスを指定」を選択すると、登録済みのIPアドレスを利用できます。

CSVファイルでIPアドレスを管理する

外部からの利用設定に指定するIPアドレスをCSVファイルで管理します。

CSVファイルから読み込む

外部からの利用設定に指定するIPアドレスを、CSVファイルから読み込みます。
CSVファイルの読み込み中にエラーが発生した場合は、読み込みが中止され、途中まで読み込まれた内容は反映されません。
操作手順:
  1. データを読み込むためのCSVファイルを作成します。
    CSVファイルで管理できる項目については、外部からの利用設定に指定するIPアドレスのCSVフォーマットを参照してください。
  2. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  3. [システム設定]をクリックします。
  4. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  5. [アプリケーション]をクリックします。
  6. [利用ユーザーの設定]をクリックします。
  7. 「利用ユーザーの設定」画面で、「外部からの利用設定」の[詳細]をクリックします。
    詳細リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「外部からの利用設定の詳細」画面で、[IPアドレスの読み込み]をクリックします。
  9. 「IPアドレスの読み込み - Step 1/2」画面で、手順1で作成したCSVファイルを選択します。
  10. 読み込むデータに必要な設定をし、[次へ]をクリックします。
    500件まで読み込めます。
    設定項目は、次のとおりです。
    • 文字コード:
      CSVファイルのデータを、選択した文字コードでエンコードします。
      選択できる文字コードは、次のとおりです。
      • ユニコード(UTF-8)
      • 日本語(シフトJIS)
      • ASCII
      • Latin1(ISO-8859-1)
      • 簡体字中国語(GB2312)
      • タイ語(TIS-620)
    • 先頭行をスキップする:
      先頭行に、項目名やコメントなどデータ以外の情報が記述されている場合は、「はい」を選択します。
  11. 「IPアドレスの読み込み - Step 2/2 」画面で、CSVファイルの内容を確認し、[読み込む]をクリックします。

CSVファイルに書き出す

外部からの利用設定に指定しているIPアドレスをCSVファイルに書き出します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [アプリケーション]をクリックします。
  5. [利用ユーザーの設定]をクリックします。
  6. 「利用ユーザーの設定」画面で、「外部からの利用設定」の[詳細]をクリックします。
    詳細リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「外部からの利用設定の詳細」画面で、[IPアドレスの書き出し]をクリックします。
  8. 「IPアドレスの書き出し」画面で、書き出すデータに必要な項目を設定します。
    設定項目は、次のとおりです。
    • 文字コード:
      エンコードに使用する文字コードを選択します。
      選択できる文字コードは次のとおりです。
      • ユニコード(UTF-8)
        必要に応じてBOM付きを選択できます。
      • 日本語(シフトJIS)
      • ASCII
      • Latin1(ISO-8859-1)
      • 簡体字中国語(GB2312)
      • タイ語(TIS-620)
    • 先頭行に項目名を書き出す:
      CSVファイルの先頭行に項目名を書き出す場合は、「はい」を選択します。
  9. 設定内容を確認し、[書き出す]をクリックします。
  10. Webブラウザーのファイル保存機能を使って、ファイルを保存します。