項目のアクセス権の設定

申請者や、申請経路の経路ステップごとに、項目に入力した値の閲覧や変更を許可するかどうかを設定します。
項目のアクセス権は、承認経路に対してのみ設定できます。
アクセス権を設定できる項目タイプ
  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • 日付
  • 数値:
    ただし、次のどちらかの条件に該当する場合は、アクセス権を設定できません。
    • 「数値」項目が経路分岐の項目に指定されている。
    • 「数値」項目が「自動計算」項目に使用され、かつ、その「自動計算」項目が経路分岐の項目に指定されている。
  • ファイル添付:
    必須項目に設定されている場合、編集権限を付与された経路ステップのユーザーは、ファイルを添付する必要があります。ただし、既に1つ以上のファイルが添付されていれば、添付ファイルを追加する必要はありません。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ワークフロー]をクリックします。
  5. [申請フォームの一覧]をクリックします。
  6. 「申請フォームの一覧」画面で、カテゴリーを選択し、項目にアクセス権を設定する申請フォームの申請フォーム名をクリックします。
  7. 「申請フォームの詳細」画面で、「申請フォームの項目一覧」の[項目にアクセス権を設定する]をクリックします。
    承認経路が設定されていない場合は、[項目にアクセス権を設定する]の操作リンクが無効になります。
    項目にアクセス権を設定する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  8. 「項目のアクセス権の設定」画面で、アクセス権を設定する項目の[変更]をクリックします。
    項目のアクセス権の設定画面
  9. 「項目のアクセス権の変更」画面で、経路ステップごとに、付与する権限のチェックボックスを選択し、[変更する]をクリックします。
    項目のアクセス権を変更している画像
  10. プレビュー画面で、項目の表示を確認します。
    詳細は、申請フォームのプレビューを参照してください。
画面によって適用されるアクセス権の違い
異なるアクセス権を設定した複数の経路ステップに同一ユーザーが設定されていた場合、表示する一覧画面によって、そのユーザーに適用されるアクセス権が変わります。
一覧画面 適用されるアクセス権
送信一覧 申請者のアクセス権
結果一覧 申請者のアクセス権

受信一覧

現在の経路までで、最も近い経路ステップのアクセス権
未処理一覧 現在の経路ステップのアクセス権
代理承認一覧 現在の経路ステップのアクセス権
承認予定一覧 所属する承認経路ステップの中で、最終承認に最も近い経路ステップのアクセス権
公開一覧 項目のアクセス権は適用されません。
次のアクセス権を設定している場合を例に説明します。
  • 申請者には、閲覧権限および編集権限が付与されていない。
  • 承認経路の経路ステップには、閲覧権限および編集権限が付与されている。
項目のアクセス権の設定イメージ

a) :「申請者」には、閲覧権限と編集権限が付与されていません。

b) :「経理担当」には、閲覧権限と編集権限が付与されています。

申請者と経路ステップの処理者が同一ユーザーの場合、「送信一覧」および「最新一覧」画面の表示は、次のとおりです。
  • 「送信一覧」画面:
    送信一覧画面
  • 「最新一覧」画面:
    受信一覧画面