処理者の変更

申請データに設定された処理者(承認者、決裁者、確認者)を変更します。
処理者が不在の場合に、ほかのユーザーを処理者に設定できるため、申請の処理が滞ることなく進められます。
ユーザーは、自分が作成した申請データが次の状況になっている場合に、処理者を変更できます。

  • 進行中
  • 決裁
  1. ワークフローをクリックします。

  2. 送信一覧をクリックし、処理者を変更する申請データをクリックします。
    申請データを選択している画像

  3. 経路を変更するをクリックします。
    経路を変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像

    経路を変更する操作リンクが表示されていない場合は、経路変更が許可されていません。
    システム管理者に、ユーザーの権限の変更を依頼してください。
    詳細は、申請後の経路変更の許可を参照してください。

  4. 目的に応じて、次のリンクをクリックします。

    • 承認者または決裁者を変更する場合:
      処理者を変更するをクリックします。
    • 確認者を追加する場合:
      確認者を追加するをクリックします。
    確認者を追加する操作リンクと処理者を変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像

  5. 新しい承認者、決裁者、または確認者を選択し、入力をクリックします。

    処理者を変更する場合、「(省略)」は選択できません。
    確認者を追加する場合の例:
    確認者を追加する画面のイメージ

  6. 必要に応じてコメントを入力し、変更するをクリックします。

    処理者が変更された画面が表示されます。
    処理者が変更されたイメージ

  7. 経路変更履歴をクリックし、変更履歴を確認します。

    経路変更履歴の操作リンクは、処理者が変更された場合のみ表示されます。
    経路変更履歴を表示している画像