Linuxの仮想ディレクトリーについて

サイボウズ Officeの場合を例に、Linuxの仮想ディレクトリーについて説明します。
apacheでの「仮想ディレクトリー」は、Script Alias(CGI実行可能ディレクトリー)として、Apacheの設定ファイル「httpd.conf」で定義されます。

サイボウズ Officeのインストール時、インストーラーは、「インストール識別子の設定」「CGIディレクトリーの設定」でインストールディレクトリーの初期状態を表示します。

(CGI ディレクトリー)/(インストール識別子)がインストールディレクトリーの初期状態です。

インストーラーで初期状態に表示されたディレクトリーとは異なる場所に、サイボウズ Officeをインストールする場合は、そのディレクトリーが「httpd.conf」でScript Aliasに設定されている必要があります。

例:インストールディレクトリーとアクセスURLを、次のように設定する場合

  • インストールディレクトリー : /cgi/cybozu/cbag
  • アクセス URL : http:// サーバー名 /cybozu/cbag/ag.cgi?


「httpd.conf」に、次の内容を追加します。

ScriptAlias /cybozu/ "/cgi/cybozu/"
<Directory "/cgi/cybozu">
AllowOverride None
Options ExecCGI
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>
# ScriptAlias: This controls which directories contein server scripts.
# ScriptAliases are essentially the same as Aliases, except that
# documents in the realname directory are treated as applications and
# run by dhe server when requested rather than as documents sent to the client.
# The same rules about trailing "/" apply to ScriptsAlias directives as to
# Alias.
# ScriptAlias /cgi-bin/ "/var/www/cgi-bin/"
# < Directory "/var/www/cgi-bin">
#    AllowOverride None
#    Options ExecCGI
#    Order allow,deny
# < /Directory>
######################################
ScriptAlias /cybozu/ "/cgi/cybozu/"
<Directory "/cgi/cybozu">
  AllowOverride None
  Options ExecCGI
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>
######################################


設定変更後にApacheを再起動すると、設定内容が反映されます。
上記のように「httpd.conf」のScript Aliasに設定してあるディレクトリーは、インストール時(「インストール識別子の設定」「CGIディレクトリーの設定」)に、インストール先として指定できます。