カレンダーの設定

組織や拠点ごとの稼働日にあわせたカレンダーを設定します。
設定したカレンダーは、ポータルとスケジュールで使用します。

カレンダーの種類

カレンダーの種類は、次のとおりです。
  • 標準のカレンダー:
    Garoonにあらかじめ登録されているカレンダーです。初期設定では、日本の祝日がイベントとして登録されています。
    システム管理者が祝日、就業日、およびメモをイベントとして追加できます。
  • システムカレンダー:
    システム管理者が作成するカレンダーです。組織や拠点ごとに作成するなど、目的に応じて作成できます。
    祝日、就業日、およびメモをイベントとして登録できます。
  • Myカレンダー:
    ユーザーが作成するカレンダーです。作成したユーザーだけが使用できます。
    記念日およびメモをイベントとして登録できます。
    詳細は、Myカレンダーの設定を参照してください。

カレンダーを追加する

システムカレンダーを追加します。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [カレンダー]をクリックします。
  5. [カレンダーの設定]をクリックします。
  6. 「カレンダーの設定」画面で、[カレンダーを登録する]をクリックします。
    カレンダーを登録するリンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 「カレンダーの登録」画面で、カレンダー名とカレンダーコードを入力します。
    カレンダー名とカレンダーコードは必ず設定します。
    • カレンダー名:
      カレンダーの表示名を入力します。
    • カレンダーコード:
      カレンダーを識別するための固有のコードです。
    カレンダーの登録画面
  8. 設定内容を確認し、[登録する]をクリックします。

日本の祝日データを取り込む

カレンダーに日本の祝日データを取り込みます。
登録済みの祝日データと日付、イベントタイプ、およびイベント内容が一致する祝日データは取り込まれません。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [カレンダー]をクリックします。
  5. [カレンダーの設定]をクリックします。
  6. 「カレンダーの設定」画面で、カレンダーを選択し、[日本の祝日データを取り込む]をクリックします。
    日本の祝日データを取り込むボタンが赤枠で囲まれた画像

カレンダー情報を変更する

カレンダー情報を変更します。
標準のカレンダーのカレンダー情報は変更できません。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [カレンダー]をクリックします。
  5. [カレンダーの設定]をクリックします。
  6. 「カレンダーの設定」画面で、カレンダーを選択し、[詳細]をクリックします。
    詳細リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 「カレンダーの詳細」画面で、[変更する]をクリックします。
    変更するリンクが赤枠で囲まれた画像
  8. 「カレンダー情報の変更」画面で、必要な項目を設定します。
  9. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

カレンダーを削除する

システムカレンダーを削除します。
カレンダーを削除すると、カレンダー内のイベントも削除されます。
ユーザーが使用中のカレンダーを削除した場合、そのユーザーには標準のカレンダーが適用されます。
標準のカレンダーは削除できません。
注意
  • 削除したカレンダーは元に戻せません。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [カレンダー]をクリックします。
  5. [カレンダーの設定]をクリックします。
  6. 「カレンダーの設定」画面で、カレンダーを選択し、[詳細]をクリックします。
    詳細リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 「カレンダーの詳細」画面で、[削除する]をクリックします。
    削除するリンクが赤枠で囲まれた画像
  8. 「カレンダーの削除」画面で、[はい]をクリックします。