計算式で参照する値のデータ型

kintoneでは、フィールドや計算結果によってデータ型が異なり、そのデータ型によって扱える演算子や関数も異なります。
データ型を理解することで、さまざまな計算式に応用することができます。

フィールドのデータ型

フィールドを計算式で参照すると、その値は以下のデータ型として扱われます。

フィールド データ型
数値 数値型
計算
日時
日付
時刻
作成日時
更新日時
ルックアップ(コピー元が数値型の場合)
文字列(1行) 文字列型
ドロップダウン
ラジオボタン
ルックアップ(コピー元が文字列型の場合)
作成者
更新者
チェックボックス 配列文字列型
複数選択
テーブル外のフィールドから参照したときの、テーブル内の文字列型フィールド
テーブル外のフィールドから参照したときの、テーブル内の数値型フィールド 配列数値型

計算結果のデータ型

計算式内の関数と演算子の返り値の結果は、以下のデータ型になります。

関数 データ型
SUM 例:SUM(1, 2, 3)
引数は数値型および配列数値型、計算結果は数値型です。
ROUND 例:ROUND(A*1.1)
引数および計算結果は数値型です。
ROUNDUP 例:ROUNDUP(A*1.1)
引数および計算結果は数値型です。
ROUNDDOWN 例:ROUNDDOWN(A* 1.1)
引数および計算結果は数値型です。
IF 例:IF(A=100,B,C)
第1引数は論理型、第2、第3引数は数値型、文字列型、論理型のいずれかになります。
関数の返り値は、第2引数、または第3引数の計算結果の型になります。
AND 例:IF(AND(A>10,B>=10),"1","0")
引数および計算結果は論理型です。
OR 例:IF(OR(A>10,B>=10),"1","0")
引数および計算結果は論理型です。
NOT 例:IF(NOT(A>10),"1","0")
引数および計算結果は論理型です。
DATE_FORMAT 例:DATE_FORMAT(1522972800, "YYYY年M月d日", "system")
第1引数は数値(UNIX時刻)、第2引数は文字列型(表示形式)、第3引数は文字列型(タイムゾーン)です。計算結果は文字列型です。
YEN 例:YEN(1100.5, 0)
引数は数値、計算結果は文字列型です。
CONTAINS 例:IF(CONTAINS(出勤曜日, "日曜日"), "日曜出勤あり", "日曜出勤なし")
第1引数は配列文字列型、第2引数は文字列型です。計算結果は論理型です。
演算子 データ型
+、 -、 *、 /、^ 引数と計算結果は数値型です。
& 引数は数値型、文字列型、論理型です。計算結果は文字列型です。
=、 !=、 <> 引数は数値型、文字列型、論理型です。計算結果は論理型です。
<、 <=、 >、 >= 引数は数値型です。計算結果は論理型です。

演算子や関数の詳細、使いかたは、次のページでも説明しています。