演算子と関数の使用例

このページでは、演算子と関数を使った使用例を説明します。
計算式で利用できる演算子と関数の詳細は演算子と関数の一覧を参照してください。

演算子と関数の使用方法

演算子/関数 計算式の例 計算結果の例
+ 3+2 5
- 3-2 1
* 3*2 6
/ 3/2 1.5
^ 3^2 9
& 佐藤&昇 佐藤昇
= IF(A=100,B,C) Aに100、Bに10、Cに5を入れた場合:10
!= IF(A!=100,B,C) Aに100、Bに10、Cに5を入れた場合:5
<> IF(A<>100,B,C) Aに100、Bに10、Cに5を入れた場合:5
< IF(A<100,B,C) Aに100、Bに10、Cに5を入れた場合:5
<= IF(A<=100,B,C) Aに100、Bに10、Cに5を入れた場合:10
> IF(A>100,B,C) Aに100、Bに10、Cに5を入れた場合:5
>= IF(A>=100,B,C) Aに100、Bに10、Cに5を入れた場合:10
SUM SUM(1, 2, 3) 6
YEN YEN(1100.5, 0) \1,101
DATE_FORMAT DATE_FORMAT(1522972800, "YYYY年M月d日", "system") 2018年4月6日
IF IF(A<100,B,C) Aの値が90の場合は結果がB、Aの値が110の場合は結果がC
AND IF(AND(A>10,B>=10),"1","0") AとBの値が10の場合:0
OR IF(OR(A>10,B>=10),"1","0") AとBの値が10の場合:1
NOT IF(NOT(A>10),"1","0") Aの値が10の場合:1
CONTAINS IF(CONTAINS(出勤曜日, "日曜日"), "日曜出勤あり", "日曜出勤なし") 日曜日にチェックがある場合は「日曜出勤あり」、チェックがない場合は「日曜出勤なし」
ROUND ROUND(A * 1.1) Aの値が8,875の場合:9,763
ROUNDDOWN ROUNDDOWN(A * 1.1) Aの値が8,875の場合:9,762
ROUNDUP ROUNDUP(A * 1.1) Aの値が8,875の場合:9,763

数値の計算

「計算」フィールド、または「文字列(1行)」フィールドを使用して、数値の計算を行います。
「フィールドA」は、フィールドコードが「フィールドA」であるフィールドの値を表し、「フィールドB」は、フィールドコードが「フィールドB」であるフィールドの値を表します。

和を計算:フィールドA + フィールドB

フィールドAが「1」、フィールドBが「2」の場合、計算結果は「3」となります。
( )を使った計算:(フィールドA - 1000) * 2

フィールドAが「1,500」の場合、計算結果は「1,000」となります。
* と + の組み合わせ:フィールドA*5 + フィールドB*10

フィールドAが「20」、フィールドBが「10」の場合、計算結果は「200」となります。

テーブルの合計

フォームに次のようなテーブルがあるとします。

商品名 単価 個数 小計
USBメモリー 1,500 1 1,500
ボールペン 70 5 350
LANケーブル 350 2 700
モジュールタップ 150 1 150
A5ノート 50 10 500
      (合計を計算)

「小計」フィールドのフィールドコードが「フィールドA」の場合、次の式で、小計の合計を計算できます。なお、単価や個数に空欄がある場合でも計算が可能です。

計算式:SUM(フィールドA)

計算結果は「3,200」になります。

詳細はテーブルの計算で説明しています。

日付・時間の計算

「計算」フィールドを使用して、次の計算ができます。

  • 日時の差分の計算
  • 日時と時間の足し算、および引き算

計算式には、時間を秒単位で入力します。たとえば、1時間は「3600」、または「60*60*1」のように入力します。1日であれば、「24*60*60*1」のように入力します。

秒単位で計算:フィールドA + (60 * 60 * 1)

フィールドAが「2014-01-01 09:00」の場合、計算結果は「2014-01-01 10:00」になります。
フィールドの表示形式を「日時(例:2012-08-06 2:03)」に設定している場合の計算結果です。
表示形式を時間で設定:フィールドA - フィールドB

フィールドAが「2014-01-01 09:00」、フィールドBが「2014-01-01 08:00」の場合、計算結果は「1時間0分」になります。
フィールドの表示形式を「時間(例:26時間3分)」に設定している場合の計算結果です。

詳細は日付、時刻、日時の計算で説明しています。

文字列の操作

「文字列(1行)」フィールドを使用して、文字列の結合やYEN関数の表示を行います。

ほかのフィールドの値を表示:フィールドA

フィールドAが「佐藤」の場合、計算結果は「佐藤」になります。
文字列の結合:フィールドA & " " & フィールドB

フィールドAが「佐藤」、フィールドBが「昇」の場合、計算結果は「佐藤 昇」になります。
YEN関数の利用例:YEN(フィールドA * 1.1, 0)

フィールドAが「8,875」の場合、計算結果は「¥9,763」になります。
「8,875 × 1.1 = 9762.5」を四捨五入した値です。

詳細は[&演算子]文字や数値の結合で説明しています。

参考:未入力フィールドの計算

未入力フィールドは「0」や「(空文字列)」として計算されます。

  • 未入力の数値型のフィールドは、「0」とみなされます。ただし、「&」演算子では「""」(空の文字列)とみなされます。

  • 未入力の文字列型のフィールドは、「""」(空の文字列)とみなされます。

  • IF関数では、「数値フィールド=0」と指定すると、数値フィールドに「0」が入力されているときだけではなく、数値フィールドが未入力のときも真になります。

  • 「数値フィールド=""」と指定すると、「未入力かどうか」という判定になります。「0」が入力されているときは偽、未入力のときは真、となります。

  • 「0」を表示する代わりに「何も表示しない(空欄)」とする方法
    計算結果を「""」としてください。

    • 例:IF(個数=0, "", 単価*個数)
      個数が0のときは、0と表示せずに空欄になります。個数が0ではないときは、掛け算した金額を表示します。

参考:数値と計算の値

「数値」フィールドと「計算」フィールドの値は、桁数に応じて丸められる場合があります。丸められる桁数や丸めの方式は、設定で変更可能です。
詳細は次のページで説明しています。
四捨五入、切り捨て、切り上げするときの設定の使い分け
数値の有効桁数と丸めかたを設定する