自動計算の演算子と関数

自動計算の計算式で使用できる演算子、関数と、計算式の例を説明します。

数値の計算に使用できる演算子と関数

演算子/関数 説明 計算式に入力できる値のデータ型 出力される値のデータ型
+ 足し算を行います。 数値、日時 計算フィールドの場合:数値または日時。
文字列フィールドの場合:文字列。
- 引き算を行います。
単項演算子として、フィールドの値を正負を変換する目的にも使用できます。
数値、日時 計算フィールドの場合:数値または日時。
文字列フィールドの場合:文字列。
* 掛け算を行います。 計算フィールドの場合:数値。
文字列フィールドの場合:文字列。
 
/ 割り算を行います。 数値 計算フィールドの場合:数値。
文字列フィールドの場合:文字列。
^ べき算を行います。-100乗から100乗まで計算できます。
べき指数に小数を指定すると、整数に切り下げて計算されます。
例:3^2.5は3^2に変換され、計算結果は9になります。
数値 計算フィールドの場合:数値。
文字列フィールドの場合:文字列。
& 文字列を結合します。 数値、文字列 文字列
SUM

足し算を行います。次の書式で使用します。
SUM(数値1, 数値2, 数値3, ・・・)
「数値」には、「数値」フィールドのコード、値が数値になる計算式、または数値を指定します。

+演算子と同等のことができるほか、テーブル内にあるフィールドの値の和を計算できます。
数値 数値
YEN

計算結果を「¥(円)」形式で表示できます。計算結果は、3桁区切りで表示されます。また、指定した桁数で四捨五入されます。

YEN関数は、「文字列(1行)」フィールドでだけ使用できます。
「数値」フィールドの値を¥形式で表示する場合、単位記号を設定します。数値フィールドの設定については、次のページを参照してください。
数値

YEN関数は、次の書式で使用します。
YEN(数値, 四捨五入の桁数)
「数値」には、「数値」フィールドのコード、値が数値になる計算式、または数値を指定します。
「桁数」には、四捨五入する小数点以下の桁数を指定します。負の数値を指定すると、正の桁で四捨五入されます。

数値 文字列
DATE_FORMAT 日時の形式やタイムゾーンを変更します。
日時の形式やタイムゾーンを変える(DATE_FORMAT関数)
DATE_FORMAT関数は、「文字列(1行)」フィールドでだけ使用できます。
日時、数値 文字列

各フィールドで出力されるデータ型については次の表を参照してください。

計算式で参照できるフィールドと、そのフィールドの値のデータ型

フィールド データ型
文字列(1行) 文字列
数値 数値
計算 数値または日時。
表示形式の設定により変わります。
日時 日時
日付 日時
時刻 日時
ルックアップ コピー元のフィールドの型
レコード作成日時 日時
レコード更新日時 日時
レコード作成者 文字列
レコード更新者 文字列

計算式の例

計算式の例を説明します。

演算子/関数 計算結果
+ 3+2 5
- 3-2 1
* 3*2 6
/ 32 1.5
^ 3^2 9
& 佐藤&昇 佐藤昇
SUM SUM(1, 2, 3) 6
YEN YEN(1100.5, 0) \1,101
DATE_FORMAT DATE_FORMAT(2018-04-06, "YYYY年M月d日", "system") 2018年4月6日

詳細な例は次のとおりです。「フィールドX」は、フィールドコードが「フィールドX」であるフィールドの値を表します。

数値の計算

「計算」フィールド、または「文字列(1行)」フィールドを使用して、数値の計算を行います。

フィールドの和を計算する
計算式:
フィールドA + フィールドB
フィールドAが「1」、フィールドBが「2」の場合の計算結果:
3
フィールドAから1,000を引き、さらに2を掛ける
計算式:
(フィールドA - 1000) * 2
フィールドAが「1,500」の場合の計算結果:
1,000
単価がフィールドAの商品を5個と、単価がフィールドBの商品を10個との合計金額を計算する
計算式:
フィールドA*5 + フィールドB*10
フィールドAが「20」、フィールドBが「10」の場合の計算結果:
200
フィールドAに1.08をかけ、小数点以下を四捨五入して、「¥(円)」形式で表示する
計算式:
YEN(フィールドA * 1.08, 0)
フィールドAが「9,980」の場合の計算結果:
¥10,778

「9,980 × 1.08 = 10,778.4」を四捨五入した値です。

テーブル内のフィールドの和を計算する

フォームに次のようなテーブルがあるとします。

商品名 単価 個数 小計
USBメモリー 1,500 1 1,500
ボールペン 70 5 350
LANケーブル 350 2 700
モジュールタップ 150 1 150
A5ノート 50 10 500
      (合計を計算)

「小計」フィールドのフィールドコードが「フィールドA」の場合、次の式で、小計の合計を計算できます。:

計算式:
SUM(フィールドA)

計算結果:
3,200

時間の計算

「計算」フィールドを使用して、次の計算ができます。

  • 日時の差分の計算
  • 日時と時間の足し算、および引き算

計算式には、時間を秒単位で入力します。たとえば、1時間は「3600」、または「60*60*1」のように入力します。1日であれば、「24*60*60*1」のように入力します。

日時に1時間を足す
計算式:
フィールドA + (60 * 60 * 1)
フィールドAが「2014-01-01 09:00」の場合の計算結果:
2014-01-01 10:00

フィールドの表示形式を「日時(例:2012-08-06 2:03)」に設定している場合の計算結果です。

日時の差を計算する
計算式:
フィールドA - フィールドB
フィールドAが「2014-01-01 09:00」、フィールドBが「2014-01-01 08:00」の場合の計算結果:
1時間0分

フィールドの表示形式を「時間(例:26時間3分)」に設定している場合の計算結果です。

文字列の操作

「文字列(1行)」フィールドを使用して、文字列のコピーや結合を行います。

フィールドAの値をコピーする
計算式:
フィールドA
フィールドAが「佐藤」の場合の計算結果:
佐藤
フィールドAに、半角スペースを挟んでフィールドBを結合する
計算式:
フィールドA & " " & フィールドB
フィールドAが「佐藤」、フィールドBが「昇」の場合の計算結果:
佐藤 昇