作成済みのアプリをスペース内に配置することはできますか?

アプリを作成した場所によって、アプリの配置場所(所属するスペース)を変更できるかどうかは異なります。

  • スペース外に作成したアプリ
    あとからスペース内に配置場所を変更することはできません。
  • 公開スペース内に作成したアプリ
    「アプリの所属するスペースを変更する」機能が有効になっている場合、所属するスペースを別の公開スペースに変更することは可能です。この機能の詳細や操作手順は、アップデートオプションの対象機能のページで説明しています。
    公開スペースから公開スペース以外(非公開スペース/ゲストスペース/スペース外)へ変更することはできません。
  • 非公開スペース内、ゲストスペース内に作成したアプリ
    アプリの所属するスペースをあとから変更することはできません。

配置場所を変更できないアプリの場合は、アプリを再利用して、任意の場所にアプリを作成し直す方法をご検討ください。
また、その場合は以下の点にご留意ください。

  • アプリを再利用して作成しても、レコードのデータは移行されません。アプリに登録済みのレコードを移行するには、CSVファイルにデータを書き出し、新しいアプリでファイルを読み込んでください。
  • ゲストスペース内では、同じゲストスペース内のアプリのみ再利用可能です。「ゲストスペースで、ゲストスペース外のアプリをコピーしたい場合」や、「ゲストスペース外で、ゲストスペース内のアプリをコピーしたい場合」は、コピー元のアプリをテンプレート化し、テンプレートからアプリを作成します。アプリテンプレートの詳細は、アプリテンプレートとはを参照してください。
  • 一部、CSVファイルで入出力できないデータ、およびアプリテンプレートに含まれない設定があります。詳細は、入出力できるデータの一覧アプリテンプレートに含まれない設定を参照してください。