入出力できるデータの一覧

ファイルから入力できるデータと、ファイルに出力できるデータを説明します。

下記の表では、入出力できる項目を次の記号で表しています。
○:入力/出力できる
×:入力/出力できない

各機能のデータの入出力

各機能のデータの入出力
データの種類 入力 出力
アプリの設定 *1 *1
アプリのデータ *2 *2
スペースの設定 *1 *1
スペースのデータ × ×
ピープルのデータ × ×
システム設定 × ×

*1:アプリやスペースの設定をテンプレート化すると、ファイルとして入出力できるようになります。
      アプリをテンプレート化する
      スペースをテンプレート化する
      テンプレートには、一部の設定は含まれません。
      アプリテンプレートに含まれない設定
      スペーステンプレートに含まれないデータ
*2:アプリの入出力できるデータについては、アプリのデータの入出力を参照してください。

アプリのデータの入出力

データの入出力には、CSV形式のファイルを使用します。

データを入力する手順は、次のページを参照してください。
レコードの一括登録と更新

データを出力する手順は、次のページを参照してください。
ファイルにデータを書き出す

各フィールドの値の入出力
フィールドの種類 入力 出力
ラベル × ×
文字列(1行)
リッチエディター
文字列(複数行)
数値
計算 ×
ラジオボタン
チェックボックス
複数選択
ドロップダウン
日付
時刻
日時
添付ファイル × ×
リンク
ユーザー選択
組織選択
グループ選択
関連レコード一覧 × ×
ルックアップ *1
レコード番号 ×
レコード作成者 ×
レコード作成日時 ×
レコード更新者 ×
レコード更新日時 ×

*1:ルックアップフィールドには、コピー元のフィールドで、値の重複を禁止する設定を有効にしている場合のみ入力できます。

フィールド以外の情報の入出力
種類 入力 出力
カテゴリー *1
ステータス *2 ×
作業者 *2 ×
コメント × ×
変更履歴 × ×

*1:カテゴリー機能を有効にしている場合のみ、カテゴリーを入出力できます。
      カテゴリーの設定

*2:プロセス管理機能を有効にしている場合のみ、ステータス、および作業者を出力できます。
      プロセス管理の設定