監査ログの保存期間や監査ログを書き出すファイルの形式を設定する

「監査ログの設定」画面で、監査ログの保存期間と、6週間以上前の監査ログをダウンロードする場合のファイルの形式を設定する方法を説明します。

  1. 「cybozu.com共通管理」画面の、「監査ログ」の[設定]をクリックします。 共通管理で監査ログの設定が赤枠で囲まれた画像
  2. 必要な項目を設定します。

    • 監査ログの保存期間
      「保存期間」をプルダウンメニューから選択します。初期値は3年間に設定されています。6週間から10年間の間で変更できます。  監査ログの設定画面の画像
    • 6週間以上前の監査ログをダウンロードする場合のファイルの形式
      「書き出しのファイル形式」をプルダウンメニューから選択します。次の3種類より選べます。
      • CSV(UTF-8)
        Excelで開くと文字化けする場合があります。文字化けしたファイルを開く手順は、監査ログのファイルをExcelで開く方法を参照してください。
        2019年3月10日以降に利用を開始した場合はCSV(UTF-8) が初期値に設定されています。
      • CSV(シフトJIS)
        一部の文字が正しく書き出されない場合があります。
      • XLSX(非推奨)
        監査ログの容量が大きいと、書き出しに失敗することがあります。容量が大きくなることが想定される場合は、CSVを選択してください。
        2019年3月9日以前に利用を開始した場合はXLSXが初期値に設定されています。
        監査ログの設定画面の画像
  3. [保存]をクリックします。