Slack連携を設定/解除する

Slackとkintoneを連携すると、レコードの作業者になったユーザーにSlackのダイレクトメッセージで通知することができます。
アプリとSlackを使ってタスクを管理する場合に便利な機能です。

注意事項

  • kintoneスタンダードコースをご利用の場合のみ利用できます。
  • kintoneに登録したメールアドレスと、Slackワークスペースに登録したメールアドレスが一致している必要があります。
  • 非公開スペース内のアプリや、ゲストスペース内のアプリにもSlack連携を設定できます。
    ゲストユーザーも、kintoneに登録したメールアドレスとSlackワークスペースに登録したメールアドレスが一致していれば、Slack連携の通知を受け取ることができます。
  • 組織間のアクセス権の設定を有効にすると、Slack連携は利用できなくなります。組織間のアクセス権の設定が無効になっていることを確認してください。

設定の流れ

Slack連携は、次の流れで設定します。

1.Slack連携の通知を受け取るメールアドレスを設定する
2.cybozu.com共通管理で外部連携を有効にする
3.kintoneのアプリ設定画面からプロセス管理を設定する
4.kintoneのアプリ設定画面からSlack連携を設定する

それぞれの設定について、以下で説明します。

Slack連携の通知を受け取るメールアドレスを設定する

kintoneとSlackワークスペースに同じメールアドレスを設定します。
kintoneにメールアドレスを設定する方法として、ここではcybozu.com共通管理でメールアドレスを設定する手順を説明します。
この設定にはcybozu.com共通管理権限が必要です。

  1. 設定ボタン 設定ボタン をクリックして、cybozu.com共通管理を開きます。 共通管理を開く
  2. ユーザー管理の「組織/ユーザー」から、メールアドレスを設定するユーザー名の左横のボタン 編集ボタン をクリックします。
    ユーザー名を開く
  3. メールアドレスを入力し、[保存]をクリックします。 ユーザー名を開く

外部連携を有効にする

cybozu.com共通管理で外部連携を有効にします。ここで外部連携を有効にしておくことにより、個別のアプリでSlack連携を設定できるようになります。
この設定にはcybozu.com共通管理権限が必要です。

  1. 設定ボタン 設定ボタン をクリックして、cybozu.com共通管理を開きます。 共通管理を開く
  2. 「外部連携」をクリックして、Slackを[有効]にします。
    外部連携の画面

kintoneのアプリでプロセス管理を有効にする

Slack連携を設定したいkintoneのアプリで、プロセス管理を設定します。
プロセス管理を設定する
すでにプロセス管理を利用中の場合は、次の手順に進みます。

Slack連携を設定する

  1. kintoneのポータル画面で、Slackと連携したいkintoneアプリをクリックします。
    ここでは例として、案件管理アプリを開きます。 ポータルの画面

  2. アプリのレコード一覧画面の右上にある設定ボタン 設定ボタン をクリックします。
    アプリの設定画面を開く アプリのレコード一覧画面

  3. 「設定」タブを開きます。 アプリの設定を開く

  4. [Slack連携]をクリックします。
    slack連携を開く

  5. [Add to Slack]をクリックします。
    Add to Slackの画面

  6. 連携したいSlackワークスペースを確認して、[許可する]をクリックします。
    この設定例では「Cybozu」というSlackワークスペースと連携しています。連携するワークスペースを変更したいときは、右上の「▼」をクリックして選択してください。 Add to Slackの画面

  7. kintoneアプリの画面で、連携されたSlackワークスペースが表示されていることを確認します。
    Slack上では、Appsという項目内に「kintone」というボットユーザーがあらたに追加されます。 Slackワークスペースと連携した画面

  8. Slack設定画面右下の[アプリの設定に戻る]をクリックします。

  9. アプリ設定画面右上の[アプリを更新]をクリックします。

これで設定は完了です。

通知を送ってみよう

実際に通知を送信できるかどうか、試してみましょう。

  1. Slack連携を設定したkintoneアプリで、レコードを開きます。 レコード詳細を開くボタン
  2. レコード詳細画面で、[処理開始]をクリックします。 処理開始メニュー
  3. 作業者にするユーザーを選択し、[実行]をクリックします。
    作業者を選択する画面

タスクの作業者になったユーザーに、Slackでダイレクトメッセージが届きます。
ダイレクトメッセージには、レコードのタイトルが表示されます。レコードのタイトルとしてレコード番号が選択されている場合や、タイトルの閲覧権限がない場合、またはタイトルが空になっている場合は、レコードのURLが表示されます。 作業者を選択する画面

Slack連携を解除する

アプリの設定画面で、Slackワークスペースとの連携を解除できます。

  1. アプリのレコード一覧画面の右上にある設定ボタン 設定ボタン をクリックします。
    アプリの設定画面を開く アプリのレコード一覧画面
  2. 「設定」タブを開きます。 アプリの設定を開く
  3. [Slack連携]をクリックします。 Slack連携を開く
  4. 連携を解除したいSlackワークスペースのバツボタン バツボタン をクリックし、[解除する]をクリックします。 連携を解除
  5. Slack連携設定画面右下の[アプリの設定に戻る]をクリックします。
  6. アプリ設定画面右上の[アプリを更新]をクリックします。

これで解除は完了です。