Slackとkintoneを連携する

Slackとkintoneを連携すると、プロセス管理でレコードの作業者になったユーザーにSlackのダイレクトメッセージで通知できるようになります。
アプリとSlackを使ってタスクを管理する場合に便利な機能です。

事前準備

Slack連携の通知を受け取るメールアドレスを設定する

kintoneをSlackと連携するには、Slackワークスペースとkintoneとで同じメールアドレスを設定する必要があります。すでにユーザー情報にメールアドレスを設定している場合や、一度設定したあとは、この手順は不要です。
この設定には、cybozu.com共通管理権限が必要です。

  1. 歯車アイコン 歯車アイコン をクリックして、cybozu.com共通管理を開きます。 共通管理を開く

  2. ユーザー管理の「組織/ユーザー」から、メールアドレスを設定するユーザー名の左横のアイコン 編集アイコン をクリックします。
    ユーザー名を開く

  3. メールアドレスを入力し、[保存]をクリックします。 ユーザー名を開く

外部連携を有効にする

cybozu.com共通管理で外部連携を有効にします。一度有効にしたあとは、この手順は不要です。
この設定には、cybozu.com共通管理権限が必要です。

  1. 歯車アイコン 歯車アイコン をクリックして、cybozu.com共通管理を開きます。 共通管理を開く

  2. 「外部連携」をクリックして、Slackを[有効]にします。
    外部連携の画面

kintoneのアプリを作成する

Slackと連携するkintoneのアプリを作成します。
アプリを作成する方法
簡単にアプリを作成したい場合は、アプリストアからアプリを追加する方法がおすすめです。

アプリでプロセス管理を有効にする

タスクの作業者にSlackのダイレクトメッセージで通知を送信するには、kintoneのアプリでプロセス管理を有効にする必要があります。
プロセス管理を設定する

Slack連携を設定する

  1. kintoneのポータル画面で、Slackと連携したいkintoneアプリをクリックします。今回は「案件管理」というアプリと連携するため、そのアプリを開きます。
    ポータルの画面

  2. アプリのレコード一覧画面の右上にある歯車アイコン 歯車アイコン をクリックします。
    アプリの設定画面を開く アプリのレコード一覧画面

  3. 「設定」タブを開きます。 アプリの設定を開く

  4. [Slack連携]をクリックします。 Slack連携を開く

  5. [Add to Slack]をクリックします。
    Add to Slackの画面

  6. 連携したいSlackワークスペースを確認して、[許可する]をクリックします。
    この設定例では「Cybozu」というSlackワークスペースと連携しています。連携するワークスペースを変更したいときは、右上の「▼」をクリックして選択してください。 Add to Slackの画面

  7. kintoneアプリの画面で、連携されたSlackワークスペースが表示されていることを確認します。
    Slack上では、Appsという項目内に「kintone」というボットユーザーがあらたに追加されます。 Slackワークスペースと連携した画面

  8. [アプリの設定に戻る]をクリックします。
    アプリの設定に戻るボタン

  9. [アプリを更新]をクリックします。これで設定は完了です。 アプリを更新ボタン

通知を送ってみよう

実際に通知を送信できるかどうか、試してみましょう!

  1. Slack連携を設定したkintoneアプリで、レコードを開きます。 レコード詳細を開くボタン

  2. レコード詳細画面で、[処理開始]をクリックします。 処理開始メニュー

  3. 作業者にするユーザーを選択し、[実行]をクリックします。
    作業者を選択する画面

タスクの作業者になったユーザーに、Slackで次のようなダイレクトメッセージが届きます。
作業者を選択する画面

Slack連携を解除する

アプリの設定画面で、Slackワークスペースとの連携を解除できます。

  1. アプリのレコード一覧画面の右上にある歯車アイコン 歯車アイコン をクリックします。
    アプリの設定画面を開く アプリのレコード一覧画面

  2. 「設定」タブを開きます。 アプリの設定を開く

  3. [Slack連携]をクリックします。 Slack連携を開く

  4. 連携を解除したいSlackワークスペースのバツアイコン バツアイコン をクリックします。 連携を解除

  5. [解除する]をクリックします。 解除する

  6. [アプリの設定に戻る]をクリックします。
    アプリの設定に戻るボタン

  7. [アプリを更新]をクリックします。これで解除は完了です。 アプリを更新ボタン