接続設定

Cybozu Desktopで最新情報や通知を受信するには、Cybozu Desktopに製品やサービスのアクセスURL、ログイン名、およびパスワードを登録します。

製品やサービスのアカウントを登録する

Cybozu Desktopに、通知を取得する製品やサービスの情報を登録します。

事前に次の情報を確認します。
  • 製品やサービスの「ログイン名」
    ログイン名は、製品やサービスにより、次の方法で確認します。

    サイボウズOffice(クラウド版)、Garoon(クラウド版):プロフィールを確認・変更する

    Office 10(パッケージ版):個人設定画面へのアクセス

    ・Garoon(パッケージ版):右上の自分の名前をクリックし、先頭の自分の名前をクリックすると、「ユーザー情報の詳細」画面が表示されます。

  • Cybozu Desktopをインストールするパソコンから、製品やサービスにアクセスするときの認証方法
    次の種類があります。
    • 標準認証
      通常の社内ネットワークで製品やサービスにアクセスするための、ログイン名とパスワードが必要です。
    • 統合Windows認証
      Windowsにログインするときに使用するユーザー名とパスワードを使用します。Cybozu Desktopでは、ユーザー名とパスワードを設定する必要はありません。
    • Basic認証
      製品やサービスの「ログイン名」と「パスワード」と、Basic認証用の「ユーザー名」と「パスワード」の両方が必要です。
  • セキュアアクセスを使用する場合の認証方法は、「標準認証」を選択します。
    セキュアアクセスを使用するには、お使いの端末にクライアント証明書を登録する必要があります。
    クライアント証明書について、詳細は次のページを参照してください。

不明な場合は、システムの管理者に確認してください。
手順:
  1. Cybozu Desktopを起動します。
    「Cybozu Desktopアプリケーション」画面
    Click to zoom this image
  1. アプリケーション画面上部の「設定」をクリックします。
    「アプリケーション設定」画面
    Click to zoom this image
  1. メニューの「アカウントの追加」をクリックします。
  1. 必要な項目を設定し、[追加]をクリックします。
    項目の詳細は、後述の次の項目を参照してください。
  1. 「ログインに成功しました!」のポップアップが表示されたら、[ok]をクリックします。
  1. 戻るまたは、画面の左端にある「CYBOZU DESKTOP」のエリアをクリックして、「通知」画面に戻ります。
補足
  • 「ログインに失敗しました」などのポップアップが表示される場合は、設定が正しくありません。
    URL、ログイン名、およびパスワードを確認してください。
  • 入力の途中で[設定をクリア]をクリックすると、入力していた情報が削除されます。

「URL」欄に入力する情報

製品やサービスの認証方法により、入力するURLが異なります。
クラウド版
サービス サービスの認証方法 アクセスURL
サイボウズ Office クラウド版 https://(サブドメイン名).cybozu.com/o/
セキュアアクセス https://(サブドメイン名).s.cybozu.com/o/
Basic認証 通常の社内ネットワークと同じです。
Garoon クラウド版 https://(サブドメイン名).cybozu.com/g/
セキュアアクセス https://(サブドメイン名).s.cybozu.com/g/
Basic認証 通常の社内ネットワークと同じです。
パッケージ版
製品 製品のアクセス方法 アクセスURL
サイボウズ Office 通常の社内ネットワーク Windows http://(IPアドレスまたはサーバー名)/scripts/cbag/ag.exe
Linux http://(IPアドレスまたはサーバー名)/cgi-bin/cbag/ag.cgi
リモートサービス1 Windows 例)https://remote2.cybozu.co.jp/scripts/cbag/ag.exe
Linux 例)https://remote2.cybozu.co.jp/cgi-bin/cbag/ag.cgi
Garoon 通常の社内ネットワーク Windows http://(IPアドレスまたはサーバー名)/scripts/cbgrn/grn.exe
Linux http://(IPアドレスまたはサーバー名)/cgi-bin/cbgrn/grn.cgi
DB分割構成 http://(IPアドレスまたはサーバー名)/grn/index.csp
リモートサービス1 Windows 例)https://remote2.cybozu.co.jp/scripts/cbgrn/grn.exe
Linux 例)https://remote2.cybozu.co.jp/cgi-bin/cbgrn/grn.cgi
DB分割構成 例)https://remote2.cybozu.co.jp/grn/index.csp

1:リモートサービス経由でアクセスする場合、設定するURLは、通常使用している製品の環境により異なります。実際に使用するURLは、システム管理者に確認してください。

そのほかの設定項目

項目 説明
サービスの種類 URLを入力すると自動的に表示されます。操作の必要はありません。
表示名 Cybozu Desktop上で使用する表示名を入力します。略称などに変更できます。
認証方式 対象製品やサービスを使用している環境に合わせて、次のいずれかの認証方式を選択します。
  • 標準認証
  • 統合Windows認証
  • BASIC認証
ログイン名 対象製品やサービスで使用しているログイン名を入力します。
認証方式が統合Windows認証の場合、この項目は表示されません。
パスワード 対象製品やサービスで使用しているパスワードを入力します。
認証方式が統合Windows認証の場合、この項目は表示されません。
Basic認証のユーザー名 利用中のサービスがBasic認証を使用している場合に、認証に使用しているユーザー名を設定します。
Basic認証のパスワード 利用中のサービスがBasic認証を使用している場合に、認証に使用しているパスワードを設定します。
ラベルの色 アプリケーションの「通知」画面や「予定」画面で、項目の先頭に表示するラベルの色を選択します。複数の製品やサービスで使用するときに、色の違いで製品やサービスを判別できます。

製品やサービスのアカウント情報を解除する

Cybozu Desktopに登録したアカウントを削除すると、接続を解除できます。
手順:
  1. Cybozu Desktopを起動します。
  1. 設定をクリックし、左ペインから製品名またはサービス名(製品やサービスの表示名)をクリックします。
  1. [削除]をクリックします。
  1. 確認画面で[ok]をクリックします。
    対象の製品名またはサービス名(製品やサービスの表示名)が左ペインから削除されたことを確認します。

プロキシの設定を変更する

お使いのネットワーク環境でプロキシサーバーを利用している場合、Cybozu Desktopはクライアントパソコンのプロキシの設定を使用してネットワークに接続します。Cybozu Desktopからサイボウズの製品やサービスに接続できない場合は、必要に応じてプロキシの設定を変更します。
注意
  • プロキシの設定を変更すると、Cybozu Desktopだけでなく、インターネットに接続するほかの製品やサービスなどにも影響します。システム管理者に注意事項や必要な情報を確認してから、プロキシの設定を変更してください。
補足
  • プロキシサーバーの設定によっては、Cybozu Desktopのリクエストが許可されない場合があります。
手順:
  1. スタートメニューから、「コントロールパネル」 > 「ネットワークとインターネット」 > 「インターネット オプション」の順にクリックします。
  1. 「インターネットのプロパティ」画面で、「接続」タブをクリックし、[LANの設定]をクリックします。
  1. 「ローカルエリア ネットワーク (LAN) の設定」画面で、必要な項目を設定し、[OK]をクリックします。
  1. 「インターネットのプロパティ」画面で、[OK]をクリックします。
トップに戻る