システムメールを設定する

システムメールの差出人をどのメールアドレスにするかによって、手順が異なります。

方法1:差出人を「no-reply@cybozu.com」にする

cybozu.comに標準搭載されているメールサーバーを使う方法です。
お客様でメールサーバーを準備する必要がないため、手軽にシステムメールを設定できます。

  1. へッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  2. [cybozu.com共通管理]をクリックします。

    このリンク表示場所は、ご利用のサービスによって異なります。
    リンクの表示例


    管理画面の表示方法を示す画像

  3. [システムメール]をクリックします。

  4. 「メールサーバー」欄で「組み込み」を選択します。
    cybozu.comに標準搭載されているメールサーバーを使用して、システムメールを送信します。
    この方法では、メールの通信内容は暗号化されません。
    メニューを示す画像

  5. 「テストメールの送信」欄に、宛先のメールアドレスを入力します。

  6. [保存]をクリックします。
    手順4の宛先にテストメールが送信され、システムメールが正しく機能するかどうかを確認できます。
    システムメール(テストメール)が届かない場合

方法2:差出人を任意のメールアドレスにする

お客様が準備したメールサーバーを使って、システムメールを運用する方法です。
「notify_from_groupware@**.com」のように、任意のメールアドレスを差出人に指定できる利点があります。

  1. お客様自身でメールサーバーを準備します。

  2. へッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  3. [cybozu.com共通管理]をクリックします。

    このリンク表示場所は、ご利用のサービスによって異なります。
    リンクの表示例


    管理画面の表示方法を示す画像

  4. [システムメール]をクリックします。

  5. 「メールサーバー」欄で「外部サーバー」を選択します。
    メニューを示す画像

  6. 「システムメールアドレス」欄に、システムメールの差出人として表示するメールアドレスを入力します。
    差出人を任意のメールアドレスにする際の注意
    入力欄を示す画像

  7. 必要な項目を設定します。
    項目を示す画像

    「外部サーバー」を選択した場合の設定項目
    項目 説明
    SMTPサーバー SMTPサーバー(送信メールサーバー)のホスト名を入力します。
    ポート番号 SMTPサーバー(送信メールサーバー)のポート番号を入力します。
    一般的に使用されるポート番号が自動で入力されます。

    通信の暗号化方法を選択します。通信を暗号化する場合、使用するメールサーバーが対応する暗号化方法を選択する必要があります。
    • Plain(暗号化しない)
    • SSL
    • STARTTLS
    SMTP認証 SMTP認証(SMTP-AUTH)が必要なSMTPサーバーを利用する場合は、チェックボックスを選択します。
    アカウント名 SMTP認証を有効にする場合、認証に必要なアカウント名を入力します。
    パスワード SMTP認証を有効にする場合、認証に必要なパスワードを入力します。
  8. 「テストメールの送信」欄に、宛先のメールアドレスを入力します。

  9. [保存]をクリックします。
    手順7の宛先にテストメールが送信され、システムメールが正しく機能するかどうかを確認できます。
    システムメール(テストメール)が届かない場合

システムメール(テストメール)が届かない場合

[システムメールの送信失敗履歴]をクリックして送信エラーの有無を確認してください。
システムメールの送信失敗履歴を確認する

履歴に、送信エラーを示す内容が表示されている場合

設定内容が間違っている可能性があります。
送信エラーの内容を確認のうえ、システムメールの設定を見直してください。

履歴に、送信エラーを示す内容が表示されない場合

次の点を確認してください。

  • 「テストメールの送信」欄
    入力したメールアドレスが正しいかどうか確認してください。

  • 利用中のメールサーバーのセキュリティ設定
    cybozu.comに標準搭載されているメールサーバーを使用する場合、メールの差出人は「no-reply@cybozu.com」になります。
    このメールアドレスからメールを受信できるように、利用中のメールサーバーを設定してください。

また、メールの送信に失敗した場合、システムメールの送信失敗履歴が表示されるまで少し時間がかかる場合があります。時間を置いた後、再度履歴を確認してください。