年度単位で集計したい

「年度」という集計単位は、kintoneの集計機能には用意されていません。別途「年度」を表示するフィールドを用意して、該当のフィールドを集計の「分類する項目」に設定することで、年度単位で集計することは可能です。
ここでは、年度単位で集計するための設定例とその考え方を説明します。

設定例

設定例は次のとおりです。なお、この例では、年度の始まりを4月としています。

準備

以下のフィールドをフォームに配置します。

  • 日付フィールド
  • 計算フィールド(2つ)
  • 文字列(1行)フィールド

各フィールドの設定

配置した各フィールドの設定画面を開き、フィールド名、フィールドコード、計算式などを次のとおり設定します。

  • 日付フィールド
    フィールド名:日付
    フィールドコード:日付

  • 計算フィールド(1つ目)
    フィールド名:年
    フィールドコード:年
    計算式:DATE_FORMAT(日付, "YYYY", "Asia/Tokyo")
    表示形式:「数値(例:1000)」を選択

  • 計算フィールド(2つ目)
    フィールド名:月
    フィールドコード:月
    計算式:DATE_FORMAT(日付, "MM", "Asia/Tokyo")
    表示形式:「数値(例:1000)」を選択

  • 文字列(1行)フィールド
    フィールド名:年度
    フィールドコード:年度
    計算式:入力欄は、「自動計算する」にチェックを入れると表示されます。

    IF( 日付 = "" , "" ,
    IF ( 月 <= 3 , ( 年 - 1 ) & "年度" , DATE_FORMAT(日付, "YYYY年度", "Asia/Tokyo")
     )
    )
    

集計の設定

集計画面を開き、次のとおり設定します。
この例では、横軸が年度、縦軸がレコード数の縦棒グラフを表示できます。

  • グラフの種類:縦棒グラフ 、集合
  • 分類する項目(大項目):年度
  • 集計方法:レコード数
  • 条件:すべてのレコード
  • ソート:大項目 、昇順

考え方

日付フィールドに入力した日付のうち、年と月だけが表示されるようにあらかじめ計算フィールドを設定します。年度の始まりを4月とする場合、1月・2月・3月は年と年度とが一致しないので、1月・2月・3月は(「年」-1)の値を、それ以外の場合は日付フィールドの年を「年度」に表示させています。

kintoneの「DATE_FORMAT関数」では、計算結果を文字列として扱います。ただし、「計算」フィールドで「DATE_FORMAT関数」を使用して、計算結果が数値のみとなる場合には、その計算結果を数値として扱うことが可能です。