レコードを再利用する

すでに登録されているレコードを再利用(コピー)して、新しいレコードを作成できます。
元のレコードの入力内容を活かして、一部の内容だけを変更して登録したい場合に便利です。

レコードを再利用して登録する運用が適さないアプリでは、レコードの再利用機能を無効にできます。
レコードの再利用機能を無効にすると、レコードの再利用ボタンレコードの再利用ボタンを非表示にできます。

コピーされないフィールドやデータ

レコードを再利用して新しいレコードを登録する場合に、コピーされないフィールドやデータは次のとおりです。

  • レコード番号
  • 作成者
  • 更新者
  • 作成日時
  • 更新日時
  • 添付ファイル
  • プロセス管理の情報(ステータス、作業者)
  • コメント
  • 変更履歴

手順

  1. アプリをクリックしてレコードの一覧画面(アプリのトップページ)を表示します。

  2. 再利用するレコードの、一番左にあるレコード詳細を表示するボタン レコード詳細の表示ボタン を開きます。 レコード詳細を開く

  3. レコードの再利用ボタン レコードの再利用ボタン をクリックします。
    コピー元のレコードのデータが入力された状態で、レコード追加画面が開きます。 再利用

  4. 必要に応じてレコードを編集します。 内容を編集

  5. [保存]をクリックしてレコードを保存します。

新しいレコードとして登録されます。

エラーが表示されてレコードを保存できないときは

アクセス権やアプリの設定に問題が発生している可能性があります。
次のページで対処方法を説明しています。
レコード保存時に「以下の入力内容にエラーがあるため保存できません。」と表示される
「(項目名が表示できません)」と表示されてレコードが保存できない(アプリ管理者向け)

レコードの再利用機能を無効にする

レコードの再利用機能は、初期設定では有効になっています。
レコードを再利用して登録する運用が適していないアプリでは、レコードの再利用機能を無効にして、レコードの再利用ボタンを非表示にできます。

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブ > 「その他の設定」の[高度な設定]を選択します。

  2. 『「レコードを再利用する」機能を有効にする』のチェックを外します。 再利用機能のチェックボックス

  3. 画面左上の[保存]をクリックします。

  4. 画面右上の[アプリを更新]をクリックします。