[レコードの一括登録/更新] ファイルを読み込む

ExcelファイルやCSVファイルを読み込んで、アプリのレコードを一括登録、または更新します。

  1. 画面右上の・・・をクリックし、[ファイルから読み込む]をクリックします。 画像

  2. [参照]をクリックし、読み込むファイルを選択します。 画像

  3. 「読み込むファイルの先頭行はフィールド名ですか?」のラジオボタンを選択します。
    ファイルの先頭行に項目名を記載した場合は、「はい」を選択します。 画像

  4. 読み込んだファイルの内容が「プレビュー」に正しく表示されていることを確認します。
    「文字コード」と「区切り文字」のドロップダウンは、CSVファイルを読み込んだ場合のみ表示されます。
    文字が化けている場合、「文字コード」を変更します。
    列が正しく区切られていない場合、「区切り文字」を変更します。
    画像

  5. アプリのフィールドと読み込むデータの列を対応付けます。 画像

    • ファイルの列
      「アプリのフィールド」の各フィールドに対して、そのフィールドに読み込む値が記載された、ファイルの列を指定します。
      CSVファイルの先頭行に項目名を記載している場合、アプリのフィールド名と一致する項目が、「ファイルの列」に自動で指定されます。
      ただし、先頭行を含む5行以内の日時/日付/時刻/数値フィールドに入力形式が不正なデータを含む場合は、「(指定しない)」が選択されます。
      画像 レコードを新規登録する場合は、次のフィールドに対して、「ファイルの列」を必ず指定します。

      • 値を登録するフィールド
      • 入力必須のフィールド(「*」が付いたフィールド)

      「ファイルの列」の指定を省略したフィールドの値は、空欄になります。
      登録済みのレコードを更新する場合は、値を更新するフィールドのみ「ファイルの列」を指定します。「ファイルの列」の指定を省略したフィールドの値は、更新されません。

    • 一括更新のキー
      登録済みのレコードを更新する場合のみ、チェックボックスを選択します。
      キーに指定したフィールドの値と、ファイルの列の値が一致すれば、その行のファイルのデータでレコードが上書きされます。
      一致しない場合は、その行のファイルのデータが、新しいレコードとして登録されます。
      画像

    • 一括更新のキーに指定できるフィールド
      次のいずれかの種類のフィールドを一括更新のキーにできます。

      • レコード番号
      • 文字列(1行)*
      • 数値*
      • 日付*
      • 日時*
      • リンク*

      *フィールドの「値の重複を禁止する」設定を有効にしている必要があります。

  6. 画面左上の[読み込む]をクリックします。