コメントの宛先を指定する

アプリ、スペースやピープルのコメント欄では、宛先を指定できます。
宛先を指定すると、相手に「自分宛」の通知として通知されます。
「自分宛」の通知と他の通知の違い

宛先の指定には、次の方法があります。

  • ユーザー、組織、またはグループを宛先に指定する
  • ほかのユーザーのコメントに返信する

ユーザー、組織、またはグループを宛先に指定する

ユーザー、組織、またはグループを宛先に指定します。

アクセス権を設定したアプリ、および非公開のスペースでコメントの宛先を指定する場合、コメントを閲覧できないユーザーは宛先に指定できません。また、組織やグループを宛先に指定した場合は、指定した組織やグループに所属するユーザーのうち、コメントを閲覧できるユーザーだけが宛先になります。

  1. コメント欄の[宛先指定]をクリック、またはコメント欄に「@(半角アットマーク)」を入力します。
    画像

  2. 宛先を入力します。
    入力に応じた宛先の候補が表示されます。宛先の情報のうち、次の項目が検索対象です。

    • 宛先がユーザーの場合:
      • 表示名
      • 別言語での表示名
      • 姓名のよみがな
      • ログイン名
    • 宛先が組織の場合:
      • 組織名
      • 別言語での表示名
      • 組織コード
    • 宛先がグループの場合:
      • グループ名
      • グループコード
  3. キーボードの上下キーで宛先を選択し、「Enter」キーを押します。
    または、マウスで宛先を選択します。
    正しく宛先が指定されると、図のように表示されます。宛先は、複数指定できます。
    画像

ほかのユーザーのコメントに返信する

ほかのユーザーのコメントに返信する場合、コメントの[返信]または[全員に返信]をクリックします。

画像

[返信]をクリックすると、そのコメントを書き込んだユーザーが、宛先に指定されます。
[全員に返信]をクリックすると、そのコメントを書き込んだユーザー、およびそのコメントの宛先のユーザー、組織とグループが、宛先に指定されます。